03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

『デモナータ 1幕 ロード・ロス』/ダレン・シャン

2016/10/20
ある日突然、悪魔というおぞましい存在によって、幸せな日々を断ち切られてしまうグラブス。少年の一族の恐ろしい呪いとは。魔界に住む悪魔“ロード・ロス”とは。主人公と悪魔たちの戦いが始まる。

デモナータ 1幕 ロード・ロス
デモナータ 1幕 ロード・ロスダレン・シャン 田口 智子

小学館 2005-06-10
売り上げランキング : 382711


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「デモナータ」シリーズの1巻目になります。たまたま図書館で見かけて、表紙絵の怪しげな雰囲気とシリーズ化しているみたいなので面白いのかも?という直感だけで借りてきました。読み始めてすぐ、この本を読むのを諦めようかと思うほどグロい描写があってびっくり。ああそういえば、本文に入る前に「作品中の描写に対し、不快の念を抱かれる読者の方がおいでになるかもしれませんが、原作を重視し、原作者の意図を活かすことを考え、あえてそのまま掲載いたしました。」という一文があったんだったと思い出し、もうちょっとだけ読んでみようと思ったのでした。

とにかく謎の展開が立て続けにあります。グロくて気持ち悪いのですが、「え?なんで?一体なんなの?どうなるの?」という気持ちが先に立ち、いつの間にかどんどんページをめくっていました。先にこの本を読んだ息子も、同じような気持ちでグロくてイヤだったんだけど、先が気になって読んでいたらいつの間にかハマってた、と言ってました。

ジャンルとしては、児童書、ファンタジー小説ですね。「悪魔」という異次元の世界との繋がりや戦いなどがあり、ちょっと印象は違うけれど上橋菜穂子さんの「守り人」シリーズと似てるのかもしれません。著者のダレン・シャン氏によると「デモナータ」シリーズは、「友情と勇気」がテーマなんだとか。心に傷を負った少年がどう生きていくのか?家族を失った少年と「悪の存在」である悪魔がどう絡んでいくのか?先の読めない、手に汗握る展開が最後まで続きます。

デモナータ 1幕を読み終えて、その後続きはどうなる?と思っていたら、先に2幕を読み終えた息子が一言。「1幕の続きが2幕にあると思ってるでしょ。ところが2幕は続きじゃなくて別の話だよ。ダービッシュおじさんの若い頃が出てくる」と。1幕の終わり方、絶対続きがありそうな感じだったのだけど、あえてそのままスルーというところがまた気になる~

ちょっとグロくて怖いもの好きな方は是非、読まれてみてはいかがでしょうか?(^-^)/


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:00 ・【その他の著者】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示