08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

『いたずらゴブリンのしろ』/青山邦彦

2017/09/19
いたずらゴブリンのしろ
いたずらゴブリンのしろ青山 邦彦

フレーベル館 2007-10-01
売り上げランキング : 684581


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「ゴブリン」って何?
と思いつつ読んでみましたが、
なるほど、
いたずら好きな小人たちのこと
だったんですね。

果たしてこのお城は、
王様のお城なのか
ゴブリンのお城なのか??

ゴブリン達のいたずらに
困惑しまくりの王様。

けれど、
決して悪いことばかりじゃ
なかったりして。

もともとこの丘には
ゴブリンが先に住んでいた
という設定。

なんだか本当にこういうことが
起こりそうな感じがして、
夢があるな~と思いました。

この絵本、当時小学生だった
息子のお気に入りでした。
なんといっても、
絵が楽しいんだそうです。

お城の中が一望できるように
丁寧に細かく描かれているのと、
お城の中に
こっそりと隠れているゴブリンを
絵の中から探し出すのが楽しくて、
何度も読み返していました。

すばしっこいゴブリンが
魅力的なんですよね。

いろんな想像力を掻き立てられる、
素敵な一冊です。


☆ブログランキングに参加しています☆ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

10:07 ・あ【青山邦彦】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『そらをとんだたまごやき』/落合恵子

2017/09/13
そらをとんだたまごやき (おはなし広場)
そらをとんだたまごやき (おはなし広場)落合 恵子 和田 誠

クレヨンハウス 1993-10
売り上げランキング : 1487734


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「そんなにたくさん 
たまごをわって どうする!」

読み始めてすぐ、
このお父さんのこの発言に
プッと吹きだしてしまいました。

子どものようなお父さん。
そして、
まるで卵の扱いを知り尽くしたような
めぐちゃんの立ち振る舞い。

この二人のやりとりだけでも
新鮮で楽しいのですが、
思いがけず、
大きな卵焼きが参加してきます。

「たいていのたまごは とりにならずに 
たべられちゃうからね」

とは、大きな卵焼きの言葉。
鳥に成長すれば空を飛べるけれど、
卵焼きになっては空を飛べない。

まさか、この絵本で食べられるという
運命を背負った卵の気持ちを
知ることになろうとは。

絵本の中の卵焼きは、
幸運にも空を飛ぶことが出来、
卵焼きにもなることが出来ました。

でも、

飛ぶチャンスのないまま、
卵焼きとして食べられてしまう卵が
ほとんどなわけで。。。
卵に対しての見方が変わりそうです。

思わぬ展開に
最後までしっかりと読んじゃいました。



☆ブログランキングに参加しています☆ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

14:33 ・ユニークな展開の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『うまれかわったヘラジカさん』/ニコラス・オールドランド

2017/09/04
うまれかわったヘラジカさん (人生を希望に変えるニコラスの絵本)
うまれかわったヘラジカさん (人生を希望に変えるニコラスの絵本)ニコラス・オールドランド 落合恵子

クレヨンハウス 2011-12-05
売り上げランキング : 286773


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


濡れるのが嫌い、
強い風が嫌い、
寒いのが嫌い。

だから、
いろんな経験をしたことがない
ヘラジカさん。

「ぼくって ほんとに 
このままで いいのかなあ」

ふと思ったそういう気持ちが、
ヘラジカさんの心にとても大きな
気持ちの変化をもたらします。

気持ちが変わると、
行動まで変わるんですよね。

1つずつ小さな壁を越えて、
いろんな経験をしていく様子は、
読みながら
応援せずにいられませんでした。

自分を変えるためには、
自分自身が行動を起こさなくては。

「なんにも わからないなら 
なんでも やってみよう」

そういうヘラジカさんの思い、
それは読者の背中をも
押してくれているような気がします。

子どもに限らず、
大人が読んでも勇気をもらえそうな
素敵な一冊です。


☆ブログランキングに参加しています☆ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

11:09 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |