05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

『ぼくがラーメンたべてるとき』/長谷川義史

2016/11/15
ぼくがラーメンたべてるとき
ぼくがラーメンたべてるとき長谷川 義史

教育画劇 2007-08
売り上げランキング : 25610


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


絵本のタイトルから、
笑えるストーリーなのかと
思ったら、全く違いました。

タイトルを詳しく書くとすれば、

「ぼくがラーメンを
食べている”その”時」

ということになるんでしょう。

ぼくがラーメンを
食べているその時、
いろんな場所で、
いろんな国で、
いろんな人が
いろんなことをしています。

世界には
いろんな境遇の人がいて、
みんながみんな、
幸せだとは限りません。

「ぼく」と同じ子どもが、
別の国では
水を汲んでいたり、
牛を引いていたり、
パンを売っていたり。

衝撃的だったのは、
倒れている子。

同じ時を過ごしているのに、
世界にはいろんな国があり、
いろんな人がいて、
同じ地球に住んでいながら、
おかれている境遇は様々で・・・

ページをめくるたびに
言葉がループになっていて、
最終的に
「ぼく」の場所へ
戻ってくることで、
世界が繋がっていることを
上手く表現しています。

自分の
身近なことだけではなく、
世界を見渡せる目を持つ。

地球上のみんなが全て
平和に過ごしている
わけではないこと。

子ども達に
そういう感覚を意識させる
絶好の絵本だと思います。

ただ、これといって
特別な説明がないので、
読み終えて「それで??」と
思ってしまう方もいるのかも。

実は主人と息子が
この絵本を読んだ感想が、
まさにそれでした。

長谷川さんの絵のタッチを
見慣れていないせいか、
「見にくい」とのこと。

絵から感じられる情報を
うまくキャッチすることが
できなかったようです。

確かに、文章だけで
作者の意図を感じるのは、
ちょっと難しいかもしれません。

個人的には、
早々に日本の場面から離れ、
他国の場面をもっと
取り入れた方が良かったかも
と感じました。

最後、裏表紙で、男の子が
立ち上がっている絵を見て、
ホッとしました。

大変メッセージ性の強い作品です。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


08:00 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。