05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

『ぼく、ムシになっちゃった』 /ローレンス・デイヴィッド

2011/06/29
『変身』という映画を観ましたんで、変身に関係する絵本を紹介します実は、隠れたメッセージが含まれている?絵本です。

ぼく、ムシになっちゃった (世界の絵本コレクション)
ぼく、ムシになっちゃった (世界の絵本コレクション)ローレンス デイヴィッド デルフィーン デュラーンド

小峰書店 2002-07
売り上げランキング : 69865

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ある朝、目を覚ますとでかいムシになっていた男の子、グレゴリーのお話なぜか家族の誰も気付きません。学校のみんなも先生も気付きません。唯一、気付いてくれたのが親友のマイケルでした。

突然ムシになってしまったことに驚き戸惑いつつも、ムシの体でなければ出来ないこと(例えば、触角をつかってボールを投げたり、手足を使ってかけ算の計算をしたり)をする姿には、思わず笑ってしまいました。

でも、本当の自分に気付いてもらえないなんて、すごく辛いことですよね。グレゴリーがムシになったことに全く気付かない家族。つまりそれは、忙しさにかまけて子どものことをしっかり見ていない親に対する皮肉がたっぷり含まれているように感じました。

結局グレゴリーの家族は、夕飯になっても部屋から出てこないグレゴリーの様子を不審に思い、ようやく本当のグレゴリーの姿に気付くことが出来るのです。

本当に、子どものことを見ていますか? 本当に子どもの気持ちをわかっていますか?

そういう隠れたメッセージを投げかけられているようで、後半は少し考えさせられました。きっと親友のマイケルは、しっかりグレゴリーと向き合っていたから本当の姿を最初から見ることが出来たんでしょうね。

子どもとしっかり向き合っていこう!そう思える一冊です。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


09:00 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『変身』 /東野圭吾

2011/06/27
先日、映画『変身』を観た流れで、原作本であるこちらの本を読んでみました。

変身 (講談社文庫)
変身 (講談社文庫)東野 圭吾

講談社 1994-06-06
売り上げランキング : 19295

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
分身 (集英社文庫) 宿命 (講談社文庫) パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫) 放課後 (講談社文庫) 時生 (講談社文庫)


(ストーリー)
平凡な青年・成瀬純一をある日突然、不慮の事故が襲った。そして彼の頭に世界初の脳移植手術が行われた。それまで画家を夢見て、優しい恋人を愛していた純一は、手術後徐々に性格が変わっていくのを、自分ではどうしようもない。自己崩壊の恐怖に駆られた純一は自分に移植された脳の持ち主(ドナー)の正体を突き止める。

(本の解説より転記しました)

大まかなストーリーの流れは、映画『変身』とほぼ同じなのですが、映画ではかなり細かい場面が端折られていたり変更されています。原作では細かい心理描写が描かれていて、やっぱりこの作品は映画より原作の方が良いな、という印象を受けました。映画では、展開が早すぎた感がありますね。映画では丁寧に表現されていなくてなかなか気付けなかった部分を原作を読んでやっと理解できたかな、という感じです。

ただ、原作の方が映画よりかなりグロいです。正直、そこまでやってしまう純一にかなり衝撃を受けました。映画の方ではきれいにまとめた感がありましたが、原作ではまさに別人に「変身」していく成瀬純一を感じることが出来ます。

個人的には、この作品に限っては、先に原作を読めば良かった~と、先に映画を観てしまったことを後悔しています。映画を観て、大体のストーリーを把握してしまっていたので、原作を読んだ時のワクワク感がかなり半減してしまいました。今までも映画を観た後に原作を読む、ということはよくしていたのですが、この作品に限っては、なんといいますか、映画と原作の完成度が違いすぎたような気がします。原作の良さを映像として表現することの難しさをこの作品で感じられました。

この作品、映画も原作もまだ観てない、読んでないという方は、是非原作から読んでみることをお勧めします。



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 ・ひ【東野圭吾】 | コメント(0) | トラックバック(0)

映画 『変身』

2011/06/25
今日は、最近観た映画を紹介します。


全てを賭けて愛してくれる愛しい彼女を、殺そうとしたことがありますか?

変身 [DVD]
変身 [DVD]東野圭吾

アミューズソフトエンタテインメント 2009-01-28
売り上げランキング : 51460


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(ストーリー)
ある病院の研究室で長い昏睡から目を覚ました青年・成瀬純一(玉木宏)は、自分がなぜ病院にいるのか覚えていない。

工場で働く成瀬純一は、毎週金曜日に画材店に通っていた。その店で働く恵(蒼井優)の優しい笑顔を見るためだ。ある日、純一は勇気を出して、湖のある森に恵を誘う。それまで風景画しか描かなかった純一は、その日から恵の肖像画を描きはじめ、2人は急速に親しくなっていく。

恵との幸せな日々を病院のベッドの中で少しずつ思い出していく純一は、ある夜、急にコーヒーが飲みたくなり、自販機を探して人のいない院内を歩き回る。偶然、解析室を見つけた純一は中へ入り、低温保存庫の中に人間の脳と思われる標本を2つ発見する。そのひとつには「JN」と記されていた。純一のイニシャルだ。

脳の標本を見つけたことをきっかけに、純一は、それまで詳しい説明を避けていた担当医師の堂元(北村和夫)に手術の詳細を問いただし、自分が施されたのは世界初の脳移植手術であり、損傷を受けた部分に他人の脳片を移植されたことを聞かされる。

退院の日も近くなり、やっと面会を許された恵が訪ねてきてくれる。退院し、手術は成功したように思われたが、純一はだんだんと違和感を覚えはじめる。食べ物の好み、画風、性格、恵への想い・・・病院を退院後、違和感は徐々に大きくなり、次第に純一は変貌していく・・・。

--------

2005年11月19日公開。佐野智樹の監督デビュー作品。原作は、東野圭吾の小説『変身』。
脳移植によって他人に人格を支配される青年の苦悩と、彼をひたむきに愛する恋人の絆を描くラブ・ストーリー。


(主なキャスト)
成瀬純一 ・・・・ 玉木宏
葉村恵 ・・・・ 蒼井優
橘直子 ・・・・ 佐田真由美
若生健一 ・・・・ 山下徹大
京極瞬介 ・・・・ 松田悟志
京極亮子 ・・・・ 釈由美子
堂元英隆 ・・・・ 北村和夫

 
-----------

玉木宏が出演している作品ってことで観てみました。原作が東野圭吾の小説だったので、かなり期待して観たのですが、全体的に淡々とストーリーが流れてしまっている印象を受けました。

ストーリー的には、他人の脳に自分の脳が乗っ取られてしまうという奇抜な発想、一体どうなってしまうんだろう?という興味から最後まで映画は観ましたが、なんだろう・・・純一が、どんどん自分が変わってきてコントロールできずに苦悩している心理描写のシーンが足りなかったのか、なかなか感情移入して映画を観るというところまで到達できなかったのが残念でした。

純一の恋人・恵も、純一への一途な純真な愛を表現しているんだろうけれど、なんだか純一の気持ちを無視しているかのような言動が多かったりして、こちらもなかなか感情移入できない感じでした。

決して、玉木宏や蒼井優の演技が下手だってことじゃないんですよ。随所で、気持ちの伝わる演技ももちろんビシバシあったし、そのシーンの時だけピンポイントで感情移入できるって感じですね。決して、キャスティングが悪かったわけではないと思うんです。なんだろう・・・もうちょっと細かい描写(特に心理描写)があれば良かったのかな、と思います。

いろいろ調べてみたら、映画では原作のエピソードの一部がなくなっていたり、ストーリーも原作とは少し変えてあったりしているようです。いろんな方のレビューを読んでみても、原作を知っている方は、映画を観てすごいがっかりしてるみたいですねだから、この作品に限っては、原作の方がダントツ良いストーリーのようです。

とはいえ、映画のラスト数分は、涙させられました玉木宏と蒼井優の演技力が一番発揮されていました。

この小説『変身』は、以前にも何度か映画化の話があったようですが、全て流れているとのこと。監督は、この作品が初めての監督作品のようですが、いきなり難しい作品を手掛けてしまったという感じでしょうか。ということで、すごく原作が気になる!!是非、近いうちに原作を読んでみようと思っています。


私がすぐにでも読みたいこの作品の原作はこちら。
変身 (講談社文庫)
変身 (講談社文庫)東野 圭吾

講談社 1994-06-06
売り上げランキング : 3663


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



機会があれば是非、観てみて下さいね^^



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)






09:00 映画・ドラマ・アニメの紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

我が家の風物詩

2011/06/23
ずっと更新していなかったこのカテゴリー、いい加減に更新することにします(笑)

我が家では、生き物好きな息子の影響で、ベランダでいろんな生き物を飼っています。
この季節、飼っているのはヤゴ。トンボの幼虫です。

例年は、小学校のプール開きの前にヤゴ取りの日があって、そこでヤゴを捕まえてきて育てていたのですが、今年はプールの工事があった関係でヤゴが育たなかったらしく、息子はかなりショック

しかし、近所の公園の池へ遊びに出掛けたところ、偶然にもヤゴをたくさんゲット!息子のご機嫌は急上昇ということで、近頃、我が家のベランダからヤゴがトンボへと姿を変えて巣立っていく機会が増えてきました。

ケースにフタをしていないので、朝、チェックした時にはすでに飛び立った後で、抜け殻だけが木の棒に引っ付いてるってことが多いのですが、羽化する時間が遅れたやつを撮影することが出来たので、写真をUPしたいと思います。

まずは、オオアオイトトンボのヤゴ。羽化の時期が近づき、夕方、木の棒に登ってきたところ。残念ながら、このヤゴは翌朝、すでに飛び立っていて、トンボになった姿は見られませんでした(2011.6.10撮影)
201106-yago.jpg

上記の写真の5日後の朝、偶然にも同じ種類のオオアオイトトンボが羽化し、木の棒に止まっていたので、トンボになった姿を見ることが出来ました~。これは、羽化してから数時間後、お昼頃に撮った写真。いつの間にか、羽化した棒から姿が見えなくなったので、巣立っていったのね~と思っていたら、なぜか家の中のカーテンにくっついてましたベランダから出入りしてる間に、紛れて入ってきた?

羽化直後は白っぽいのですが、時間が経つとこんな風に色が出てきてキレイになります。光っているのが見えますか?実は、オオアオイトトンボのヤゴを捕まえたのは今年が初めてで、こうして羽化したてのピカピカの姿を見たのは初めてで、息子と二人で感動しました。もちろん、撮影後、逃がしてやりました。(2011.6.15撮影)
201106-yago2.jpg

これは、ナツアカネかな?朝起きたら、こんな風に体を乾かしてました。抜け殻も一緒に撮影できました。放っておいたらお昼頃まで棒に止まっていたので、息子が下校してくるまでいるつもりかな?と思ったのですが、私が洗濯物を干しにベランダへ出たら、ビックリして巣立っていきましたとさ。(2011.6.16撮影)
201106-yago3.jpg

夜9時過ぎ、何となくヤゴをチェックすると、ちょうど抜け殻から出てくるシーンに遭遇しました。これは、抜け殻から出てきて3分後ぐらいの写真。セミの羽化と同じように、イナバウアーのように反り返ってから腹筋(?)で起きあがり、この状態になります。翌朝チェックした時には、すでに飛びだった後で、トンボの種類は特定できず。(2011.6.19撮影)
201106-yago4.jpg

ベランダのケースには、まだ20匹近いヤゴが・・・しばらくは、毎朝のヤゴ・チェックが続きそうです。それから、この他にも、オタマジャクシも飼っていて、毎週のようにカエルになったものを捕まえてきた池へ放しに行っています。我が家から巣立っていったカエルは、これまでに49匹 トンボの羽化とオタマジャクシのカエル化は、もはや我が家の初夏の風物詩ですな ちなみに、春先はカマキリの羽化というイベントもありますが(笑)こちらの写真は、また後日、記事にしてUPしますね。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


09:00 いろいろ観察記録 | コメント(2) | トラックバック(0)

『MW(ムウ)』 /手塚治虫

2011/06/21
今回読んだのはこちらになります!

手塚 治虫漫画全集 MW ムウ 全3巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]
手塚 治虫漫画全集 MW ムウ 全3巻完結 [マーケットプレイス コミックセット] [?] by [−] by

売り上げランキング : 452859


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(第一巻・解説)
銀行員として働く結城美知夫には、裏の顔があった。飽くことなく罪を重ね続け、複雑な関係にある、賀来神父のもとへ懺悔にゆく別の姿が!秘密毒ガス兵器”MW”を軸に、現代の科学万能主義にメスを入れる問題作

(第二巻・解説)
誘拐魔として世間を脅かしながら”MW”へ着実に近づいてゆく結城。だが、その間に法の手は彼に迫っていた!犯人を結城とにらんだ検察庁は、賀来神父に協力を求め、密告を勧める。はたして、賀来の運命の選択は!? 

(第三巻・解説)
”MW”によって非情な人生を歩んできた結城は、ついに中田英覚の娘婿となり、次なる標的ミンチ中将に接近してゆく。はたして、結城の抱く野望は実現するのか!?現代社会に警告を発する問題作、堂々の完結編

「MW」は、「ビッグコミック」(小学館)で1976年9月 ~ 1978年1月に連載された作品。「同性愛」と「猟奇殺人」を題材として扱う、手塚治虫の数多い作品の中でも異彩な作品。

-*-*--*-*-*-*-*-*-

映画「MW」(ブログ記事はこちら)を見た影響で、原作を読んでみました。
MW(ムウ) (1) (小学館文庫)MW(ムウ) (2) (小学館文庫)
本当は、上記の文庫本を読むつもりで探してみたのですが、うちの地域の図書館にはコミック版しか無いみたいなので、コミックでもいっかな、ぐらいの軽い気持ちで読み始めたのですが、読み始めてすぐ、「これはヤバイ!!」と思いました。初っ端から過激すぎます。でも、それ故に、結城美知夫のクレイジーな怖さが印象づけられ、次は何をやらかすんだろう?とついつい引き込まれてしまいました。

