10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

『ピンクのれいぞうこ』/ティム・イーガン

2016/11/12
ピンクのれいぞうこ
ピンクのれいぞうこティム イーガン Tim Egan

ひさかたチャイルド 2010-10-01
売り上げランキング : 484852


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


作者の名前・・・
どこかで聞いたような・・・
と思ったら、以前読んだ絵本
まじめなフレッドおじさん
の作者だったんですね。

今回は
ぼうっとしているのが好きな、
ドズワースのお話。

どうやら、ガラクタ置き場で
まだ使えそうなものを
拾ってきて直し、自分の
リサイクルショップで売り、
生計を立てている様子。
なんだかとても現実的。

そんなドズワースが
いつものように
ガラクタ置き場へ行くと、
ピンク色のさび付いた
冷蔵庫が1台ありました。

その冷蔵庫が、
ドズワースの生活に
新風を巻き起こすとは。

なんといっても、
不思議なのはこの冷蔵庫。

マグネットでメモが
留めてあるのですが、
冷蔵庫の中にはなんと、
そのメモにちなんだ
アイテムが。

「高く売れるぞ!」と、
持ち帰ったドズワースでしたが・・・

ここまで読んで、
リサイクルショップの経営の
お話なのかと思たのですが、
なぜかドズワーズは
持ち帰ったものを
売る気になりません。

これって、もしかして
冷蔵庫の魔法??

冷蔵庫の中から出てきた
アイテムが、
平凡だったドズワースの生活に
少しずつ変化をもたらします。

絵本の中では、ドズワースは
ねずみの姿なのですが、
私にはなぜか1人の人間に
しか思えず、
人間に置き換えて読みました。

世の中には、ドズワースのように
平凡な毎日に満足してしまって、
何かをやろうという気さえ
起こさずに過ごしている人が
何人いることか。

ピカピカに磨かれた
地球の形のマグネットと
あのメモはきっと
世界を見るための
チケットだったのではと
思えてきます。

いつもの景色も、
気の持ちようで
別な景色に感じるもの。

行動を起こせば、
もっといろんな景色が
見えてくるはず。

絵本を通して、
作者のそんな思いが
伝わってたように感じます。

毎日を
平凡に感じている大人に、
是非読んで欲しい一冊です。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


08:00 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示