01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

『おはなしのたからばこ ワイド愛蔵版22 ふたりでひとり』 / 桂 文我

2016/07/10
ふたりでひとり―上方落語「胴切り」より (おはなしのたからばこ 22)
ふたりでひとり―上方落語「胴切り」より (おはなしのたからばこ 22)桂 文我 石井 聖岳

フェリシモ出版 2010-02-19
売り上げランキング : 671830


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


正直、落語には縁がなく、この上方落語の「胴切り」という噺も知らなかったのですが、逆に知らなかったのが良かったのでしょうか、とても楽しく読むことが出来ました。

刀の切れ味を試したい侍に、ズバッ!!と切られてしまった、竹やん。刀の切れ味が良すぎたのでしょうか?通常なら亡くなってしまってもおかしくない場面で、なぜか笑えてしまいます。切られた胴が兄貴で、腰から下の足が?しょうがないから、その姿で普通に生活していこうとする姿が、また、おかしくて(笑)しかも、口のないはずの弟が話し出して、さらに大笑い。

落語って、こんな楽しい話しもあるんですね。絵本だと、絵でも楽しめるから余計に楽しめたのかな。是非、息子にも読ませてみようと思います。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・ユニークな展開の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示