それと、映画では描かれなかった結城と賀来神父の同性愛の描写も初っ端から出てきます。っていうか、コミック全3巻を通して、相手の性別を問わず、これでもか!っていうぐらいそういうシーンが出てきます。それ故に、神父である賀来の苦悩ぶりと、手段を選ばない結城の残酷さが際立ってもいるのですが、これを実際に映像化してしまうとなると、たぶんインパクトが強すぎてストーリーそのものが色褪せてしまう可能性があるので、あえて映画ではそういう部分を臭わせつつも映像としては封印したのかなと納得しました。

映画のストーリーと違う点としては、コミックでは結城は梨園の家庭に生まれており、関西歌舞伎の河本玉之丞という兄がいることになっています。顔立ちがとてもきれいで、女形なんですね。結城美知夫は、そういう血筋を引いているせいか、女装もとても得意なのです(映画では、玉木宏が女装するシーンは出てきません)。

自分が殺害した女性の服を身にまとい、女性の髪型にそっくりなカツラを被り、声まで真似ることができるんです。まるでルパン三世のよう。こういう女装も、同性愛者だからこそしっくりできる、という設定なのかもしれません。そしてこの兄と結城は、双子かと思うぐらい容姿が似ているのです。後半、その辺がキーポイントになってきます。

映画とコミックでは、それぞれが違った迫力・恐怖・面白さがあり、それぞれ甲乙つけがたいですね。原作を読む限り、映画版は原作を裏切らない仕上がりになっており、原作もまた、映画版に引けを取らない面白さがたくさん詰まっています。どちらも期待を裏切らない作品だということが解りました。

原作を読む限り、結城美知夫はとても整った顔で、少し中性的な雰囲気もあるので、実写にするなら確かに玉木宏に白羽の矢が立ってもおかしくないなって思います。私はまだ観てませんが、映画「大奥」の時の女性にも引けを取らないスゴイ色気を出せる玉木宏なら、結城のような女形の姿もありえると思いますし、ナイス・キャスティングだったのではないでしょうか。

賀来神父は、原作のキャラと山田孝之を見比べるに、共通している部分は、太い眉毛?(笑)顔の作りが濃い感じの雰囲気は、とても似てるかなと思います。映画では、結城と賀来は、同じぐらいの歳の設定でしたが、原作だと賀来神父の方が結城より10歳ぐらい年上の設定になってます。まだ子どもの結城を賀来が助ける、みたいな。なので、原作のキャラクターでイメージすると、山田孝之はちょっと若いなと思いますが、これが結城と同じ年代だとすれば、このキャスティングも納得です。

コミックでは、最後の最後に本当にビックリさせられる展開が待っています。映画をご覧になった方も、是非原作を読んでみることをお勧めします。期待を裏切らない展開ですよ



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 ●漫画・コミック | コメント(0) | トラックバック(0)

「オバア」って何?

2011/06/19
久しぶりに、「笑った話」のカテゴリーの更新です。

数日前のこと。息子と一緒にお風呂に入っていると、ふとこんな質問をされました。

「ねえ、『おばあ』って知ってる?」

おばあ?オバア? 何?なんだろう、おばあって。
おばあさん、のこと?とはすぐに思ったのですが、そんな簡単な答えの質問を
してくるはずはない、きっと何か裏があるのでは?と考えた私。

考えて考えて、考え抜いて出した答えがコレ。

「宇宙生命体 オバア」

自信たっぷりに答えてやったのですが、その答えを聞いた息子、「な、何それ~!?」と大笑い。
やっぱりハズレだったのね、と息子と二人、お風呂場で大爆笑したのでした(笑)

そして、気になる正解は?といえば、ディズニーキャラクター、スティッチ 沖縄シリーズに出てくる
オバアだったそうで。(参考映像はこちら
スティッチのアニメなんて見てないし。しるか、オバアなんて。
ざっくりしたカテゴリーで言えば、宇宙生命体っていうのもあながちハズレでもないような(笑)

その後の数日間は、オバアの肩書きを考えては、2人で笑ったりしてました。
(科学忍者隊 オバア、電光超特急 オバア など)

意外と楽しいので、皆さんもやってみてはいかがでしょう?


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 笑った話 | コメント(0) | トラックバック(0)

そういえば!

2011/06/17
そういえば記事を書くのを忘れていましたが、去る2011年5月4日に、「任天堂こども囲碁大会」へ参加してきました。会場は、市ヶ谷にある日本棋院会館。参加人数が多いので、午前の部と午後の部に分けられているのですが、うちは午前の部に参加。

早めに着いたので、混まないうちに記念撮影。
2011nin-igo-1.jpg

うちの子が参加するクラスの会場は、2階にあるこちらのホール。時間的に早かったのか、ほとんどまだ来てません開始時間頃には、この静けさが嘘のように子ども達で埋まってました。(保護者の数も半端ない
2011nin-igo-2.jpg

子ども達が対局中に、6階(だったかな?)に移動し、特別対局室である「幽玄の間」が公開されているので見学してました。部屋の中をぐるりと歩いて見学できます。
2011nin-igo-3.jpg

川端康成が書いた掛軸「深奥幽玄」が掛かっています。
2011nin-igo-4.jpg

テレビ中継用のカメラ発見!
2011nin-igo-5.jpg

「幽玄の間」へ入る手前の場所に、記者室があります。
2011nin-igo-6.jpg

記者室の中。奥には、「幽玄の間」で繰り広げられる対局の中継を見られるようにテレビが置いてありました。「ヒカルの碁」にも出てくる部屋です。
2011nin-igo-7.jpg

約2時間の対局が終わり、子ども達のお楽しみ、任天堂3DSやWiiなどの賞品があたるかもしれない大抽選会の様子。うちの子は残念ながらハズレ、参加賞のトランプのみでした。
2011nin-igo-8.jpg

会場だった日本棋院会館です。「ヒカルの碁」で見ていたので、本物だ!っていう感じです(笑)これは、午前の部が終わって皆さんがお帰りになっているところです。
2011nin-igo-9.jpg

最寄り駅であるJR市ヶ谷駅の改札付近の床が碁盤に見立てられ、碁石が並んでいるのを息子が発見したので、思わずパチリ。
2011nin-igo-10.jpg


2時間の時間内にどんどん対局していって、勝ち数に応じて級位認定状がもらえるということだったのですが、うちの子は、3月で囲碁教室が終了して以来、全く囲碁をしていなかったのと、初めての大会参加でものすごく緊張しまくっていたこともあり、1勝しか出来ず、新たに認定状ゲットとはならず。まあ、1勝出来ただけでも良しとしよう!ってことで、2時間、1人でがんばって対局したことを褒めてやりました。本人は、「疲れた、早く家に帰りたい」「(抽選で)賞品、当たらなかった」とかなりテンションが低くなってました

認定状か3DSのどちらかでもゲットしてれば、テンションも上がり、次回も喜んで参加するんでしょうが、囲碁に対しての意欲がかなり落ちたみたいで、これを機に囲碁にもっと熱中して欲しいと期待していたのですが、今回はどうやら逆効果だったのかも知れません。。。実は、息子の参加したクラスでは、「先番6目半のコミ出し」というルールがあったのですが、そのことを息子は把握してなかったようで、もしかしたらそれをちゃんと適用していたら、僅差の対局だった場合、もしかしたら勝っていたかもという対局が何度かあったようで。大会のスタッフが周りにたくさんいたにも関わらず、そういうことをしっかり把握して審判してくれてるわけではなかったようで、ちょっと不公平感が漂っていたのが残念でした。なんのためにあんなにバイトみたいなスタッフがたくさんいたんだろうと思わずにはいられません

