01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

『くわずにょうぼう』/稲田和子

2016/10/17
くわずにょうぼう (こどものとも傑作集)
くわずにょうぼう (こどものとも傑作集)稲田 和子 赤羽 末吉

福音館書店 1980-07-31
売り上げランキング : 80300


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


よく働いて飯を食わない女房が欲しいもんだ」という欲張りな男の身の上に起きた怖~いお話。そんな男のところに、なんと本当に飯を食わない美しい嫁がやってきます。「今に蔵に入りきらんくらい米がたまるぞ」と喜んでいた男でしたが・・・

このお話の見所はなんといっても、美しい嫁が大量のにぎりめしを作り、鬼婆の姿となって頭のてっぺんにある大きな口で平らげるシーンですね。子どもの頃に読んだのですが、未だにはっきりと覚えているぐらい、印象深いシーンで、あらためて読んでみてもドキドキしました。

正体を見てしまった男に気付き、鬼婆は風呂桶に男を突っ込み、山に向かって走り出します。男にとっては、絶体絶命の大ピンチ!!

子どもの頃に読んだ時には気付かなかったのですが、これって端午の節句絵本だったんですね。「菖蒲」と「ヨモギ」が男を助けてくれます。へえ~、そういうことか~。端午の節句の季節にあわせて、子どもに読み聞かせてみることをおススメします!


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・民話・昔話・神話 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示