05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

【訃報】二木 真希子さん

2016/06/01
記事にするのが遅れてしまいましたが、「風谷のナウシカ」など多くのスタジオジブリ作品に携わったアニメーター、二木真希子さんが亡くなられましたね。13日午後6時頃、病気療養中だった東京都小金井市の病院で亡くなっていたことが16日に分かったとのこと。享年58歳。具体的な病名は発表されていないようです。

二木さんと言えば、私的にはスタジオジブリ作品より、上橋菜穂子さんの「守り人シリーズ」の挿絵の方のイメージが強いです。あの挿絵があまりにもイメージぴったりで、守り人シリーズは二木さんの挿絵しか受け付けませんでした(同じく守り人シリーズのファンである息子も同意見でした)。二木真希子さんの略歴を書かせていただきます。

1957年6月19日生まれ。大阪府出身。アニメーター。

愛知教育大学美術課程を卒業。テレコム・アニメーションフィルムを経てトップクラフトスタジオジブリに所属。スタジオジブリでアニメ映画「天空の城ラピュタ」や「となりのトトロ」などのアニメーション原画を担当。「もののけ姫」のラストカットでコダマが登場するのは、「二木さんたっての希望」(監督談)とのこと。スタジオジブリ退社後はフリーとなる。著書に『世界の真ん中の木』、絵本に『はじめてのたび』『はじめてのともだち』など、挿絵に上橋菜穂子さんの「精霊の守り人」シリーズなどがある。

●携わった作品

『ルパン三世(第2シリーズ)』 1977~1980年 
『劇場版 じゃリン子チエ』 1981年 
『姿三四郎』 1981年 
『SPACE ADVENTURE コブラ』 1982年 原画
『風の谷のナウシカ』 1984年 原画
『Here Come the Littles』 1985年
『名探偵ホームズ』 1984年~1985年 原画
『銀河鉄道の夜』 1985年
『天使のたまご』 1985年 原画
『天空の城ラピュタ』 1986年 原画
『風と木の詩 SANCTUS -聖なるかな-』 1987年 
『柳川堀割物語』 1987年 原画
『トワイライトQ2 迷宮物件』 1987年 
『デビルマン 誕生編』 1987年
『王立宇宙軍 オネアミスの翼』 1987年
『AKIRA』 1988年 原画
『となりのトトロ』 1988年 原画
『めぞん一刻』 1986年~1988年
『魔女の宅急便』 1989年 原画
『御先祖様万々歳!』 1989年~1990年 原画
『雲のように風のように』 1990年  
『MAROKO 麿子』 1990年 
『おもひでぽろぽろ』 1991年 原画
『トラップ一家物語』 1991年
『紅の豚』 1992年 原画
『ちびねこトムの大冒険 地球を救え!なかまたち』 1992年
『平成狸合戦ぽんぽこ』 1994年 原画
『耳をすませば』 1995年 原画
『もののけ姫』 1997年 原画
『ホーホケキョ となりの山田くん』 1999年 原画
『千と千尋の神隠し』 2001年 原画
『空想の空とぶ機械達』  2002  
『ハウルの動く城』 2004年 原画
『ゲド戦記』 2006年 作画監督補佐
『水グモもんもん』 2006年 
『崖の上のポニョ』 2008年 原画
『借りぐらしのアリエッティ』 2010年 原画
『二ノ国』 2010年
『コクリコ坂から』 2011年 原画
『風立ちぬ』 2013年 原画
『思い出のマーニー』 2014年 原画


●本
『世界の真ん中の木』 1989年 著者
『小さなピスケのはじめてのたび』 1993年 著者
『小さなピスケのはじめてのともだち』 1998年 著者
精霊の守り人』 1996年 挿絵
闇の守り人』 1999年 挿絵
夢の守り人』 2000年 挿絵
神の守り人 <帰還編>』 2003年 挿絵
神の守り人 <来訪編>』 2003年 挿絵
『精霊の木』 2004年 挿絵
天と地の守り人 第一部 (ロタ王国編)』 2006年 挿絵
天と地の守り人 第二部 (カンバル王国編)』 2007年 挿絵
天と地の守り人 第三部 (新ヨゴ皇国編)』 2007年 挿絵
流れ行く者 守り人短編集』 2008年 挿絵
『「守り人」のすべて 守り人シリーズ完全ガイド』 2011年 挿絵
『炎路を行く者 ―守り人作品集―』 2012年 挿絵


上記のリンク先は、当ブログで作品を紹介した記事へリンクしています。とりあえず、見つけた作品は載せてみましたが、抜けてる作品や誤った記載もあるかもしれません。こんなにたくさんの作品に携わっていたとは知りませんでした。特に、ジブリ作品と二木さんがこんなに繋がりがあったこと、二木さん自身が本を出しているということは新たに知った事実でした。二木さんを失ったことは、日本のアニメ界にとって大きな痛手と言っても過言ではないですね。二木さんの本、機会があれば今後読んでみたいと思います。

改めて。 二木真希子さんのご冥福を心からお祈りいたします。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:00 訃報 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示