そうそう、早めに会場に着いたので会場内を結構うろうろしていたのですが、その時、白いスーツを着た女性の方と何度も遭遇したのですが、(あれ?なんだか見たことあるような・・・)とは思ったのですが、最後まで思い出せず、結局、家に帰って検索してみたら、なんと囲碁インストラクターの木下かおり先生だったようで テレビなどで囲碁の解説をしてるのを何度か見たことがあったんですよね。私のすぐ横を何度も通り過ぎたり、私の横でペットボトルのお茶飲んだりしてたんですよね、この先生。大抽選会の時に司会をやられていて、あれ?囲碁界では有名な人だったのかもなんて思った時には、すでに遅し。ああ、あんなに時間があったのに、何で1枚も一緒に写真を撮らなかったんだろうと後悔しちゃいました

来年は、参加できるかな~。息子の意欲次第です せっかく覚えた囲碁ですから、出来る限り子どもに続けさせてやろうと思っています。こういう大会へ参加するのも良い経験だと思いますので。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 囲碁関連 | コメント(0) | トラックバック(0)

映画 『恋愛寫眞』

2011/06/15
今日は、最近観た映画を紹介します。


死んだはずの彼女から、手紙が届いた。
消印は、ニューヨーク。


恋愛寫眞 [DVD]
恋愛寫眞 [DVD]緒川薫

松竹ホームビデオ 2007-01-27
売り上げランキング : 75026


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(ストーリー)
カメラマンの瀬川誠人(マコト)は、里中静流(シズル)と名乗っている。
・・・・・かつて、誠人には、静流という恋人がいた。これは、誠人と静流の物語だ。

ある日、カメラマンの誠人のもとに、別れた恋人・静流からエアメールが届く。
ニューヨークで死んだと言われていた彼女からなぜ手紙が?
3年前、2人は一緒に暮らしていた。誠人の影響で静流もカメラを持つようになった。
ふとした哀しいきっかけで別れてしまった2人だが、静流は、今でも忘れられないほど、誠人の心に印象を残していた。
誠人は彼女を探しにニューヨークへと旅立つ---。

広いニューヨーク。静流が送ってきた写真の中の風景だけを手掛かりに、誠人は歩き回る。
旅の途中、牧師のカシアス、静流の友達でダンサー志望のアヤに出会い、次第に静流の影に近づいていく。
しかし、行く手には、思いがけない真実が待っていた。
誠人と静流は再び会うことが出来るのか。誠人がかつて言えなかった言葉は、彼女に伝わるのだろうか・・・。

(以上、DVDの解説より抜粋しました)


-------------

2003年6月14日公開。正式名称は『恋愛寫眞 Collage of our Life』。
『ケイゾク/映画』『トリック-劇場版-』などで異彩を放つ堤幸彦監督が贈る、ピュアな初恋物語。


(主なキャスト)

里中静流 ・・・・ 広末涼子
瀬川誠人 ・・・・ 松田龍平
アヤ ・・・・ 小池栄子
カシアス ・・・・ ドミニク・マーカス
白浜 ・・・・ 山崎樹範
みゆき ・・・・ 西山繭子
関口 ・・・・ 高橋一生
キャンパスで殴られるモテ男 ・・・・ 原田篤
医師 ・・・・ 佐藤二郎
市山教授 ・・・・ 江藤漢斉
コインランドリーの女 ・・・・ 岡本麗
社長 ・・・・ 大杉漣


-------------

先月観た、映画『ただ、君を愛してる』(ブログ記事はこちら)の原作の基になった映画とのことなので、観てみました。(この映画を基に市川拓司が新たに本を書き下ろし、それを映画化したものが映画『ただ、君を愛してる』になります)

順番でいえば、こちらの作品を観てから『ただ、君を愛してる』を観れば良かったのかも、なんて思っていたのですが、登場人物の名前は同じでもストーリーは違っている部分も多く、別の映画を観ているような感覚で観させてもらいました。

『ただ、君を愛してる』の方を観てしまっているので、自然と作風の違いを比べつつ観ていたのですが、アナザー・ストーリーとしているだけあって、こちらはこちらのストーリー展開で十分楽しめる内容になっていて、よくまあ、同じ登場人物でこれだけアレンジして別作品を作れるもんだ!と感心してしまいました。

映画本編ですが、それは誠人がカメラのシャッターを切っているところから始まります。プロのカメラマンとなった誠人は、実名を伏せ、「里中静流」と名乗っていました。その理由はなぜなのか?今まで誰にも語ったことの無かったその理由を、誠人がアメリカ人の仕事関係者?に語って聞かせる内容で構成されています。なので、誠人(松田龍平)が英語で話す(といってもナレーション的な感じの)シーンが結構あるのですが、決して流暢とは言えない英語なもんで、聞き慣れるまでちょっと違和感がありました(日本語で字幕が出ます)。

大まかな展開は、『ただ、君を愛してる』と同じような感じになっていると思うのですが、なんていうかな、恋愛的要素はこちらの方が全然薄いですね。『ただ、君を~』の方で描いていなかった部分、例えば、誠人が静流の写真への嫉妬心を物に当たるなどで表現したりといったような、マイナスな感情表現がよりたくさん取り入れられていて、こちらの映画の方が登場人物の心情を細やかに描写している印象を受けました。なので、松田龍平が演じる「誠人」が、しっかりと映画の中のイメージに合っていたように思います。

広末涼子が演じる「里中静流」も、『ただ、君を~』での静流のイメージとは違っていて、大学の構内では、超有名人という設定なんです。恵比寿の高級マンションに住んでいるだとか、教授と不倫しているだとか、いろんな噂があるみたいで。なぜそういう噂が流れているのか?というところも映画の中で明かされてくるのですが、静流の隠されていたバックグラウンドを知ると、そこには物悲しい現実があったりするんです(病気、ではありません)。

『ただ、君を~』と大きく違うのは、誠人がニューヨークへ向かう前に、静流は死んだという噂を聞くところでしょうか。ところが、その死んだはずの静流から、NYで写真の個展を開くという手紙が届くわけです。誰が送ってきたのか?もしかして静流は生きている?抑えきれない想いを胸に、誠人は手紙と一緒に送られてきた写真1枚の場所を手掛かりに、1人でニューヨークへ向かうのです。

ニューヨークで出会う人達からの情報や手助けもあり、徐々に静流の辿った道筋が見えてくるわけですが・・・・この辺りの展開からがすごく興味深いというか、怖いというか、リアルな感じがあってドキドキさせられました。ニューヨークで静流とルームシェアしていた子がアヤ(小池栄子)なんですが、このアヤが途中から滑稽なまでに豹変します。

誠人と静流は、果たして出会えるのか?? 誠人と静流は大学生の時、「誠人がプロのカメラマンになるまで会わない」と約束して別れたのですが、誠人と静流が別れた後から現在までの足跡が、誠人の必死の捜索により徐々に繋がっていくわけです。結果、『ただ、君を~』とは違う意味で、涙させられることになります

監督は、『トリック』などの堤幸彦監督なので、ところどころに小ネタが出てきて、プッと笑わせてくれる場面もありますが、全体的にはまともなトーンだったように思います。「マヨヌードル」と「みかん」は、ちょっとしたキーポイントかな。静流の影がニューヨークのあちこちに見え隠れしていて、松田龍平と広末涼子の繊細な演技が際立っていたのが印象的でした。


劇中映像でコラージュされる静流と誠人が撮影した写真を多数収録したビジュアルで魅せるメイキング本はこちら!出演者インタビュー、スタッフ日記なども収録されているようです。
恋愛写真―Collage of Our Life PHOTO & DIARY
恋愛写真―Collage of Our Life PHOTO & DIARY
扶桑社 2003-06
売り上げランキング : 366205


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



機会があれば是非観てみて下さいね



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 映画・ドラマ・アニメの紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ぼくと おおはしくん』 /くせ さなえ

2011/06/13
絵本の紹介です^^我が家の蔵書です

ぼくと おおはしくん (講談社の創作絵本)
ぼくと おおはしくん (講談社の創作絵本)くせ さなえ

講談社 2011-04-15
売り上げランキング : 705296

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
きいのいえで (講談社の創作絵本) めっきらもっきら どおんどん (こどものとも傑作集) ともだちやもんな、ぼくら


それは、ボクとおおはし君の出会いから始まります。

2人とも亀が好きで意気投合しただけのように見えたのですが、ボクより1つ年上のおおはし君は、生き物のことをいろいろ知っていたり、テキパキと秘密基地を作ってしまったりと、ボクにとっていつしかかっこいい憧れのお兄さん的存在になっていて、ほんわかさせられました。

子ども同士が友達になるきっかけって、本当に些細なことなんですよね。2人で亀を飼うことになって、亀の甲羅に2人の名前が並んで・・・亀を通して、2人の友情がだんだん強く結びついていく描写が自然な形でとても上手く表現されていて、子どもの頃ってこんな感じだったよね、と、子どもの頃の気持ちを思い出させてくれました。

「かめたを なかまの ところに、 かえしたろう。」

かめたを一生懸命探して、やっと見つけた時のおおはし君のこの言葉。かめたのことを精一杯思いやってそう言った時のおおはし君の表情がとても印象的でした。

絵本の中では、ボクとおおはし君の年齢などの情報は出てこないのですが、私の中では勝手に小2と小3ぐらいかな?と想像して読ませてもらいました。うちにも同じ年頃の息子がおり、しかも生き物が大好きな息子ですので、読みながらいつの間にか、2人の姿が息子の姿とダブってしまいました。

かめたの気持ちを察し、思いやることができる優しい心を持ったおおはし君。息子にもおおはし君のような友達がたくさんできるといいなと思わずにはいられません。

最後に描かれたかめたの絵もいろいろ想像力をかき立てられ、最後の最後まで、楽しませてもらいました。息子にも是非読ませたいと思います。




(おまけ)

実は、某有名絵本サイトにて、『講談社絵本新人賞「ぼくとおおはしくん」応援レビュー大募集!』というレビュー企画があり、私もレビューを投稿しておりました。レビュー投稿の中から、

・くせさなえ賞【くせさなえさん直筆イラスト入りハンカチ】3名
・かめた賞【くせさなえさんデザインオリジナルポストカード】 5名
・講談社賞【「ぼくとおおはしくん」サイン本】5名


といった上記の賞が選ばれるわけですが、なんと運良く、「講談社賞」をいただきました♪

ということで先日、賞品のサイン本が届きました!

SANY5626.jpg

サインはこちら。直筆のサインです。嬉しいですね~♪
SANY5627.jpg


子どもが読めば共感でき、大人が読めば子どもの頃を思い出す素敵な絵本です。機会があれば是非読んでみて下さい~。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


09:00 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『だれのおばあちゃん?』 /スティーナ・ヴィルセン

2011/06/11
今日紹介する絵本はこちらです!おばあちゃんっていいな!

だれのおばあちゃん? (やんちゃっ子の絵本 3)
だれのおばあちゃん? (やんちゃっ子の絵本 3)スティーナ・ヴィルセン ヘレンハルメ美穂

クレヨンハウス 2011-02-14
売り上げランキング : 639544

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
だれが おこりんぼう? (やんちゃっ子の絵本) だれの ちが でた? (やんちゃっ子の絵本) だれが いなくなったの? (やんちゃっ子の絵本) だれがきめるの? (やんちゃっ子の絵本 2) だれのズボン? (やんちゃっ子の絵本 1)


やんちゃっ子のえほんシリーズ、第3弾です。

タイトルからして、おばあちゃんの取り合いをするお話かな?と予想しながら読みました。案の定、こぐまさん対いとこの、おばあちゃんの取り合いのようです。

おばあちゃんを独占しようとするいとこのことが嫌いなこぐまさんでしたが、徐々にいとこがおばあちゃんを独占したがる理由がなんとな~くですが、明らかになってきます。

この絵本には、こぐまさんといとこのお父さん、お母さんは登場しません。おそらく、事情があって一時的におばあちゃんの家に預けられたという設定のようです。かわいい孫たちのために、クッキーを焼いたり本を読んだり、何が起こってもゆったりと優しく対応しているおばあちゃんの姿に、こちらまで心があったかくなりました。

「あったかいなあ」「なんだか いいきぶん」

そうそう、おばあちゃんってそんな感じなんですよね。おばあちゃんに優しく包まれているこぐまさんといとこの絵を見ていたら、とっても羨ましくなりました。おばあちゃんっていいな!と思わせてくれる素敵な一冊だと思います。




(おまけ)
実は、この絵本を対象としたレビュー企画に応募したところ、この絵本のレビューで、30名様に限定「クレヨンハウス賞」というものをいただきました♪賞品の「オリジナルしおり型シール」が先日届きましたので、ご披露します(笑)

こんな感じで、小さな封筒で届きました。
yanntyakko.jpg

ただの、シールですね(笑) 非売品だそうです。
SANY5618.jpg



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・乳幼児向けの絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『だれがきめるの?』 /スティーナ・ヴィルセン

2011/06/09
今日紹介する絵本はこちらです!意外と奥が深い問いです。。。

だれがきめるの? (やんちゃっ子の絵本 2)
だれがきめるの? (やんちゃっ子の絵本 2)スティーナ・ヴィルセン ヘレンハルメ美穂

クレヨンハウス 2011-02-14
売り上げランキング : 569374

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
だれが おこりんぼう? (やんちゃっ子の絵本) だれの ちが でた? (やんちゃっ子の絵本) まっててね だれのおばあちゃん? (やんちゃっ子の絵本 3) だれのズボン? (やんちゃっ子の絵本 1)


「やんちゃっこ絵本」シリーズ、2作目です。いかにもやんちゃっ子という感じのお話です。今回登場するのは、こぐまさんとママぐまさんです。

おやすみ前の読み聞かせ、食事の時のわがまま、お出掛け前のやりとり、そうそう、そうなんだよね~と思わず共感してしまうやんちゃっ子な出来事が楽しく描かれています。でも、なんだかんだ言ってママと一緒だと落ち着くんですよね。

子ども目線からの描写とママ目線からの描写がバランス良く組み込まれているので、子どもも大人もそれぞれの視点からおもしろおかしく楽しんで読める内容になっているのがとても良いと思います。

裏表紙の「こぐまさんと ママぐまさん、きめるのはだれ?」の問いに、う~ん、と思わず悩んじゃいました。時間や必要に迫られるママぐまさんの立場もわかるし、命令されたり仕切られてばかりのこぐまさんの気持ちもわかるし・・・

「きめるのはだれ?」は、意外と奥の深い問いです!楽しいばかりでなく、少し考えさせられました。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


09:00 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『だれのズボン? 』 /スティーナ・ヴィルセン

2011/06/07
今日紹介する絵本はこちらです!ナレーション風の絵本♪

だれのズボン? (やんちゃっ子の絵本 1)
だれのズボン? (やんちゃっ子の絵本 1)スティーナ・ヴィルセン ヘレンハルメ美穂

クレヨンハウス 2011-02-14
売り上げランキング : 810819

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
だれが おこりんぼう? (やんちゃっ子の絵本) だれがきめるの? (やんちゃっ子の絵本 2) だれが いなくなったの? (やんちゃっ子の絵本) だれのおばあちゃん? (やんちゃっ子の絵本 3) だれの ちが でた? (やんちゃっ子の絵本)


「やんちゃっこの絵本」シリーズ、1作目です。まず、特徴のあるキャラクターに笑えました。それぞれのキャラクターの目つきもとても印象的です(笑)

外へ遊びに行くために、ズボン、靴、帽子を着用しようとするのですが、誰が見ても「オイオイ!」とツッコミを入れたくなるようなミスを真顔でしちゃうところがとても良いですね。小さなお子さんでも絶対に気付きそうなミスなので、大笑い間違い無しです。しかも、ズボン、靴、帽子を身につけたキャラクター達の姿がなんともいえません(笑)

最後にはしっかりオチまであって、やられました。読者目線でのナレーション風の絵本で、とても斬新な印象を受けました。こういうのもありですね~。

裏表紙の、とりさん、ぶたくまさん、うさぎさんがこれから何かをしようと企んでるような後ろ姿に期待しちゃいます。シリーズ2作目も読みたくなりました!



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

09:00 ・ユニークな展開の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

映画 『真夏のオリオン』

2011/06/05
今日は、最近観た映画を紹介します。


『 きっと帰ると、オリオンの星に誓った。 』

真夏のオリオン [Blu-ray]
真夏のオリオン [Blu-ray]
VAP,INC(VAP)(D) 2010-03-21
売り上げランキング : 31669


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(ストーリー)
時は現代。
日本軍の潜水艦長だった祖父を持つ倉本いずみ(北川景子)のもとに、第二次世界大戦当時、米軍の駆逐艦長だった人物の孫娘から手紙が届く。その手紙には一枚の楽譜が添えられていた。それは、いずみの祖母・志津子が、船乗りたちが吉兆をもたらすと信じる真夏の空に輝くオリオン座に、祖父・倉本孝行への想いを託して書いた「真夏のオリオン」という曲だった。

日米が戦争状態にあった時代に、なぜこの楽譜が米軍人の手に渡ったのか、なぜ、60年以上に渡って保存されてきたのか。真実を知ろうと、いずみは祖父を知る唯一の生存者、鈴木(鈴木瑞穂)を訪ねる。

「私たちはみんな一生懸命だった。ただ、それだけです。でもあの夏、倉本艦長と共にした2週間を私は忘れたことはありません。」

鈴木は、64年前の夏、1945年8月の体験を語り始める---。


1945年 夏。第二次世界大戦末期の沖縄南東海域。
日本は、米海軍の燃料補給路を断つ目的により潜水艦部隊を配備していた。米海軍の侵攻を防ぐべく作戦に参加するイ-77の艦長、倉本(玉木宏)とイ-81の艦長、有沢(堂珍嘉邦)は海軍兵学校時代からの親友で、倉本と有沢の妹、志津子(北川景子・二役)とは互いに想いを寄せる仲だった。

日本軍の潜水艦部隊に立ち向かうのは、米軍駆逐艦パーシバル。艦長のマイク・スチュワート(ディビッド・ウィニング)は、日本軍の攻撃で弟を失っており、潜水艦撃沈に執念を燃やしていた。日本側の二重三重の防衛ラインを突破したパーシバルは、有沢のイ-88と対峙。有能な指揮官の有沢だったが、スチュワートの奇策に敗れてしまう。

イ-77は倉本の的確な指示のもと、米軍の輸送艦を撃沈する事に成功。だが、他の日本軍の潜水艦部隊とはすでに連絡が取れなくなり、潜水艦イ-77は、日本最後の砦となったことを知る。若き艦長、倉本とその部下たちは、知力と体力の限りを尽くして、一歩も引かずにパーシバルに立ち向かう。

楽譜がアメリカで保管されていた理由は? 真夏のオリオンが照らし出した戦いの結末とは?

-------------

2009年6月13日公開。
池上司の「雷撃深度一九・五」を原作に、第二次大戦末期の日本潜水艦と米駆逐艦の壮絶な攻防戦、そして人間の絆を描くエンターテイメント超大作。


(主なキャスト)
倉本孝行(イ-77潜水艦艦長) ・・・・ 玉木宏
有沢志津子(有沢の妹)/倉本いずみ(倉本の孫、現代) ・・・・ 北川景子(二役)
有沢義彦(イ-81潜水艦艦長) ・・・・ 堂珍嘉邦
田村俊雄(イ-77水雷長) ・・・・ 益岡徹
中津弘(航海長) ・・・・ 吹越満
桑田伸作(機関長) ・・・・ 吉田栄作
坪田誠(軍医長) ・・・・ 平岡祐太
遠山肇(回天搭乗員) ・・・・ 黄川田将也
秋山吾朗(烹炊長) ・・・・ 鈴木拓(ドランクドラゴン)
鈴木勝海(水雷員) ・・・・ 太賀
森勇平(水雷員) ・・・・ 松尾光次
小島晋吉(水測員) ・・・・ 奥村知史
米海軍駆逐艦パーシバルマイク・スチュワート(艦長) ・・・・ デイビッド・ウィニング
現代鈴木勝海(現代) ・・・・ 鈴木瑞穂



-----------

またまた、玉木宏主演の映画を観てしまいました今更ながら、結構映画に出てるんだな~って思いつつ、出演映画を探し出しては観ているところです。

本作品は、日本軍の潜水艦長だった倉本孝行を祖父に持つ倉本いずみ(北川景子)が、祖父を知る唯一の生存者、鈴木(鈴木瑞穂)を訪ねるシーンから始まります。鈴木が、当時の話をし始めてすぐ、いきなり当時の緊迫した戦闘場面のシーンが始まり、それがまたかなり緊迫した状況なものですから圧倒されてしまい、おぉっ!とビックリさせられました。

戦争の映画ですから、魚雷を撃ち込んだり、潜水艦が攻撃を受けてダメージを受けるシーンなど多々出てきますが、いずれも戦闘シーンが結構リアルで迫力もあり、重要な場面でもあったりするので必然的に見入ってしまいますね。映画の見どころでもあると思います。

映画のシーンのほとんどは、潜水艦セットの中に入りっきりで行われたとのことで、当然、撮影スタッフも潜水艦のセットの中に入っての撮影だったと思われ、潜水艦という限られた狭い空間の中での緊迫した空気が映像からも感じられました。閉所恐怖症の人にはちょっと観るに耐えないかも知れませんね。

映画のタイトルにもなっている「真夏のオリオン」とは、倉本(玉木宏)の恋人、志津子(北川景子・二役)が、お守りとして彼に手渡したオリジナルの楽譜のタイトルのこと。冬の星座であるオリオンが真夏に輝けば、それは船乗りにとって吉兆となるとのこと。その楽譜の下には、こんなメッセージが添えられているのです。

Oh Orione!
 Guida il mio amato!
 Che non possa sbagliare
 la strada di ritorno!


 (訳: オリオンよ、愛する人を導け 帰り道を見失わないように) 


志津子が倉本が無事に生きて帰ってくることを願っての言葉なのですが、これが劇中ではかなり重要な場面で出てきます。

イ-77の戦闘員はみんな若いんですよね。玉木宏が演じる倉本艦長も玉木宏の実年齢ぐらい(20代後半)の設定だと思うのですが、部下に指図する艦長の役にしては貫禄が足りないのでは?と思いつつ観ていたのですが、途中から気付かされるのです。倉本という人間の、素晴らしさに。倉本は、冷静沈着で人情に厚く、人間魚雷「回天」を一度も使わなかった実在の艦長をモデルにしているとのこと。

倉本はどんな窮地に陥っても声を張り上げたりしないんです。倉本の存在がこの緊迫した戦争という特異な状況下に置いても、「人としての心」を感じさせ、すごく良かったです。倉本演じる玉木宏の落ち着いた低音の声が、倉本という人間の声と違和感無く重なり、なるほど、これは玉木宏のキャスティングで正解だったんだなと感じさせてくれました。

「軍人は男らしく命令するものだと思ってました。でも緊迫した時ほどゆっくり話した方がミスが起こりにくいんだそうですね。ただ、鋭さが全然ないとベタッとしちゃう。バランスが難しかった」 とは、インタビュー時の玉木宏の言葉。倉本は、部下に威張り散らしたり、声を張り上げて指示することは無かったわけです。だから艦長としての貫禄よりも人間としての温かみを感じさせる演技をしていたわけなんですね。

倉本の親友である有沢艦長の役は、なんか見たことあるな~と思っていたら、ケミストリーの堂珍嘉邦だったんですね。この映画が映画初出演だったらしいのですが、とても初めての映画とは思えないぐらい自然な演技で、歌で食えなくなっても、役者として食っていけるんじゃないかってぐらい、演技が上手でした~。

倉本と有沢の印象的なシーンとしては、有沢が乗っていたイ-81潜水艦が米軍に攻撃されて海底へ沈んでしまい、それを助けようと最後に交信が出来た位置まで、倉本が乗るイ-77潜水艦がやってくるんですね。イ-81の姿は見えないのですが、かすかに聞こえる金属音・・・・モールス信号を確認するわけです。酸素量が減り、意識がもうろうとしながらモールス信号を打ち続ける有沢と、それに答えてモールス信号で返事をする倉本のシーンは、お互いの辛い心情が垣間見え、すごく印象深いシーンに仕上がっています。

このモールス信号で有沢から最後のメッセージを受け取った倉本は、強い思いを胸に敵艦に戦いを挑みます。とはいえ、敵艦に攻撃され、イ-77も相当なダメージを受けるわけですが・・・・。

時間と共に被害は拡大し、酸素残量が残り1時間となってしまったイ-77。人間魚雷「回天」での攻撃を志願する特攻隊員たちを倉本は説き伏せ、やがて最後の攻撃を決意するわけです。残された魚雷は1発だけ。攻撃のチャンスも1回だけ。倉本は、“真夏のオリオン”の楽譜を胸に、起死回生の策に挑むわけですが、このシーンもまたとても印象的です。

人間魚雷「回天」の特攻隊員に向かって倉本が言った、「おれたちは死ぬために戦ってるんじゃない。生きるために戦ってるんだ」 という言葉がすごく心に残りました。戦争映画は何本か観たことがありますが、ほとんどの戦争映画が戦死することを名誉として、自ら死を志願したりする場面や描写が多い中、この映画では「生きること」を選んでおり、自らを犠牲にして戦おうとする姿勢に対して「(命が)もったいない」と表現しています。こういうセリフから、当時の人間も現代の人間も、同じ気持ちを持った人間であることを感じさせてくれ、今までの戦争映画とは少し違うベクトルを持ちあわせた映画だなという印象を受けました。その後のラストに向けても、敵対している相手も同じ人間なんだと思わせてくれます

そうそう、おまけとして。映画の序盤のシーンですが、もしかして「のだめカンタービレ」の千秋先輩を意識しました?というようなセリフが、倉本(玉木宏)のセリフで2回ほど出てきて、思わずニヤニヤしてしまいました。それがどういうセリフなのかは、観てからお楽しみと言うことで

この映画は2009年6月に公開されたのですが、同年7月には 「MW-ムウ-」、同年12月 には「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」が公開されており、もしかしたら、映画の撮影を掛け持ちしていた可能性大ですよね。玉木宏にとってこの年の作品は、役者として磨きが掛かった年の作品なのでは?と思います。ちなみに、玉木宏の体重ですが、「真夏のオリオン」の撮影時はなんと56kgぐらいだったそうです。 確か「MW-ムウ-」のインタビューの時、体重を7キロも絞って役作りしたと語っていたようですので、「真夏のオリオン」の撮影時からの流れで体重を絞ったのかなと思います。戦時中の役とはいえ、身長180cmで56kgまで痩せるとは、スゴイですよね。

原作本はこちらになります。
雷撃深度一九・五 (文春文庫)
雷撃深度一九・五 (文春文庫)池上 司

文藝春秋 2001-01
売り上げランキング : 104107


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そしてこちらが、映画のストーリーに沿った内容の本になります。
真夏のオリオン[文庫] (小学館文庫)
真夏のオリオン[文庫] (小学館文庫)飯田 健三郎 552

小学館 2009-04-07
売り上げランキング : 144667


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この映画、機会があれば是非ご覧になってみて下さい♪



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 映画・ドラマ・アニメの紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ただ、君を愛してる』 /市川拓司

2011/06/03
今日読んだのは、こちら!
ただ、君を愛してる (フラワーコミックススペシャル)
ただ、君を愛してる (フラワーコミックススペシャル)市川 拓司 吉野 阿貴

小学館 2006-09
売り上げランキング : 127861

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
恋愛寫眞―もうひとつの物語 (小学館文庫) ただ、君を愛してる 天国の森の恋物語 [DVD] ぼくらは夜にしか会わなかった


同じタイトルの映画を観たことから、気になって手に取ってみました。映画の方は原作本がちゃんとありますので、これはどういう内容なんだろう?という興味から読んでみました。

予想としては、映画のストーリーに沿った内容の小説のイメージだったのですが、本を開いてみてビックリ。小説じゃなくて、マンガだったんですね~。マンガなので、とても読みやすいです。20~30分もあれば読めちゃいます(笑)

内容的には、原作と映画の良いところを組み合わせて構成された感じ?上手い具合に混ざってます。マンガのキャラクターは、映画のイメージと合わせてあるような気がしました。ストーリー展開は、小説の記事(記事はこちら)や映画の記事(記事はこちら)の時に書いたので、割愛させていただきます。そのかわり、マンガの作画を担当した、吉野阿貴さんのあとがきを下記に引用させていただきます。

あとがき

マンガ版「ただ、君を愛してる」を読んでいただきありがとうございます。
このコミックスは私が漫画家としてデビューして初めての単行本になります。
それだけに最初の本が映画の漫画家という・・・ちょっと想像するのが怖いくらい大きな仕事を与えていただき、なんだか光栄なような恐れ多いような・・・。
それでもこのお仕事を頂いてからの3ヶ月間は、これ以上ないくらい密度の濃い貴重な時間となりました。未熟者ゆえ思うように描けない自分を呪ったりもしましたが、温かい目で見ていただけると幸いです。

この作品は、映画「ただ、君を愛してる」そして小説「恋愛寫眞 もうひとつの物語」(市川拓司著)を原作として作画されています。
ただ、漫画化するにあたって「どうせやるなら映画とも小説とも違う作品に」ということでマンガを作らせていただいたので、映画も小説もそしてこの作品もそれぞれが少しずつ違う物語になっています。ぜひぜひ、映画を観て小説を読んでいただけると更に楽しめるのではないかなと思います。

私自身は誠人君のどんなことも受け止めてくれるような優しさや、一生懸命恋をしている静流のかわいさや、誰からも憧れられるみゆきの透き通るようなきれいさ等など・・・ホントに愛おしくて、彼らを動かしていた私はいっぱいいっぱいだったのですが、とても楽しくて、もっと付き合いたかったなあというのが正直な感想です。
そんな想いが少しでも伝わりますように・・・。

2006年9月 吉野阿貴



あとがきにも書かれていましたが、映画を観て、原作の小説を読んだ後だったからこそ、このコミックが存分に楽しめたっていうのは絶対あると思います。これを最初に読んじゃったら、逆に物足りないんじゃないかな。1冊にまとめてあるので、少し展開が早すぎるんですよね。映画や小説の感覚を短時間でもう一度味わいたい!っていう方向けの一冊と言っていいほど、上手くまとまってますので。

映画を観て、小説を読んだ後にこちらを読んでみることをオススメします!
機会があれば是非読んでみて下さい


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)






↓ 記事の続きで、関連商品を紹介しています♪
>>続きを読む・・・
09:00 ・い【市川拓司】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『恋愛寫眞―もうひとつの物語』 /市川拓司

2011/06/01
今日は、最近読んだ本を紹介します。以前ブログでも記事にしたことのある、映画『ただ、君を愛してる』の原作となった本です。


別れはいつだって
思いよりも先に来る。それでも
みんな微笑みながら言うの。
さよなら、またいつか会いましょう。
さよなら、またどこかで、って。


恋愛寫眞―もうひとつの物語 (小学館文庫)
恋愛寫眞―もうひとつの物語 (小学館文庫)市川 拓司

小学館 2008-10-07
売り上げランキング : 4723

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
君にさよならを言わない (宝島社文庫) そのときは彼によろしく (小学館文庫) ぼくらは夜にしか会わなかった (祥伝社文庫) いま、会いにゆきます (小学館文庫) ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)


(ストーリー)
カメラマン志望の大学生・瀬川誠人(まこと)は、嘘つきでとても謎めいた女の子・里中静流(しずる)と知り合う。誠人はかなりの奥手だったが、静流とは自然にうちとける。そして静流は誠人に写真を習うようになる。やがて誠人は静流に思いを告げられるが、誠人にはずっと好きな人がいて、その思いを受け取ることは出来なかった。

一年後、卒業を待たずに静流は姿を消した。嘘つきでしょっちゅう誠人をからかっていた静流だったが、最後の大きな嘘を誠人についたまま・・・・。

恋することのもっとも美しくて切ないかたちを描いた、市川拓司のもうひとつのベストセラー!

(以上、本の解説より引用)

-----------
先月観た映画『ただ、君を愛してる』の原作が読みたくて、図書館から借りてきて読みました(映画『ただ、君を愛してる』のブログ記事は、こちら)。映画を観た後だったので、ストーリー展開は知っていたのですが、それでも読み始めたらその世界にどっぷりと浸かってしまい、一気に読んでしまいました。

映画と原作では大まかな流れは同じですが、微妙にニュアンスが違っていたり、時期が少しずらしてあったり、セリフや状況設定が多少変えてあったりなどの違いがあって、その辺の違いも楽しみながら読ませてもらいました。原作と映画はどう違うか?と言うと、原作の方がリアルで、映画は奇麗にまとめたっていう感じですね。原作を読んでみて、映画で謎だったところがわかったところもあったので、原作本を読んでみて良かった!って思いました。

映画では静流は、大学で友達がいないという設定でしたが、原作では、2人ほど友人が出てきます。あまりに背が高すぎる子とあまりに太りすぎている子。でも、静流との会話している描写が無いため、映画ではカットされたんだと思います。

映画の中で、誠人がよく趣味の写真を撮っている立入禁止の森ですが、原作では、その場所は大きな自然公園で、誠人はその場所を静流から教えてもらってるんですよね。そして、映画ではこの森に誠人がみゆきを連れてくるシーンがあるのですが、原作ではそのシーンはなく、この大きな自然公園は、誠人と静流だけの場所として描かれています。この自然公園で誠人と静流が会話するシーンは何度か出てくるのですが、映画では会話が結構カットされていたり変更されたりしていることがわかりました。実はこの原作での会話が結構良かったりするので、その辺は是非原作を読んでみて下さいね。

それから、静流が家出をするシーンがあるのですが、映画では、父親と喧嘩したという理由になっていますが、原作では違う理由になっていて驚きました。静流の弟絡みの、衝撃的な理由になっています。

その他、細かい違いは多々ありますが、割愛させていただきます。で、やっぱり良かったのは、誠人が静流の個展を見るシーンですね。このシーン、映画の時も良かったのですが、原作の方がもっと良かったように思います。やっぱり映像では描写しにくい部分もあったのかなと思うのですが、原作の方が映画より細かい描写がされていて、映画自体もかなり良かったのですが、原作もかなり良くて、どちらも私のお気に入りとなりました。

そうそう、原作の中には、ボリス・ヴィアンの『うたかたの日々』の記述が少しだけ出てきます。肺に睡蓮の花を咲かせて死んでいったクロエの話。以前、映画『クロエ』を観たことがあったので、ついつい反応してしまいました(映画『クロエ』のブログ記事はこちら)。知ってる話が出てくると、なんだか嬉しいもんですね。

市川拓司さんの作品といえば、『いま、会いにゆきます』という小説と映画でも大ヒットした作品がありますが、こちらはまだ読んだことも観たこともないので、機会があれば是非読んだり観たりしたいと思っています。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)






↓ 記事の続きで、関連商品を紹介しています♪
>>続きを読む・・・
09:00 ・い【市川拓司】 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |