04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

『いしになったかりゅうど』/大塚勇三

2016/11/06
いしになったかりゅうど―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ)
いしになったかりゅうど―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ)大塚 勇三 赤羽 末吉

福音館書店 1970-12-15
売り上げランキング : 62970


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


モンゴル民話です。
ハイリブという若い狩人が白ヘビを助けるシーンから始まります。
助けた白ヘビはなんと竜王の娘で、助けていただいたお礼をします。
そこでハイリブは、竜王の娘に教えられるままに宝の玉を手に入れることに。

宝の玉は、口に入れれば鳥や獣の言葉が何でもわかるんですね。
でも、このことを他言すると石になってしまうという忠告を受けます。

絵本のタイトルが、「いしになったかりゅうど」ですから、
ハイリブが最終的に石になってしまうであろうことは予想していたのですが、
どんなタイミングで石になってしまうのか、ドキドキしながら読み進めました。

鳥や獣の言葉がわかるからこそ、事前に知ることが出来た災害。
村のみんなを災害から助けるために、彼は全てを話してしまうのです。

自己犠牲。

それが、ハイリブが自ら選んだ道でした。
村人に信じてもらうために。村人を救うために。
ハイリブの決断は、悲しいまでに勇敢でした。
思わず、斎藤隆介さんの「八郎」や「三コ」を思い出しました。

それにしても、白ヘビはなぜハイリブに宝の玉を選ぶように言ったのでしょう?
蔵にはたくさんの竜王の宝物があり、どれでも選ぶことが出来たのに。
ハイリブの自己犠牲の背後には、白ヘビが密かにハイリブに託したなんらかの
使命が隠されていたような気がしてなりません。

いずれにしても、心に残る素敵な作品には違いありません。
ハイリブの自己犠牲の精神、子どもが読んだらどう理解するでしょうか?
是非、子ども達に読んで欲しい作品です。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・民話・昔話・神話 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示