05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

『われたたまご』

2016/08/03
我が家の蔵書です

われたたまご―フィリピン民話 (こどものとも世界昔ばなしの旅)
われたたまご―フィリピン民話 (こどものとも世界昔ばなしの旅)小野 かおる

福音館書店 1997-11-15
売り上げランキング : 869255


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フィリピン民話です。
みふうずらの夫婦が留守中に大事な卵を全部割られてしまいます。近くに馬の足跡があったことから、犯人探しが始まるのですが・・・すぐに容疑者が見つかったと思いきや、それぞれごもっともな理由があり、どうしても責められません。みふうずら夫婦は、話に出てきた生き物たちに次々と事情徴収をしていくことになります。

その時のセリフにお決まりのフレーズがあって、リズミカルに話が進んでいくのと、話を聞くたびにセリフがどんどん増えていき、いろんな事情が全て繋がっていくところにこのお話のおもしろさがあるように思います。

とはいえ、こんなに長く繋がるとはすごいですね。最後の最後で「誰のせいでもなかった」という結論になった時、やっとみふうずらはわれたたまごの元へ帰っていくのです。みふうずら夫婦は、一体何に対して納得して帰ったのか?生き物たちは、責任転嫁して罪から逃れただけじゃないか?いろんなツッコミどころはありますが、これは単純に、 「世の中には、仕方のないこともある」ということで良いのでは?と思います。

この絵本は子どもが園児の頃に何度も読まされましたが、水牛の鼻の穴にヘビがもぐりこもうとしたというシーンでいつも大笑いしていました。難しいことは抜きで、純粋に言葉の繋がりを楽しんで読めればOKだと思います。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・民話・昔話・神話 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示