07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

インフルエンザで倒れてました。

2016/04/07
約2週間ぶりの更新になります。実は、家族全員でインフルエンザB型にかかり、倒れておりました。何かの予感があったのか、3/24の記事は予約投稿にしておりましたので記事の更新はしていますが、私的には17日ぶりのPCになります。やっと戻ってきた!っていう感じですね(笑)一応、「病気・怪我ネタ」というカテゴリがありますので、記事にしてみようと思います。

3月18日(金)。この日は、息子の通う中学の卒業式がありまして、息子も在校生として参加。昼過ぎに帰宅し、夕方から塾へ。約2時間後に帰宅した息子、「なんだか知らないけど、塾で鼻水が出まくって止まらなかった。」と。この日、強風が吹いていたので、「マスクもしないで外へ出たから、鼻炎が悪化したのでは?と思っていました。

3月19日(土)。まだ息子の鼻水が止まらないというので、悪化したらイヤだなと思い、念のため掛かりつけの病院へ。喉は赤いが熱もないし、鼻炎でしょうということで、鼻炎の薬と抗生物質をもらいました。土曜日で、主人の車で病院へ来ていたので、病院の帰りにみんなでスーパーへ寄り道したんですよね。息子も一緒に買い物へ付き合ったのですが、その時、息子の様子が急変。急になんか暑い、だるいと言い出し、息子の服装が真冬みたいな格好だったので、厚着してるから暑いだけなんじゃないの?と言っていたんです。でも、いつもと様子が違っていたので気になってはいました。夕方、息子の熱を測ってみたのですが、平熱より少し高いぐらい。この時はまだインフルエンザだなんて思ってもいませんでした。
ところがその夜。宿題をやっていた息子が、「なんかすごく暑いんだけど。」と体温を測定したところ、39.5度。え!?急にどうしたの!!と、ここでさすがに「これはインフルかも!」と思い、私もマスク装着。午前中に病院でもらった薬を飲ませて、息子は自室のベッドへ。息子は「どおりで暑いはずだ~」と言っていました。

3月20日(日)。朝、息子の熱を測ると、出ました、40.1度。これは絶対インフルだと確信。朝食後に病院でもらった薬を飲ませたところ、一時的に37.4度まで下がったので、その間に休日診療の病院へ連れて行くことに。これがまたすごく混んでまして、待合室で座る場所もなかったので受付だけ済ませて、病院の駐車場で1時間以上待ち、いざ呼ばれて体温を測ったときには39.8度にまでぶり返してました。この時、息子はフラフラで1人で歩くことも出来ず、体がこわばって腕や首が一時的に動かせない状態になったりとかなりヤバイ状態でした。インフルの検査をしたところ、「B型ですね」と言われました。でも息子、12月にすでにB型には感染済みだったのでその旨伝えると、「同じ年に同じ型に2度罹るのは珍しいですが、結果がはっきり出てますから」と言われました。

帰宅後、すぐに「イナビル吸入粉末剤」を吸入。これは初めて処方されたのですが、リレンザと違って1度の吸入で効果があるインフルエンザ薬なんですね。それは良い!!と思ったのですが、息子は鼻水と痰がひど過ぎて、吸う度に咳き込んでしまい、「もしかしたら上手く吸えてないかも」と息子が言うので私も心配でしたが、2キット、合計4回も吸ってるんだから、多少は吸い込めてるよ、たぶん大丈夫と思っていました。が、この日の夜、40.6度という高熱を記録。イナビル、やっぱり吸入失敗?夜中に痰が絡んで咳き込みすぎて嘔吐。

3月21日(月)、体温は37.9度。相変わらず食欲はほとんどありませんが、熱は下がってきたようなので一安心。ところがその夜、38.0度までぶり返しました。

3月22日(火)、朝の熱は37.5度でしたが、腹痛、下痢、血痰、鼻水、咳が相変わらず続いていました。食欲もなし。気になるのは、汗が全く出ないこと。そして、水分が不足しているらしく、尿もほとんど出ていない状態。目を覚ますたびに少しずつ飲ませているんですが、高熱のため足りていない感じ。そしてやはり、お昼ごろには熱が38.7度までぶり返しました。

