04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

『おおきな木』/シェル・シルヴァスタイン

2016/11/24
究極の無償の愛

おおきな木
おおきな木シェル・シルヴァスタイン Shel Silverstein

篠崎書林 1976-01
売り上げランキング : 44496


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1本のリンゴの木が1人の人間に限りない愛を捧げる美しくも悲しい物語です。

リンゴの木が大好きで、毎日やって来ては遊んでいくちびっこ。
やがて大人になるにつれ、木を訪れる回数が減っていくのですが・・・

このちびっこ(成長し、途中から「ぼうや」と呼ばれるようになります)、突然思い出したようにやって来ては、木に要求ばかりしてきます。そして、ぼうやのために身を犠牲にして尽くしてばかりのリンゴの木。

困った時だけやって来て、リンゴの木に要求ばかりするぼうやに、最初、「なんてやつだろう」と思ったのですが、読み進めるうちに、リンゴの木は決して不幸な気持ちだったわけではないことに気付き、ハッとさせられました。

「きは それで うれしかった。」

上記のフレーズが、ぼうやの願いに応えるたびに出てきます。

愛を与えてばかりのリンゴの木。ぼうやが困った時に、きっかけやヒントを与えてくれるリンゴの木。それはまるで、親離れしていく子を遠くから見守る親のような気持ちだったのではないでしょうか。なかなか会えないのは、元気に暮らしている証拠。時々思い出して会いに来てくれるだけで嬉しい。困った時は言ってごらん、力になってあげるよ。

そう考えたら、なんだかリンゴの木が嬉しかったという気持ちが理解できるような気がします。ぼうやの心のどこかに、リンゴの木が存在しているということ。見えないけれど、心は繋がっているんですよね。

考えれば考えるほど奥が深いストーリー。大人向けの絵本のような気がします。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


13:29 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示