03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

『かさじぞう』/せたていじ(再話)

2016/10/08
かさじぞう(こどものとも絵本)
かさじぞう(こどものとも絵本)瀬田 貞二 赤羽 末吉

福音館書店 1966-11-01
売り上げランキング : 132145


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


じいさんが六地蔵さまに
売れなかった笠を被せるシーンは、
何度読んでも
「素敵な心を持ったおじいさん」
って思います。

六地蔵さまが
お礼に持ってきた俵、
どれほど助かったことでしょう。

冷静に考えると、
お地蔵さまが歩いてくる姿を
見てしまったら普通は
驚くはずなのですが、
じいさん、ばあさんが
全く驚いていないところが、
昔話の良さでもあり、
おもしろさでもありますね(笑)

教訓としては、
「良い行いをする者は救われる」
ということでしょうか。
全く見返りを求めずに
正しい行いをしたところに
深い意味があるんでしょうね。

同じお話でも絵本によっては、
「かさこじぞう」というタイトルだったり、
お地蔵さまに笠を被せる時、
最後の1体に被せたものは、
じいさんの手拭いだったりするようです。

同じお話でも、
何冊か読み比べてみると
また楽しいかも知れません。

☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・民話・昔話・神話 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。