実はこの日、私も朝からだるくてヤバイと感じていました。熱は37.4度、微熱があり、嫌な予感があったので、午前中のうちに買い物へ出掛けたのですが、体がとても重く、頭がボーっとしている状態。午後、息子が寝ている間に自分もお昼寝して休もうと思ったのですが、寒気がして眠れず。夕方、熱を測ったら38.2度。これはヤバイ!!と、息子に留守番を頼み、病院へ。やはり、インフルエンザB型。リレンザを処方されました。夜の体温、息子は38.4度、私は38.5度。幸い、主人だけは元気な様子で、助かりました。

3月23日(水)、朝の体温、息子38.4度。私、38.0度。息子の熱が下がらず。発症してからずっと食欲もなく、いつもの4分の1ぐらいしか食べてくれません。すごく心配。カロナールのおかげで、お昼過ぎには37.3度にまで下がりましたが、夜にはまた39.5度にまで発熱。インフル発症してから5日経つんですけど・・・。一方、私は昼には37.5度にまで下がり、落ち着いてきました。

3月24日(木)、息子の朝の体温は36.9度でしたが、また午後から熱がぶり返す可能性が高いと思ったので、午前中に病院へ。昨晩39度以上の熱が出たことを伝えると、「イナビル、ちゃんと吸えてなかったんじゃないか。」と指摘され、またインフルの検査。うっすらとでしたが、発症してから6日も経つのに陽性反応が出るということは、ウイルスがほとんど体から出てないということで、点滴で抗インフルエンザ薬を投与することになり、急遽、点滴を受けて帰宅しました。これが、効果絶大!!病院から帰宅するや否や、息子が「腹減った」と言い出し、食欲がUP。やっぱりイナビルがほとんど吸えてなかったようですね。医者には、「イナビルは一発勝負だから、失敗すると意味がないんだよね。私だったらリレンザにするんですが。」と、遠回しに休日診療の医者を否定していました。息子はこの翌日、平熱まで下がり、今に至ります。

ところで息子が点滴を受けたこの日。息子を車で病院へ連れて行くために主人が午前中だけ会社を休んでいたのですが、なんだかだるいと言い出し、息子を家まで送った後に、1人で病院へ行ったんですね。すると、まさかの主人もインフルB型に感染していることが発覚。主人はこの後、会社を数日休む羽目に。ついに、家族全員がダウンしてしまいました。

一方、私ですが。24日、25日と平熱が続いていたので、この間に洗濯とか買い物とか料理とか、休みながらですがちょこちょこ動いていたんですね。どうやらそれがダメだったらしく、26日に熱がぶり返し、38.7度という今回の最高記録をマーク。ネットで調べたら、熱が下がったと思ってから1~2日後にぶり返すことがあるみたいですね。熱がぶり返すという経験を初めてしました。翌27日には平熱に戻り、今に至ります。

遅れて感染した主人は、24日に発症した後、28日に熱が下がり、会社の規定で解熱後2日は休むように言われたので、31日から職場復帰して今に至ります。

今回のインフルは本当に辛かったです。何が辛かったって、息子の熱が6日間も下がらなかったこと。これはインフルの後遺症だと思うんですが、息子は今も味覚が元に戻らないと言っています。私は、熱が下がった後、頭痛と頭がぼ~っとする状態と軽いめまいが1週間ぐらい続きまして、やっと今週ぐらいからいつもの調子に戻ってきたところです。家族全員、食欲がガタ落ちだったので、解熱直後はみんな、ズボンのウエストがぶかぶかだったのが、今回のインフルエンザの凄さを物語ってましたね。

実は、家族全員がインフルエンザに感染するのは、これが2度目です。1度目の時の記事はこちら。前回は2009年、7年前だったんですね。あの時に、「予防接種を受けることにしよう」と思ったはずなのに、結局、今まで一度も受けず、今回この有様。しかも前回は解熱後スムーズに回復していたのに、後遺症が残ったりと、この7年間で私も年取ったんだなと実感(笑)今回は本当に懲りたので、次回からは家族全員で予防接種を受けようと強く決意しました。

長文ですが最後まで読んでいただき、ありがとうございました。みなさんもインフルエンザ、気を付けて下さいね。

KIMG1448.jpg


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

11:39 病気・怪我ネタ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示