11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

『もりのえほん』 / 安野光雅

2013/12/09
もりのえほん
もりのえほん安野 光雅

福音館書店 1981-02-25
売り上げランキング : 50658

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ふしぎなえ (日本傑作絵本シリーズ) あいうえおの本 旅の絵本 (1) 中部ヨーロッパ編 (安野光雅の絵本) さかさま ふしぎな たね (美しい数学)


文字はなく、
いろんな森の景色が
描かれているだけの絵本です。

・・・と思っていたのですが。
遠目で森の景色を眺めると、
徐々に浮かび上がってくる
動物たちの数々。
錯覚かと感じさせるような、
自然な隠し絵に
驚かされました。

空に浮かんでいる雲の形が
なにかの形に見える
なんてことがありますが、
まさにそんな感じの描き方。

それがまた、
描かれている森の風景だけで、
森の中でひっそりと
生活している動物たちの姿を
連想させてもくれ、
まさに絵本!っていう感じです。

これを見た後だったら、
何気ない普段の景色の中でも
いろんな生き物を想像して
見つけ出せそうな気がします。

想像力を掻き立ててくれる、
素敵な一冊です。



☆ブログランキングに参加しています。  

共感いただける方は、ポチッとお願いします。

09:00 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『子ども版 声に出して読みたい日本語2』 / 齋藤孝

2013/12/07
子ども版 声に出して読みたい日本語 2 柿くえば鐘が鳴るなり/俳句
子ども版 声に出して読みたい日本語 2 柿くえば鐘が鳴るなり/俳句齋藤 孝 江口 修平

草思社 2004-08-13
売り上げランキング : 116787


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



やっぱり、日本人には
五七五のリズムが
心地よいですね。

俳句を読んだのは、
学生の頃以来でしょうか。
かわいらしいイラストが、
俳句の良さを
引き立てていて、
読みやすかったです。

この絵本の思惑通り、
思わず声に出して
読んでしまいました。

思わず揃えたくなる
シリーズです。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・学べる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『山男の四月』 / 宮沢賢治

2013/12/05
山男の四月 (ミキハウスの宮沢賢治絵本)
山男の四月 (ミキハウスの宮沢賢治絵本)宮沢 賢治 飯野 和好

三起商行 2010-10
売り上げランキング : 416679

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
気のいい火山弾 (ミキハウスの宮沢賢治絵本) 狼森と笊森、盗森 (ミキハウスの宮沢賢治の絵本) 虔十公園林(けんじゅうこうえんりん) (日本の童話名作選) 月夜のでんしんばしら (ミキハウスの宮沢賢治絵本)



日常的にはありえない
摩訶不思議な出来事が
起こるのですが、
あんな姿になってからの
山男の行動や言動のなかに
思わず笑えるような場面や
やりとりがあったりして、
奇妙でありながらも
楽しい展開になっています。

結末はまさかのオチに
なっていますが、
結末を知ったからこそ
このお話のタイトルに
納得でもありました。

四月って
そういう季節ですもんね(笑)

宮沢賢治の独特な世界に
引き込まれ、楽しく読めました。

飯野和好さんの絵も、
作品にとても合っていました。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



09:00 ・み【宮沢賢治】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『銀河鉄道の夜』 / 宮沢賢治

2013/12/03
銀河鉄道の夜 (宮沢賢治童話傑作選)
銀河鉄道の夜 (宮沢賢治童話傑作選)宮沢 賢治 田原 田鶴子

偕成社 2000-11
売り上げランキング : 19713

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
注文の多い料理店 (日本の童話名作選) セロひきのゴーシュ (福音館創作童話シリーズ) よだかの星 (日本の童話名作選) 蜘蛛の糸 (日本の童話名作選) 注文の多い料理店―版画絵本宮沢賢治


「銀河鉄道の夜」は、
いろんな出版社から
出版されていますが、
私のイメージと
一番近い表紙絵の、
こちらの本を選びました。

いつの間にか
汽車に乗っていた
ジョパンニ、
そしてカムパネラ。

汽車で行く先々では、
不思議な世界観があり、
とても興味深かったです。

いろんな賢治の作品を
読んでみましたが、
なぜか「死」に繋がる、
もしくは「死」をイメージさせる
作品が多いように思います。

この作品もまた例外ではなく、
宮沢賢治という人は、
常に「死」というものを
身近に感じながら
生きた人なんだなと感じました。

銀河鉄道に乗ったこの夜は、
ジョパンニにとって
どんな意味があったのか
ただの「不思議な世界」だけの
一言では表現しきれない、
何か裏のメッセージが
あるような気がしてなりません。

余談ですが、
この作品は途中で
原稿が抜けていたり、
文字が抜けていたりして、
完璧な作品ではありません。

それでも
本として出版されるぐらい、
価値のある作品なんだと思います。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



09:00 ・み【宮沢賢治】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『おめでとう!』 / くすのきしげのり

2013/12/01
おめでとう!
おめでとう!くすのき しげのり 原作 いもと ようこ 文・絵

佼成出版社 2012-04-15
売り上げランキング : 572791

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ゆうきをだして! ダメ!


誰かのお祝いの
お話かと思ったら、
幼稚園の創立記念日
だったんですね。

創立記念日を
「幼稚園のお誕生日」と
言い代えているあたり、
小さなお子さんにも
わかりやすいと思います。

「幼稚園」の喜びそうな
プレゼントを
一生懸命に考える姿は、
子どもらしい発想で
とても良いです。

相手の気持ちになって、
喜びそうなことを
考えるということ。

例えそれは、
相手が物であったとしても、
同じこと。

「大切にしよう」と思う
気持ちがあるからこそ
だと感じました。

動物の子どもたちからの
プレゼント。
きっと「幼稚園」は、
嬉しかったことでしょう。

こんな素敵な絵本を読んだら、
優しい気持ちをもった
子どもたちが、
たくさん増えるのでは?
と感じました。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:21 ・乳幼児向けの絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |