06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

『ぐりとぐらのかいすいよく』 /中川 李枝子

2011/07/31
1970年(昭和45年)の今日は、国鉄(当時)の通勤電車では、初の冷房車を山手線で導入した日なんだそうです。車内温度は平均26度で、普通の満員電車の約35度よりかなり低めだったとか。電車に冷房なんて当たり前だと思っていましたが、40年前に初めて導入されてたんですね。それ以前の満員電車、絶対に乗りたくないですね

ということで今日は、涼しくなりそうな絵本をご紹介します。

ぐりとぐらのかいすいよく (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)
ぐりとぐらのかいすいよく (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)なかがわ りえこ やまわき ゆりこ

福音館書店 1977-04-01
売り上げランキング : 7227

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ぐりとぐらのえんそく (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本) ぐりとぐらのおおそうじ (日本傑作絵本シリーズ) ぐりとぐらとくるりくら (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本) ぐりとぐらとすみれちゃん (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本) ぐりとぐらのおきゃくさま [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集 (1))


「ぐりとぐら」シリーズです。

野ねずみのぐりとぐらが波打ち際で遊んでいると、手紙と地図と浮き袋の入ったビンを見つけます。手紙の主は、「うみぼうず」。手紙と地図に導かれて、ぐりとぐらは初めての海へ大冒険!

小さい野ねずみが大きな海に入ったりして大丈夫かなと思ったのですが、「うみぼうず」が迎えに来てくれて一安心。うみぼうずは、てっきり妖怪だと思っていたのですが、どうやら、人間の男の子だったようです。いえいえ、もしかして「人間の男の子」の姿に化けていただけかも?なんて思ったのは私だけでしょうか?

海から届いた手紙、なんだか夢があって良いですね。泳いでいるぐりとぐらの姿が、とてもかわいくて印象的です。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 ・動物の本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『小学館版 学習まんが人物館<第一期> アンネ・フランク』

2011/07/29
1921年の今日は、『ヒトラーがナチス党党首に就任した日』なんだそうです。ヒトラーといえば、反ユダヤ主義を掲げたドイツの独裁者ですね。

今日は、こんな本を紹介したいと思います。

アンネ・フランク―戦争の中で生きる希望を書きつづけた少女 (小学館版学習まんが人物館)
アンネ・フランク―戦争の中で生きる希望を書きつづけた少女 (小学館版学習まんが人物館)高瀬 直子 杉原 めぐみ

小学館 1996-09
売り上げランキング : 47558

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ヘレン・ケラー―暗闇から光を投げかけた愛の天使 (小学館版 学習まんが人物館) マザー・テレサ―貧しい人びとに限りなき愛をそそいだ現代の聖女 (小学館版学習まんが人物館) ナイチンゲール―“戦場の天使”とよばれたイギリスの看護婦 (小学館版学習まんが人物館) キュリー夫人―はじめてノーベル賞をとった女性科学者 (小学館版 学習まんが人物館) 杉原千畝―六千人の命を救った外交官 (小学館版 学習まんが人物館)


このシリーズ、息子が小3の時にかなりハマって読んでいたものです。漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して読み進めることが出来ました。

アンネ・フランクという名前、アンネの日記のことは、知っているつもりでいましたが、今回、あらためて読んでみて、戦争の愚かさ、恐ろしさを目の当たりにすることが出来ました。

ヒトラーが計画した、ユダヤ人全滅計画、激しい差別の事実を知るには十分な内容でした。このシリーズの本には、ユダヤ人という言葉が何度か出てきますが、ユダヤ人がどのような仕打ちを受けたのかということは、この「アンネ・フランク」が一番詳しく出ています。アンネ自身がユダヤ人ですので、当然ですが。

息子は、ヒトラーとユダヤ人のことをこの本で詳しく知ったようです。本の内容についての質問が息子から何度もあり、家族でユダヤ人のこと、戦争のことについて語らう機会が何度かあり、息子にとっては衝撃的な一冊だったのだと感じました。

この本では、アンネの一生についての記述でしたので、機会があればアンネの日記も読んでみたいなと思います。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 ●児童書・学習まんが | コメント(0) | トラックバック(0)

『小学館版 学習まんが人物館<第二期> エリザベス女王』

2011/07/27
今日は、『政治を考える日』なんだそうです。 1976年の今日、ロッキード事件で田中角栄前首相(当時)が逮捕されたことによるそうな。私はまだオムツしていたような年齢でしたので、当時のことは憶えていないのですが。みなさんも今日は是非、政治について考えてみませんか?

ということで今日は、イギリスの繁栄を築いた女王の本をご紹介したいと思います。

エリザベス女王―イギリスのはん栄をきずいた大女王 (小学館版 学習まんが人物館)
エリザベス女王―イギリスのはん栄をきずいた大女王 (小学館版 学習まんが人物館)菅谷 淳夫 高瀬 直子 石井 美樹子

小学館 2004-11
売り上げランキング : 20267

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ダイアナ―恵まれない人びとに手をさしのべたプリンセス (小学館版 学習まんが人物館) 津田梅子―六歳でアメリカに留学した女子教育のパイオニア (小学館版学習まんが人物館) キュリー夫人―はじめてノーベル賞をとった女性科学者 (小学館版 学習まんが人物館) クレオパトラ女王 (小学館版学習まんが人物館) マザー・テレサ―貧しい人びとに限りなき愛をそそいだ現代の聖女 (小学館版学習まんが人物館)


このシリーズ、息子が小3の頃、かなりハマって読んでいたものです。漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して読み進めることが出来ました。

エリザベス女王といえばイギリスだよね、という程度の認識しかないままこの本を読み出した私ですが、読み終えて、エリザベス女王という人は、こんな頭の良い、素晴らしい考えを持った人物だったのだということを知ることとなりました。

決して人がうらやむような環境で育てられたと言えない彼女が、苦しみの中で勉強に打ち込み、いざ女王となった時にその学問が大変役立ったという下り、拍手を送りたい気持ちになりました。

「国民の一人ひとりが私の子どもなのです。私はイギリスという夫に使えているのです」

結婚をしなかったエリザベス女王の、国を愛する姿に感動しました。この努力する姿、是非子ども達にも読んで欲しいと思います。



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 ●児童書・学習まんが | コメント(0) | トラックバック(0)

映画 『ミッドナイト・イーグル』

2011/07/25
今回観た映画はこちらです

もう、誰も失いたくない。

日本滅亡まで48時間


ミッドナイトイーグル スタンダード・エディション [DVD]
ミッドナイトイーグル スタンダード・エディション [DVD]
ジェネオン エンタテインメント 2008-06-04
売り上げランキング : 20596


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(ストーリー)

ある晩、元戦場カメラマンの西崎優二(大沢たかお)は、撮影のため訪れていた北アルプスで、光を放ちながら見岳沢に墜落していく謎の飛行物体を目撃し、カメラに収める。その直前、米軍の戦略爆撃機“ミッドナイトイーグル”が、北アルプスの上空で消息を絶っていた。

西崎(大沢たかお)の高校時代の山岳部の後輩で、全国紙の東洋新聞松本支局でジャーナリストをしている落合信一郎(玉木宏)もいち早く登山者からの問い合わせに基づいて自衛隊に照会していたが、練習機の墜落という回答に西崎が訝しげに仄めかした追加情報を合わせて、今度は防衛省に照会を入れる。

それが元で落合に夜討ちをかけられた西崎は、引っ張られるように墜落現場の山に入ることになる。日本アルプス周辺が自衛隊によって厳戒態勢が敷かれている中、未封鎖の入山道を見つけ、入山していく2人。そこで2人が見たものは、真っ白に武装した自衛隊の行軍だった。

ただ事ではない雰囲気を察し、2人は自衛隊との接触を避けるように後戻りしたが、その後ビバーク中のテントに何者かから銃撃を受ける。会話が日本語ではなかったことから、西崎は本能的に身の危険を察知して、直ぐにでも下山することを主張。しかし、落合は単独ででも事件の取材を強行するという。行動を別にし、一旦は下山を思い立った西崎だが、落合の身を案じて引き返し、謎の武装工作員部隊に襲撃されながらも再び墜落現場を目指していく――


-*-*-*-*-*-*--*-
2007年11月27日公開。

高嶋哲夫の同名の小説を原作にして制作された、アクションサスペンス山岳映画。
山岳、テロ、国防と硬派な内容にもかかわらずモデル出身の俳優が多く出演した硬軟取り混ぜた内容の作品。
第20回東京国際映画祭のオープニング作品。防衛省昇格後に初めて協力した映画作品。


(主なキャスト)
・西崎優二(戦場カメラマン)・・・・大沢たかお
・有沢慶子(週刊「WISE」記者)・・・・竹内結子
・落合信一郎(東洋新聞記者)・・・・玉木宏
・佐伯昭彦(三等陸佐)・・・・吉田栄作
・冬木利光(内閣危機管理監)・・・・袴田吉彦
・青木誠(週刊「WISE」カメラマン)・・・・坂本爽
・チヘ・・・・金子さやか
・平田俊夫(工作員)・・・・波岡一喜
・西崎志津子(優二の妻、慶子の姉)・・・・相築あきこ
・西崎優(優二の息子)・・・・佐原弘起
・朝倉(西崎との無線交信相手の青年)・・・・濱田岳
・宮田忠夫(週刊「WISE」編集長)・・・・石黒賢
・渡良瀬隆文(内閣総理大臣)・・・・藤竜也


----------

玉木宏出演作品、とのことで観てみました。

戦場カメラマンの西崎(大沢たかお)が、某戦場にて、撮影しているシーンから始まります。

岩陰で食料を食べている西崎がふと後ろを見やると、現地の男の子が1人、羨ましそうに西崎を見ています。それに気付いた西崎は、子どもに近寄り、食料(お菓子だと思います)を手渡すと、おいしそうに食べる男の子。その直後、近くで爆撃音があり、西崎が岩陰に隠れるためにその場を離れます。心配になり後ろを振り返る西崎。慣れているのか、何事も無かったかのようにその場でお菓子を食べ続ける男の子。と、その直後、ものすごい爆音と共に男の子の姿は消え、そこには一瞬にしてがれきの山が。そして、がれきの隙間には、さっきまで男の子が食べていたお菓子が落ちていたのでした。。。。

どうやらこの出来事は、戦場カメラマンだった西崎(大沢たかお)にとって、大きなトラウマとなったようです。戦場を撮影していても、子どもの命を助けることが出来ないという無力さを感じ、このことが戦場の写真を撮ることを止めるきっかけになります。その後は、帰国して山の写真を撮る生活に。 そんな中、偶然撮影してしまったのが、墜落していく”ミッドナイトイーグル”の姿だったんですね。

映画の前半、いろんな情報がめまぐるしく錯綜していて、はっきりいって状況が良く分かりませんでした理解できたことは、西崎が偶然に撮ってしまった写真は、公に出来ないような重要な写真であったということ、そして、西崎の後輩である落合(玉木宏)は新聞記者で、西崎の撮った写真と関連のある情報を外部からキャッチして不審に思っていた、ということですね。で、なぜか急に2人は、山へ登ることに。

あ、その前に西崎はどうやら結婚していたようで、それなのに山にばかり籠もって写真を撮っていたため、奥さんの病気にも気付かず、奥さんは亡くなってしまい、離婚していたようです。息子が一人いるのですが、それは奥さんの妹である有沢慶子(竹内結子)が引き取って育てることになったようで、子どもの最後の荷物を受け取るシーンが出てきます。で、その有沢慶子(竹内結子)もまた、雑誌記者ということで、いろいろ情報が入ってきたりするわけですね。

スクープを求め、入山して現場を目指す西崎と落合なんですが、これってもろ冬山のシーン。撮影はかなり大変だったんじゃないかと思います。厳重な警戒がされている中、なぜか閉鎖されていない登山道を見つけだして、入山する2人。まあ、大学中は山岳部だったという設定ですから、山のことは熟知していた、ということなんでしょうか?

外国人と思われる謎の武装工作員部隊に何度も襲われる2人。引き返そうとするも、落合が以前取材を途中で投げ出したことがあるという経緯から、「今回は絶対に投げ出したくない」との強い意志を見せ、西崎もそれに付き合うカタチに。工作員部隊に銃撃されながら、無線で外部への連絡を取り、慶子への伝言を託して逃げ延びるシーンは、映画を見始めてからやっと見応えのあるシーンが出てきたな、という感想。

その後、現場に向かって接近してくる白ずくめの自衛隊の山岳部隊と謎の工作員部隊との間で銃撃戦が何度かあります。工作員部隊が山の上方で待ち伏せし、自衛隊の部隊を攻撃しようと狙っていることに気付いた西崎は、自分の身の危険を顧みず、自衛隊の部隊に「逃げろ~~!!」と叫び、警告を発します。

結果、工作員部隊の制圧はできたものの、自衛隊の部隊はほぼ全滅状態。生き残ったのはただ1人、佐伯三等陸佐(吉田栄作)。佐伯は民間人の介入を嫌い、西崎達に下山を勧めるが、西崎の強い気持ちに動かされ、西崎達と同行することに。

正直、これ以前の流れはパッとしないストーリー展開だったのですが、この辺からかなり白熱した展開になってきます。

なんで墜落したミッドナイト・イーグルの存在を国が隠そうとしているのかというと、それは、ミッドナイト・イーグルが”ある物”を搭載したまま墜落したことが原因だったようです。それは、日本にあってはならない物で、海外のテロ組織(アジア系ですね)が、それを起爆させようと企んでおり、ミッドナイト・イーグルが墜落したのもテロ組織の作戦、そしてそれを起爆させるために山には工作員部隊が入山しており、それを阻止しようと自衛隊部隊がさらに入山した、ということのようです。

ミッドナイト・イーグルが積載していた”日本にあってはならない物”とは?

これが起爆してしまうと、日本が滅亡してしまうというという代物。それが起爆しないよう、佐伯(吉田栄作)、西崎(大沢たかお)、落合(玉木宏)は、たった3人で守り抜くことになるわけです。

工作員部隊と銃撃戦を交えながら頂上へたどり着いた3人。そこにもまた工作員部隊がいたりして、もう銃を撃ちまくりです。

また、別ルートで慶子(竹内結子)もこのミッドナイト・イーグルの情報を掴んでおり、動き回ります。この辺の動きも結構おもしろいかな。

パッとしない前半とは変わり、後半は想像していなかった展開へと繋がり、思いがけず涙を誘うシーンもありました。最後の西崎と慶子の会話、西崎には、例え強がりだったとしても、笑顔でモニターから外れていって欲しかったなと思っちゃいました。っていうか、緊迫したシーンなのに、総理役の藤竜也の演技が・・・なんか違うような・・・・ヒゲ生やしてるし・・・・とか、他にも慶子の上司である編集長役の石黒賢の演技もわざとらしすぎてイラっとさせられたり、いろいろツッコミどころがあったので、純粋にハマって観ることは出来ませんでした。

それにしても、吉田栄作の演技は、すごく良かったと思います。ああいう演技の出来る俳優さんだったんですね。「もう誰も愛さない」などの出演ドラマ、さんざん観ましたが、最近は演技を観てなかったので、映画での演技を観てはびっくりしています。そういえば、映画「真夏のオリオン」にも玉木宏と一緒に出てましたね。

大沢たかおと玉木宏の演技は、期待通りでした。せっかく良い俳優が集まっているのに、なんだか残念な映画でした。もうちょっと緊迫感があっても良かったのでは?盛り上がりに欠けましたね。映画自体もちょっと制作時間が足りなかったのかな?という印象でした。ロケは大変そうなのは伝わりましたが、どうしても迫力が足りない・・・。

あと、展開の状況がよくわからなかったですね。自衛隊の戦闘機?のスクランブルがどうのこうのとか言ってましたが、最後まで意味がわかりませんでした。もっと解りやすくセリフ回しを作ってもらわないと、一回聞いただけでは理解不能です。しかも、東日本大震災を経験した後にこれを観たので、緊迫感、恐怖感とも半減してしまった感はあるかも。リアルに放射能に怯えている日本の現実の方がこの映画より数倍怖かったりして


原作本はこちら。機会があれば読んで、映画の内容を理解したいと思います。
ミッドナイトイーグル (文春文庫)
ミッドナイトイーグル (文春文庫)高嶋 哲夫

文藝春秋 2003-04-10
売り上げランキング : 124033


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 映画・ドラマ・アニメの紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

『あたらしいみかんのむきかた』 /岡田好弘

2011/07/23
今日は、フジテレビのアナウンサー、阿部 知代(あべ ちよ)さんの誕生日なんだそうです(1963年7月23日生まれ)。 阿部さんは、『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」のコーナーの初代『テレフォンアナウンサー』なんだそうで。へえ~、そうなんですね。

ちなみに、テレフォンショッキングの第1回目のゲストは、桜田淳子さんになります。前にテレビで得た情報ですが、なぜか憶えていたので書いておきます(笑)

ということで(?)、今日は笑える絵本を紹介したいと思います

あたらしいみかんのむきかた
あたらしいみかんのむきかた岡田 好弘 神谷 圭介

小学館 2010-11-16
売り上げランキング : 40247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あたらしいみかんのむきかた 2 みかんの面白いむき方大百科 トイレットペーパーおりがみ (講談社の実用BOOK) 演出から学ぶ手品入門BOOK はじめてのトリック野郎 (一般書) あたらしいみかんのむきかた [DVD]


いや~、びっくりしました。ミカンの皮をむきながら工作してしまうという発想。そして、ミカンという球体から作り出される平面の作品の数々。下書きから完成した形が想像しにくいだけに、驚きは倍増しました。その反面、主役の「むきお」がミカンの皮むきに真剣に取り組む姿がおもしろおかしく、作品に感心しながらも笑いながら楽しく読めました。

「干支をむく」 そういったんだよ、おかあさん。

「むくのね、むくきなのね、むきお。」

上記のような、まるで青春ドラマさながらの会話にプッと吹きだしつつ、さらに作品ごとに書いてある、むきおの「思ったこと」という短いコメントがまた笑え、こんなに楽しい工作の絵本があるとは思いませんでした。

今後、ミカンを購入するたびにきっとこの絵本を思い出すと思います。そして、きっとチャレンジしてしまうことでしょう(笑)



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 ・【アドバイス系・参考系の本】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『じてんしゃにのるアヒルくん』 /デイビッド・シャノン

2011/07/21
今日も暑いですね!
今日は、俳優の勝村政信(かつむら まさのぶ)さんの誕生日なんだそうです(1963年7月21日生まれ )。勝村さんといえば、いろんな出演番組を見たことがありますが、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の出演がきっかけで一般的に注目されるようになったようです。「元気が出るテレビ」、懐かしいですね~。私も子どもの頃、よく見てました

ということで(?)、今日は、元気が出る絵本を紹介したいと思います。

じてんしゃにのるアヒルくん (児童図書館・絵本の部屋)
じてんしゃにのるアヒルくん (児童図書館・絵本の部屋)デイビッド シャノン David Shannon

評論社 2006-06
売り上げランキング : 839022

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
絵本はこころの架け橋 (大人のための絵本セラピー2) ぼくのジィちゃん ぜつぼうの濁点 かぞくのヒミツ おとうさんのちず


もしや、この絵のタッチは!と、図書館で見つけた1冊です。「だめよ、デイビッド!」の作者、デイビッド・シャノンの作品です。

「じてんしゃにのれるか、ためしてみようっと!」と、いきなり自転車に乗り込んで、こぎはじめるアヒルくん。羽でハンドルを握ってる!?補助輪無しでいきなり乗れてる!?ペダルに足が届いてないし!とツッコミどころがたくさんあるところが逆に笑えるところだったりします。

気持ちよさそうに自転車に乗るアヒルくんを見ても、他人事のような態度や感想をもっていたように見えた他の動物たちでしたが・・・

子ども達の大群がやってきて、置いていった大量の自転車を見た時の、あの動物たちの表情ときたら!!ワクワク感が伝わってきて、こちらまでニヤニヤしちゃいました。そして、右下の小さな隙間に描かれたアヒルくんが正面を向いた姿に気付き、とうとう大笑い(笑)その後は、動物たちの秘密ですね。息子も一人でこの絵本を読んでいましたが、楽しそうに読んでいました。

そしてラストのページ、「つぎはこれ?」に大笑い。「まさか、今度はこれに乗るつもりなんだ!」とウケていました。最後の最後まで笑わせてくれる、元気をもらえる楽しい一冊です


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 ・動物の本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『群青の夜の羽毛布』 /山本 文緒

2011/07/19
映画『群青の夜の羽毛布』の原作本を読んでみました。

群青の夜の羽毛布 (文春文庫)
群青の夜の羽毛布 (文春文庫)山本 文緒

文藝春秋 2006-05
売り上げランキング : 446552

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
眠れるラプンツェル (角川文庫) 恋愛中毒 (角川文庫) ブラック・ティー (角川文庫) みんないってしまう (角川文庫) あなたには帰る家がある (角川文庫)


丘の上でひっそり暮らす不思議な女性・さとるに惹かれていく大学生の鉄男。しかし次第に、母親に怯え、他人と上手く付き合えない不安定な彼女の姿に疑問を募らせていく。母娘三人の憎悪が噴出するときに見えてくる、戦慄の情景とは――。恋愛の先にある家族の濃い闇を描いて、読者の熱狂的支持を受け続ける傑作長編小説。

(文庫本の解説より転記しました)

大まかなストーリーは映画の流れと大体同じような感じです。映画は映画でとても良くできた作品だと思ったのですが、原作は原作でまた映画とはちょっとニュアンスなどが違う部分もあり、映画とはまた別の感覚で読ませてもらいました。

映画ではさとるのお父さんの描写があまりなく、後半になって急にお父さんの存在が浮き彫りになるような流れだったのですが、原作ではこのストーリー全体をさとるのお父さんのオーラが包み込んでいる、そんな印象を持ちました。

映画を観た時は、タイトルにあるこの「群青」という色は、さとるの心の闇を表現しているんだろうと直感的に感じられたのですが、原作を読み終えた今は、これはさとるのお父さんの心の闇でもあるのだ、ということに気付かされました。そして綿密には、さとるの家族全員の心の闇の色でもあるのかもしれません。

この話は、カウンセリングの先生と話をしている患者の会話で始まります。そして、このカウンセリングの会話は、ストーリーの合間にタイミング良く何度も出てくるのです。最初、このカウンセリングを受けているのは誰だろう?と思っていたのですが、読んでいるうちに話の内容からそれが誰であるのかが解ります。そして、それが実はとても重要な部分でもあったんですね。

映画ではあまり描写されていなかった父親の気持ち、そしてさとるは、なぜ「さとる」という男の名前を付けられたのか、さとるが家を離れられない理由、そういったことも原作ではわかります。

原作を読んでみて、映画のキャスティングがそれぞれイメージとピッタリだったことがよくわかりました。さとる役の本上まなみ、鉄男役の玉木宏、原作でもそのままピッタリ当てはまります。逆に、こんな難しいテーマを抱えたストーリーを、微妙にアレンジを加えながらも原作のイメージを変えずに映画化してしまったなんて、すごいなって今更ながら思いました。磯村一路監督、すごいです。

いろんな衝撃が詰まった、インパクトある一冊です。興味を持たれた方は是非読んでみて下さい


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 ・【その他の著者】 | コメント(2) | トラックバック(0)

『ウェン王子とトラ』 /チェン・ジャンホン

2011/07/17
今日は、俳優の北村 一輝さんの誕生日なんだそうです(1969年7月17日生まれ)。北村一輝といえば、個人的に映画「戦国自衛隊1549」に出演してたのを記憶しています。

戦国といえば、戦いですね。戦いや争いは、避けるに越したことはないのですが・・・今回は、動物と人間のいわば戦いとも言える、迫力あるこんな絵本をご紹介したいと思います。我が家の蔵書です

ウェン王子とトラ
ウェン王子とトラチェン ジャンホン 平岡 敦

徳間書店 2007-06-16
売り上げランキング : 165059

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この世でいちばんすばらしい馬 1つぶのおこめ―さんすうのむかしばなし ハスの花の精リアン ロンと海からきた漁師 (児童書) ヤクーバとライオン (1) 勇気 (講談社の翻訳絵本)


表紙絵の水墨画で描かれた力強いトラの絵と、その怖そうなトラの口の中に人間の子どもがすっぽり入っている絵にギョッとしつつ、なぜか怖がっていない子どもの表情にもとても惹かれるものがあり、読んでみました。

猟師に子ども達を殺されたトラは、人間が憎くてたまらず、村の人や家畜を食い殺すようになります。トラの怒りを鎮めるため、村の王様がとった行動は、息子のウェン王子をトラに差し出すことでした。トラの元へ置き去りにされたウェン。どうなることかとドキドキさせられたのですが、人間が憎いはずのトラがウェン王子に対してとった行動に、感動せずに入られませんでした。

子を失った悲しみ。それは、動物も人間も同じこと。ウェンがトラの元へ行ってしまった悲しみは、トラが子を失った悲しみと似て、王様がトラの気持ちを理解するきっかけとなったことを願わずにはいられません。とにかく、感動するシーンが随所にいっぱい散りばめられています。トラと人間が心を通う関係になれたのは、やっぱりウェンの存在のおかげなんですよね。

やがて王様になったウェンがとった行動には、「やっぱり!」という思いとともに、本当にトラのことを心から「森のお母さん」だと慕い、心から信頼していたことが伺えて、そこでまた大きく感動しました。

こんなに迫力と感動に溢れ、ストーリーに引き込まれる大型絵本に出会ったのは、もしかしたら初めてかも知れません。あとがきに、この絵本を思いついたいきさつと、中国に伝わる伝説のことがさらっと書いてあります。中国では古くからトラは「山中の君主」「百獣の王」などと言われ、崇められているそうです。つまりこの絵本は、人間の王様の子を、山の王様が育てるという壮大なストーリーだったんですね。

実は私より先に息子がこの絵本を読んだのですが、夢中になって話の展開を語って聞かせてくれました。どうやらストーリー引き込まれ、一気に読んでしまったようです。人間の子をトラが育てるなんて、想像できないですもんね。とてもインパクトがあったようです。

全ての漢字にはルビが振られていますし、迫力ある絵だけでもどんなことになっているかわかりますので、小学低学年からでも楽しめるのではと思います。


※小学3年生国語の教科書(三省堂)掲載作品です。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


09:00 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

映画 『群青の夜の羽毛布』

2011/07/15
今回観た映画はこちらです


助けて。もう自分を抑えられない

群青の夜の羽毛布 [DVD]
群青の夜の羽毛布 [DVD]山本文緒

角川映画 2005-07-06
売り上げランキング : 79183


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(ストーリー)
憧れの年上の女性さとる(本上まなみ)と付き合い始めた大学生の鉄男(玉木宏)。丘の上の家に母親と妹と一緒に住む彼女は、家庭的で物静かな一方、鉄男が戸惑うほど激しく愛を求めてくる。やがて鉄男はさとるが見せる不可解な言動に不審を抱き始める。美しい年上の女性に隠された秘密を若い青年が探っていくミステリアスなストーリー展開に、現代女性の心の闇が浮かび上がる。清純派女優・本上まなみが映画初主演にして、大胆なラブシーンに挑戦した話題のラブ・サスペンス。「がんばっていきまっしょい」の磯村一路監督が20代女性の危うくも切ない恋愛模様をミステリアスに描く。

(DVDの解説より抜粋しました)

-----------

2002年10月5日公開。原作は、山本文緒の小説『群青の夜の羽毛布』。

(主なキャスト)
さとる・・・・本上まなみ
鉄男・・・・玉木宏
さとるの妹・・・・野波麻帆
さとるの母・・・・藤真利子
さとるの父・・・・小日向文世



映画のタイトルにある「群青(ぐんじょう)」とは、鮮やかな藍がかった深い青色のことです。観ていただければわかると思うのですが、ほとんどのシーンがこの群青色で覆われたシーンになっています。画面が深い群青色に覆われているので、正直、演じている方々の表情や行動がよく見えなかったりするのですが、その色が主人公の さとる(本上まなみ)の心の闇を表現していることは、映画を見始めてすぐに解りました。

さとるは、見るからに心身共に弱そうな感じ。大学生の鉄男(玉木宏)とは、鉄男のバイト先のスーパーにお客としてやって来たさとるが、店内で貧血を起こし倒れたことをきっかけに親しくなっていくのですが、この後に登場するさとるの母親が尋常じゃないです。初めて登場したシーンで、なんだか癖のありそうな雰囲気の母親だなとは思ったのですが、この母親がさとるにとってこんなにも深い「ダークサイド的存在」だったとは思わず、この異様な雰囲気についつい引き込まれてしまいました。

さとるは24歳なのですが、門限があるんですよね。門限は22時なのですが、さとると鉄男がデートした日、鉄男が車で事故を起こしてしまい、門限に遅れたことがあったんですね。帰宅するやいなや「何時だと思ってるの!」と、母親がさとるにぴしゃりとビンタ泣きじゃくるさとるの髪の毛を掴み、家の中へ引っ張っていく母親。「お母さん、違うんです、実は事故を起こしてしまいまして~」と言っている途中に、鉄男にもビンタ!!この辺から(この母親、なんかヘンだぞ?)という気持ちが鉄男にも視聴者にも沸いてくるわけです。

そして、この厳格な母親の態度の影響だと思うのですが、家庭でのさとるの様子がとっても不自然なんです。常に母親の顔色を見ながらビクビクしている感じ。。。さとるに対して常に命令口調の母親。口答えなど決して許されない雰囲気。観ていると、さとるの妹だけがとってもまともな人間に見えてきます。母親に管理されまくっているさとるは、見るからに異常な状態なんです。

もちろん鉄男も、さとると付き合っていくうちに、さとるの心身共に不安定な状態、母親との不自然とも思える関係に気付き、「君は、お母さんに縛られ過ぎている」と助言するわけですが、「お母さんは私を守ってくれている」と、さとるは言い切ります。今のこの状況から抜け出したいと願っている気持ちとは裏腹に、母親から離れられない自分を肯定してるともとれる発言。問題は、とても根深いようです。お母さんとさとるの関係、観ていてとてもリアルで、ある意味、とてもホラーな印象を受けました。お化けは出ないんですけど、全体的に群青色で薄暗いし、なんだか怖いです

でも、さとるの本心は「今の現状」から逃げ出したいんですよね。その気持ちを表現している場面が、何度も出てくる鉄男とのベッドシーンなのかな、と思います。それは、誰かに守られたいという安心感を求めてのことなのかな?と思うのですが、物静かなさとるがこの時ばかりは別人のように積極的な印象を受けました。そのシーンでいつもさとるが自分の手の爪を噛んでいるのですが、大人になってまで爪を噛む癖があるっていうのは、癖っていうよりチックに近いのかな?と思います。さとるの不安定な心境をよく表してると思います。

後半、あんなに鉄のように強い人だと思われていたさとるの母親が、鉄男の前で心の内を語るシーンが出てきます。本当は、さとるに自立してもらいたいと願っている母親。休み無くさとるのことを気に掛けなくてはならず、疲れた・・・私だって本当は休みたいのよ、と。なんだ、本当はしっかりした母親なのかも、とその時初めて母親のことを違う目で見ることが出来たんですが、鉄男はそれをどう感じたのでしょうか、その後なんと鉄男と母親が・・・・あんなことになってしまったりとか、さとるの家族の言い争いのシーン、謎となっていたさとるの父親も登場し、一気にバタバタと激しい展開が繰り広げられます。そのまま家族もろともダークサイドへ墜ちてしまうのかと思うような展開

でもね。色々あった後の、映画の一番最後のさとるのセリフに、私は鳥肌が立ちました。さとるにとって鉄男の存在がとても大きかったんですね。人との出会いって大事だなって思いました。人は人によってのみ変わっていけるのかもしれません。

ラストの方、「家族ってなんだろうね」という妹のセリフがあるのですが、とても深い意味に感じたのはきっとこの映画の修羅場を見終えたからですね。家族のあり方、親と子の関係、いろんな深いテーマが折り込まれている、心に残る作品でした。主人公の「さとる」という名前、女の子の名前にしては珍しいなと思ったのですが、もしかしたら親の気持ちを悟って行動してしまうの「さとる」と引っかけてのネーミングだったのかなとちょっと思いました。

本上まなみはこれが映画初主演なんだそうですが、「さとる」のイメージにぴったりで、観ていて全く違和感がなかったです。それだけなりきっていたということなんでしょうね。玉木宏は、撮影当時の年齢が22歳で、大学生の鉄男とちょうど同じ年代だったこともあり、その年頃の青年を等身大でとても自然に演じていたように思います。玉木宏ファンとしては、シャワーシーンで玉木宏のおケツが映ってたことにちょっと衝撃を憶えました

原作が山本文緒なのですが、山本文緒さんの本は実は今まで読んだことが無かったで、これを気にいろんな作品を読んでみたいなと思います。


気になる原作本はこちらです。
群青の夜の羽毛布 (文春文庫)
群青の夜の羽毛布 (文春文庫)山本 文緒

文藝春秋 2006-05
売り上げランキング : 621206


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



機会があれば是非ご覧になってみて下さいね。



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 映画・ドラマ・アニメの紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

『しましまのティーシャツをきてみたら』 /土屋 富士夫

2011/07/13
今日は、ハリソン・フォードの誕生日なんだそうです(1942年7月13日生まれ)。ハリソン・フォードといえば、個人的にはインディ・ジョーンズのイメージが強いですね~。

ということで今回は、思いがけず冒険しちゃう、こんな絵本をご紹介します。

しましまのティーシャツをきてみたら… (わたしのえほん)
しましまのティーシャツをきてみたら… (わたしのえほん)土屋 富士夫

PHP研究所 2009-07-01
売り上げランキング : 59168

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
わんぱくだんの たからじま こうしてぼくは海賊になった (児童図書館・絵本の部屋) かいぞくは パンツが だいすき (講談社の翻訳絵本) ひろみち&たにぞうの運動会だよ、ドンといってみよう! かいぞく ゴックン (ポプラせかいの絵本)


ひでくんが、新しいTシャツを着てみたら、船長になってしまった!というお話です。なんでも、赤いしましまのTシャツは、船長の印なんだとか(笑)しかも、ひでくん、結構ノリが良い!自分が8人の海賊を率いる海賊船の船長になったことを知ると、「宝島めざして出発!」なんて言っちゃって、笑えます。

男の子だったら、「海賊」「船」「宝島」なんて、ワクワクドキドキのキーワードですよね。ちょっとしたピンチの場面があったりして、楽しい展開になっています。赤いしましまのTシャツはもしかして、冒険へのチケットなんでしょうか。ラストのページ、またなにか起こりそうな予感です。

土屋さんの絵本は、発想が豊かで楽しいですね!元気な男の子に是非読んで欲しい一冊です。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


09:00 ・ユニークな展開の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ハキちゃんの「はっぴょうします」』 /薫くみこ

2011/07/11
虫めがねって面白いよね

ハキちゃんの「はっぴょうします」 (おはなしドロップ)
ハキちゃんの「はっぴょうします」 (おはなしドロップ)薫 くみこ つちだ のぶこ

佼成出版社 2006-03
売り上げランキング : 505265

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
しっぱいにかんぱい! ふりかけの神さま (おはなしドロップシリーズ) バスをおりたら… (絵本のおもちゃばこ) ひ・み・つ (たばたせいいちの絵本) はじめてのキャンプ (福音館創作童話シリーズ)


タイトルから、「何を発表するの?」と思っていました。ハキちゃんのクラスでは、毎朝、みんなに教えてあげたいことを発表する「朝の発表」という時間があったんですね。みんなに「おおおっ!」と言われるようなものを発表したいハキちゃん。さてさて、ハキちゃんが発表したものはなんと!?

ハキちゃんにとって、今回キーパーソン的な存在、よねだくんは、実は、博士だったんですね。よねだくんの子供らしい発想に、笑ったり感心したり。昆虫や生き物、恐竜も大好きな息子は、ニヤニヤ笑いながら読んでいました。実は、我が家では、よねだくんちと同じで、何度かカナヘビを飼ったことがあるのですが、カナヘビが出てくる絵本や児童書って今まで出会ったことが無くて、これを見つけた時、とても嬉しかったです。

つちだのぶこさんの絵が、楽しいクラスメイトの様子を見事に表現していて、とても楽しくて良かったと思います。うちも今度、虫めがねでカナヘノサウルスに出会いたいと思います(笑)



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

09:00 ・ユニークな展開の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『帰ってこない動物たち』 /黒川光広

2011/07/09
今回は、ちょっと深刻な話題の絵本をご紹介します。

帰ってこない動物たち―人間が絶滅させた動物たちの記録 (ポプラ社の絵本図鑑)
帰ってこない動物たち―人間が絶滅させた動物たちの記録 (ポプラ社の絵本図鑑)黒川 光広

ポプラ社 1994-05
売り上げランキング : 647279

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


黒川さんが、恐竜以外の絵を手掛けている、珍しい?絵本です。この絵本のサブタイトル「人間が絶滅させた動物たちの記録」でわかるように、人間によって絶滅に追い込まれてしまった、二度と帰ってこない動物たちがこの絵本にびっしり描かれています。絶滅した動物だけで絵本が作れてしまうことに、正直ショックを受けました。

食用のため、ゲームのため、穀物を入れる革袋にするため、毛皮目当てに、とか、立派な角を目当てになどという理由で、人間によって絶滅に追い込まれた動物たち。中には、灯台守の飼い猫1匹に襲われ、絶滅した鳥などもいたりして、驚かされました。この飼い猫だって、人間が連れ込んだから鳥を襲ったわけで・・・

息子はこういった大昔の生き物が大好きで、その類の絵本を読んだり、そういうテレビ番組があれば積極的に観たりしているのですが、いつも言うんです。「人間さえいなければ良かったのに!」と。

世界中にはいろんな生き物がいますが、その存在を認めて、共存して生きていこうとしない生き物は、おそらく人間しかいないんじゃないかと思います。この絵本を読んでさらにそう感じました。いろんなことを考えさせらる、奥の深い一冊だと思います。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・く【黒川みつひろ】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『狂言えほん4 かみなり』 /内田麟太郎

2011/07/07
今日は、七夕ですね~。ということで(?)、お空の世界に関係する、こんなお話をご紹介します。

かみなり (狂言えほん)
かみなり (狂言えほん)内田 麟太郎 よしなが こうたく

ポプラ社 2008-12
売り上げランキング : 497803

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
かきやまぶし (狂言えほん) かたつむり (狂言えほん) ぶす (狂言えほん) うそなき (狂言えほん) ようかいガマとの―おエドでうちゅうじん


「狂言えほん」シリーズ、4作目になります。息子の好きな、よしながこうたくさんが絵を担当されています。

この絵本は、日本の伝統芸能である狂言の演目「神鳴(かみなり)」を楽しくアレンジしたものとのことで、狂言にあまり親しみがない人でも、楽しく読めるようになっています。

正直、イラストのインパクトが強すぎる感もありますが(笑)、内容的にもとても楽しく読み進めることができました。息子も、自分からこの絵本を手に取り、読み終えた後、「これ、おもしろいよ!」と満足そうでした。内容的に、男の子にはウケが良いのでは?と思います。この絵本のおかげで、狂言って楽しいものなんだという印象を持ちました。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:00 ・う【内田麟太郎】 | コメント(0) | トラックバック(0)

映画 『恋愛小説』

2011/07/05
今日は、最近観た映画を紹介します。


もう誰も愛さない

だって、僕は死神だから



恋愛小説 [DVD]
恋愛小説 [DVD]金城一紀

ハピネット 2006-04-28
売り上げランキング : 12470


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(ストーリー)
法学部4年生の宏行(池内博之)は、学校の帰りの都電の中で、同じ大学に通う聡史(玉木宏)から声をかけられる。そこで彼から奇妙な依頼を受けることになる。彼の遺言書作りを依頼されたのだ。だが、22歳の若さで何故?

たった独りで豪邸に住む聡史は、人との関わりを避けた生活を送っていた。聡史は自らを“死神”と呼んだ。彼と親しくした人間は必ずこの世を去ってしまうというのだ。

理由を尋ねる宏行に、聡史はその訳を語り始める。
それは、親しくなった誰かを失うことを恐れ、人を愛したいのに愛することができない聡史が、思いがけず恋に落ちてしまい、たった一度だけ経験したあまりにも悲しい恋愛の顛末だった・・・。

----------
2004年6月19日公開。
もともとは、2004年3月14日にWOWOWで放送されたドラマWの1周年記念として制作された作品。放映後、好評だったため、劇場公開された作品。
原作は、直木賞作家・金城一紀の「対話篇」に収録されている中編小説「恋愛小説」。


(主なキャスト)

久保聡史・・・・玉木宏(少年時代・・・神木隆之介)
澤井瑞樹・・・・小西真奈美
武井宏行・・・・池内博之
大垣美和・・・・平山あや
青田浩介・・・・弓削智久
鈴木真美・・・・真木よう子
酒井学・・・・松澤一之
酒井浩司・・・・渡辺憲吉
遠山千夏・・・・奥貫薫
久保裕也・・・・塩見三省



-----------

またまた、玉木宏主演の映画になります。もともとは、WOWOWで放送されたドラマのようですが、好評につき、劇場公開されることになったという作品です。

とにかく、聡史役のイメージに玉木宏がぴったりと合い過ぎていて、ビックリしました。後から知ったのですが、映画公開時の玉木宏のインタビューによると、この台本を読んでみて、「聡史」という男に感情移入してしまい、聡史という役をどうしても演じてみたいという気持ちになったとのこと。ここまで役をやりたいと思ったのは初めてに近い気持ちだったそう。それだけ、今まで以上に思い入れがあって演じていたからでしょうか、聡史の気持ちがちょっとした表情や動きでしっかり表現されていて、玉木宏の演技が本当に素晴らしかったです。

ただ、聡史という役が人を避けて孤独に生きているという設定なもんで、髪型にしても服装にしてもちょっと地味な感じになっています(それでも基が良いのでカッコイイのですが)。宏行が自宅に来ている時に、「レコードでもかける?」というシーンがあるのですが、今時、レコード!?みたいな(笑)でもその時にレコードから流れた曲がクラシックで、しかも「のだめカンタービレ」で玉木宏演じる千秋が指揮したことのある曲で、一瞬、反応してしまいました(笑)なんの曲かは、観てからのお楽しみということで

彼女は突然、僕の人生に飛び込んできたんだ

ある日、大学の構内にて、初めて階段を踏み外してしまった瑞樹。階段から飛び降りるみたいに落下してきた瑞樹を、階段の下にいて偶然にも抱き留めたのが聡史だったのですが、その時、たまたま聡史のノートを見た瑞樹は、「よくまとまってるから」という理由で、ノートを借りてしまうわけです。これが聡史と瑞樹の出会いだったわけですが、とてもさばさばしていて明るい、ポジティブな性格の子なんですね。この瑞樹のキャラクターを、小西真奈美がとても自然な演技で演じていて、とても好感が持てました。

親しくなれば、今までのように彼女もまた自分の前から消えてしまうかも知れない。そう考える聡史は、瑞樹を避け、会わないようにしていたのですが、瑞樹の方から聡史の自宅へ会いに来ちゃうんですよね。「なんで会ってくれないの」と聞く瑞樹に聡史は、「別に君のこと好きじゃないから」と拒絶してしまいます。聡史の気持ちを聞いた瑞樹は、「安心して。もう来ないし。電話もしないから。」と言い残し、帰っていくのですが・・・

頭はダメだって言っていた
会っちゃダメだって言っていた
1人で生きていけるって言っていた


思わず、遠くなっていく瑞樹の後ろ姿を走って追いかけてしまった聡史。ここで聡史のこのセリフが流れるのですが、聡史の止められない想いをよく表しているなって思います。その時、聡史は初めて自分の運命に逆らってしまうことになるわけです。

このことがきっかけで、本格的に付き合うようになる2人。聡史は瑞樹に自分の数奇な運命のことも話したようですが、瑞樹は全く怯むことはありません。ネガティブな聡史に大して、ポジティブな瑞樹の言動がすっごく良いです。

「私、運命のことはわからないけど、奇跡は信じるの」
「私は違うから。私は恐怖の一歩を踏み出せる女だから。」
「こうやって1つ1つ勝っていこうね。2人で力を合わせてさ。」


聡史の運命を知りながら、それを受け入れ打ち勝とうと、愛を捧げ続けた瑞樹の姿にとても感動させられました。

聡史が、宏行に自分の過去を話すにあたり、必然的に子どもの頃のシーンが出てくるのですが、聡史の子供時代の役を、神木隆之介(当時11歳)が演じています。あれ?見たことあるような?と思ったら、神木隆之介で、びっくりしました。それにしても、子どもの頃の話がとても恐ろしいというか、悲しいというか、不幸の固まりみたいな話で、観ていてとても辛い話でした。聡史が自分を「死神」と呼んでしまう気持ちもわかるような・・・。

後半は、聡史と瑞樹の悲しい恋愛の顛末が待ちかまえています。涙無しでは決して観られません 聡史が22歳の若さで遺言書を作ろうと思った理由、聡史の遺言書作りを手伝い、聡史と関わってしまった宏行の身は大丈夫なのか?その辺も後半の見どころとなってきます。 そしてそして、聡史はあるメッセージを見つけるのですが・・・

予告編を観たことがあったので、かなり期待して本編を観たのですが、決して期待を裏切らない内容でした。原作は、直木賞作家の金城一紀さんですが、私、この映画を観るまで金城一紀という作家を知りませんでした。是非、原作も読んでみたいと思いますし、その他の作品も読んでみたいなと思います。

私の気になる原作はこちら。
対話篇
対話篇金城 一紀

新潮社 2007-07
売り上げランキング : 277157


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この作品、機会があれば是非ご覧下さい


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 映画・ドラマ・アニメの紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

『わすれられないおくりもの』 /スーザン・バーレイ

2011/07/03
前回の記事で、「ストーリーと絵がすごくピッタリな絵本に出会うと、ものすごく感動するんですよね~。」と書かせてもらいましたが、今回は、私がまさに「ストーリーと絵がピッタリな絵本」だと思う一冊をご紹介します。我が家の蔵書です

わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)
わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)スーザン・バーレイ

評論社 1986-10
売り上げランキング : 1889

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋) 100万回生きたねこ (講談社の創作絵本) だいじょうぶ だいじょうぶ (講談社の創作絵本) アナグマのもちよりパーティ (児童図書館・絵本の部屋) だいじょうぶだよ、ゾウさん


実はこのお話は、私自身は全く知らなくて、偶然、子どもの宿題プリントに題材として取り上げられていたので知りました。小3の国語の教科書(三省堂)に掲載されているようです。

賢くて、いつもみんなに頼りにされていて、物知りなアナグマ。けれど歳をとっていたので、自分の死が近いことも知っていたんですね。やがて、アナグマは家でひっそりと死を迎えます。

アナグマの死を知り、悲しみに暮れるアナグマの友達。その友達が、悲しみながらも次第にアナグマの死を受け入れていく姿には、激しく共感や感動をおぼえました。

誰しもいつかは大切な人との別れを経験するもの。この絵本では、死んで行く者と残された者の両方の思いがぎっしりつまっています。けれど、なぜでしょう?アナグマが死んでしまって悲しいお話のはずなのに、なぜだか読んでいるうちに心が穏やかになってくる自分がいました。

みんなが語るアナグマの思い出が、残されたみんなの気持ちと一緒に、読者の気持ちも癒してくれるんですよね。アナグマが残してくれた「わすれられないおくりもの」を、私も感じることが出来たように思います。

この絵本では、死の描写を、「長いトンネルの向こうに行く」と書いています。「生と死」は繋がっているんだよということを上手く表現しているなと思います。

この絵本、図書館から借りてきたのですが、息子も自分から手に取り何度も読んでいました。普段、笑えるストーリーを好んでいる息子ですが、感想を聞いてみると、「何度読んでも、じーんとくるねえ。」とのこと。まだ身近な人の死を経験していない息子にとっては、まだピンと来ない部分が多いようですが、たくさんの思い出が心を癒してくれることを知って欲しいな、と思います。

死に正面から向き合った素敵な絵本です。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


09:00 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『灰かぶり』 /グリム

2011/07/01
シンデレラ!

灰かぶり (絵本・グリム童話)
灰かぶり (絵本・グリム童話)矢川 澄子 宇野 亜喜良

教育画劇 2001-08
売り上げランキング : 879226

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「灰かぶり」とは、「シンデレラ」のことなんですね。子どもの時に読んだ「シンデレラ」のお話の記憶がうっすらとある中でこれを読んだのですが、大まかなストーリーは一緒なのですが、細部は微妙に違っていたりして、新鮮な気持ちで読むことが出来ました。

お城に残された靴を頼りに、王子さまが花嫁を捜すシーンは衝撃的でした。まま姉さん達が、つま先を切り落としたり、かかとを削ったりなんだか子供向けでは無いような気がします。子どもの頃に読んだ、夜中の12時にお城から家に帰るストーリーの方の「シンデレラ」を読んで、読み比べてみたいです。


それにしても、なんだかこの独特の絵の雰囲気、どこかで見たことがある・・・・・・と思い、ふと息子の本棚を見たところ、あった!ありました!!

よみきかせおはなし絵本〈1〉むかしばなし・名作20
よみきかせおはなし絵本〈1〉むかしばなし・名作20千葉 幹夫

成美堂出版 2002-08
売り上げランキング : 144972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


我が家には、このシリーズが買い揃えてあるのですが、この本の中のお話「にんぎょひめ」の絵がまさに宇野 亜喜良さんの絵だったんですね。この本、子どもが小さい頃以来、数年間開いてなかったのですが、それなのに私の脳裏の片隅に記憶に残るぐらいのインパクトがあったようです。


絵本って読んで字の如く、「その主たる内容が絵で描かれている書籍のこと(wikiより)」ですから、絵の持つインパクトってすごく重要ですよね。宇野 亜喜良さんの絵に出会ってから、そういうことをすごく感じるようになりました。だから、ストーリーと絵がすごくピッタリな絵本に出会うと、ものすごく感動するんですよね~。

そんな素敵な絵本に出会うため、私はこれからも絵本を読み続けることでしょう(笑)



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


09:00 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |