02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

東北地方太平洋沖地震

2011/03/12
昨日、大きな地震が発生し、その後余震が続いていますが、みなさん、大丈夫でしょうか!?

私は自宅にいて、テーブルの下へ隠れていて無事でした。
電子レンジ、トースター、炊飯器、食器棚の上に置いていたモノ、本棚の本、積み上げていた衣装ケース、私の愛用のパソコンが落下したり、家具が5~15センチぐらいずれたりしましたが、怪我などもなく大丈夫です。

息子は学校から帰ろうと、まだ校庭にいたところで地震に遭い、先生の指示で避難したため無事でした。主人は仕事場で地震に遭いましたが、バスを乗り継いで、普段より3時間半ぐらい遅れて帰宅できました。

とりあえず私の両親、兄姉の安否は確認できましたが、私の友人や姉をはじめ親戚がたくさん岩手に住んでいるので、心配です。昨夜は余震でほとんど眠れませんでした。

ずっとテレビを付けっぱなしにしていますが、映される映像を見ると、心が痛みます。。。

みなさんは大丈夫でしたか?



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





スポンサーサイト



10:18 ●お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

『六星占術 宿命大殺界 あなたの人生を翻弄する恐るべきパワー』 / 細木 数子

2011/03/11
以前読んだ本の感想になります。

六星占術 宿命大殺界―あなたの人生を翻弄する恐るべきパワー
六星占術 宿命大殺界―あなたの人生を翻弄する恐るべきパワー細木 数子

日本文芸社 2000-07
売り上げランキング : 234770

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
最新版 六星占術宿命大殺界―あなたの人生を左右する恐るべきパワー 新・六星占術の極意―真の幸せをつかむ 宿命を逆転させる「因果の法則」 大殺界の乗りきり方―宿命から立命へ (ノン・ブック) 新・自分を生かす相性・殺す相性―“相性大殺界”の読み方 (ワニ文庫) 六星占術による神相学入門 幸運を呼ぶ顔・逃がす顔―あなたにも知ってほしい自分の本質 (ノン・ブック・愛蔵版)


宿命大殺界の出し方や、宿命星の説明などが書いてあります。六星占術の本はこれが初めてだったのですが、意外とわかりやすかったです。ただ、宿命大殺界を出すための手順がかなり複雑だったので疲れました(笑)

ネットで簡単に宿命大殺界を割り出せるHPがあるので、それを見ればこの本を読んだのと同じ感じですね。宿命と運命の違いの説明は大変わかりやすかったです。宿命星の意味するものと自分の人生を当てはめるとかなり当たっていた部分もあり、参考になりました。

でも正直、こういうものって信じる人にとっては重要かも知れませんが、信じない人にとってはどうでも良いことですよね(笑)信じる・信じないは貴方次第です!!(笑)



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)







以下、関連グッズの紹介になります^^

↓最近ハマってます!おもしろいですよ♪



>>続きを読む・・・
08:00 ・【アドバイス系・参考系の本】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『フリーター、家を買う。』 / 有川浩

2011/03/09
今日は、最近読んだ本の紹介をしますね。
フリーター、家を買う。 (幻冬舎文庫)
フリーター、家を買う。 (幻冬舎文庫)有川 浩

幻冬舎 2012-08-02
売り上げランキング : 17103

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
県庁おもてなし課 (角川文庫) 阪急電車 (幻冬舎文庫) ヒア・カムズ・ザ・サン (講談社文庫) シアター! (メディアワークス文庫) キケン (新潮文庫)


大学を卒業して就職したものの、会社に馴染めず三ヶ月ほどで辞めてしまった武誠治。以後、バイトをしつつ就職活動をする生活がだらだらと続きフリーター生活となる。その事が原因で父との口論は絶えず、母はそんな誠治をかばい続ける日々が続く。そんな中、母がうつ病を発症。姉からもだらしのない現状や自身が気づかなかった母親の苦悩を容赦なく指摘され、このままではいけないとようやく考え始める。 誠治は家族のために一念発起し、バイトに就職活動に母の看病にと奔走する。

-*-*-*-*-*-*-*-*-

この作品を知ったのは、テレビでドラマを見たのがきっかけだったのですが、ドラマはドラマでそれなりに楽しく、興味深く拝見したのですが、ドラマが終わった後に原作のこちらの本を読んでみたら、私的には原作の方が主人公と距離が近い感じがして良かったかな、と感じました。

よくあることだとは思いますが、原作とドラマでは大まかなところは同じなのですが、微妙に(というか結構?)いろんなところがドラマ用に変更されたりしていたり、原作にはない設定やストーリーが盛り込まれていたりしていたことがわかったりして、原作とドラマの違いを楽しみつつ読みました。

主人公の誠治が、就職してすぐに仕事を辞めてしまったり、アルバイトを転々するフリーター生活の描写、就活で履歴書を書いたり面接をしたりするのだけれど上手くいかないなど、昨今にありがちな実体を浮き彫りにしているあたりがかなりリアルで興味深かったです。

後にぎくしゃくな関係だった父に就活のアドバイスをしてもらう場面や、かなり後半ですが、誠治が逆に人事採用をする立場になった場面が出てくるのですが、履歴書を書く時の注意点、面接時の受け答えのアドバイス、採用する側の目線になった指摘など、なるほど~と思えることが出ていたりするので、すごく参考になりました。リアルに就活している方が読まれたら、絶対に参考になると思います。

お母さんがうつ病になったり、お父さんとのぎくしゃくした関係、家庭不和な要素がいっぱい盛り込まれているので、一見最悪な家族のようにも感じるのですが、誠治が大悦のところでバイトをしていた辺りから徐々に誠治の内面が成長し、磨かれてきた感じで、家族の関係も少しずつ変化してくる辺りが見所です。

っていうか、前半の怠惰な感じからうって代わり、後半の誠治は突然「できるヤツ」に変貌してしまうので、その辺の違和感はちょっと否めないかな。人間って急にこんなに変われないでしょ!とツッコミを入れたくなります。誠治のお姉さんのキャラは、ドラマと違って原作ではとてもとても強いキャラですので、その辺も必見かな。

巻末に【after hours】傍観する元フリーター という、豊川サイドから見た千葉ちゃんと誠治のことがスピンオフみたいな感じでちょことっと書いてあります。これは本編を読んだ人だけが楽しめるアングルになっています。

うつ病を扱っている本ですが、思ったよりライトな内容に仕上がっていると思います。でも念のため、うつ病の方は読まない方が賢明かもしれません。症状の描写が刺激になる可能性もありますので。では、こんな感じで本の紹介は終わります


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)







↓ 記事の続きで、関連商品を紹介しています♪

>>続きを読む・・・
08:00 ・【その他の著者】 | コメント(0) | トラックバック(0)

海外ドラマ 『iCarly(アイ・カーリー)』

2011/03/05
今日は、うちの息子が大好きな海外ドラマを紹介しますね。

それは現在、NHK教育で毎週火曜日、午後7時25分から放送している海外ドラマ『iCarly(アイ・カーリー)』です!

我が家でこの海外ドラマを見るようになったきっかけは、数ヶ月前、たまたまその時間帯にテレビのチャンネルをザッピングしていたところ、偶然発見したのが始まりでした。内容的に息子が好きそうだなと思い、視聴してみたところ、これが息子に大ウケ それ以来、毎週火曜日のこの時間は、必ずiCarly(アイ・カーリー)を見る羽目になっています。っていうか、面白いので一緒に楽しんで見ちゃってますが

この手のノリでは、息子は「スポンジ・ボブ」なんかも大好きなのですが、アイ・カーリーのノリもなんだかスポンジ・ボブっぽいなと思ったら、同じニコロデオンの制作番組だったようで、通りで息子が喜ぶはずだ~!と納得したのでした

以下、ニコロデオンのHPでの番組紹介文です

全米ケーブルTVで大人気放送中!
話題のインターネット連動ドラマ カーリーは、ひょんなことから、友人のサムと一緒に自らが出演するインターネット番組「iカーリー」(アイ・カーリー)を立ち上げる。
番組では、彼女たちがリアルに面白いと思うことをなんでもやるという内容で、またたく間に人気番組となり一躍大スターに!
実際に視聴者から投稿された映像を使ったりするなど、ドラマとしてはめずらしい、TVとインターネットを融合させた新しいタイプのコメディドラマ。



とのこと。全25回とのことで、先日の放送が16回目でしたので、残りあと9回の放送しか残っていませんが、結構面白いので、機会があればご覧になってみて下さいね。

NHK海外ドラマホームページでの、『iCarly(アイ・カーリー)』のHPはこちら

ニコロデオンのHP内の、『iCarly(アイ・カーリー)』のHPはこちら


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





08:00 映画・ドラマ・アニメ・テレビ番組の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

映画 『夜のピクニック』

2011/03/03
今日は、最近見た映画の紹介をしますね。

「第2回本屋大賞」受賞作、恩田陸の小説を映画化した作品です。 

夜のピクニック [DVD]
夜のピクニック [DVD]長澤雅彦

ハピネット 2008-02-08
売り上げランキング : 42728


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


全校生徒1000人が24時間かけて80kmを歩く高校の伝統行事「歩行祭」。親友にも話せないある秘密を抱えた3年生の甲田貴子は、高校生活最後の歩行祭という1年に1度の特別なこの日に、自分の中で秘密の賭けをする。それは、一度も話したことがないクラスメイト・西脇融と会話をするということ。秘密の賭けを胸に秘め、彼女の最後の歩行祭が始まる…。

(主なキャスト)
甲田貴子・・・・・多部未華子
西脇融・・・・・・石田卓也
戸田忍・・・・・・・郭智博
遊佐美和子・・・・・西原亜希
後藤梨香・・・・・貫地谷しほり
梶谷千秋・・・・・松田まどか
高見光一郎・・・・柄本佑
内堀亮子・・・・・高部あい
榊杏奈・・・・・・加藤ローサ
榊順弥・・・・・・池松壮亮
校長・・・・・・・・田山涼成
貴子の母・・・・・南果歩


-*-*-*-*-*-*-*-*-

正直、この作品のことは小説も映画も全く知らなかったのですが、偶然図書館で目に留まり、多部ちゃんが出演していたのでなんとなく借りてきたという安易な動機で観てみました。

高校生のお話ということで、恋愛絡みの展開なんだろうなと思いながら見始めました。案の定、主人公の甲田貴子(多部未華子)は、かっこいいクラスメイト 西脇融(石田卓也)に話しかけたい、と密かに賭をします。きっと、西脇融のことが以前から好きで、それで高校生最後のこのチャンスに賭をしたのかなと思ったのですが。

中学生ぐらいの時に甲田貴子(多部未華子)のお父さんが亡くなったらしく、その時のお葬式の回想シーンぐらいから、あれ?なんか違うぞ??と感じ始めました。

貴子(多部未華子)は、恋心とは違うある理由から西脇を意識していたんですよね。そして、西脇融(石田卓也)もまた、恋心とは違うある理由から貴子を意識していたのですが、ふたりの不自然な様子をクラスメイトは恋心と誤解し、なんとか歩行祭を機にくっつけようとするのですが・・・。

「歩行祭」というこの行事、白いジャージ姿で夜通し休みながらみんなで80キロを歩き抜くという伝統行事のようです。映画の中で、「ならんで歩く。ただ、それだけなのに、どうして、こんなに特別なんだろうね」というセリフが出てくるのですが、友達と歩きながらいろんなことを語ったり、考えたり、時間の経過を感じたりすること、そういう時間を持つこと自体が特別な意味があって、必要なことなんじゃないかと思わせてくれます。あっという間に過ぎ去ってしまう高校生活だからこそ、こういう行事に意味があったりするのかもしれません。無意味なようなことに実は意味があったりするあたり、「青春」を感じさせてくれます。

基本的には生徒達が歩いたり休んだりしているシーンばかりなのですが、その中のたわいもない会話の中から、パロディーの映像などが急に出てきたりして、プッと笑わせてくれます。それでもって、ストーリーのキーパーソンは、榊杏奈(加藤ローサ)の弟、 榊順弥(池松壮亮)なんですね。弟の活躍により(?)、貴子と融の秘密の理由が徐々に明らかにされていきます。その辺りが見所かな。

ただの恋愛のごたごただと思って軽く観ていただけに、要のシーンで意外にもホロッとさせられました。とはいえ、全体的にふざけた印象は拭えませんが(笑)

原作の方が映画よりも良いというレビューもあるようなので、機会があれば原作もチェックしてみたいと思います。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)







↓最近ハマってます!おもしろいですよ♪



続きの記事で、この映画の関連商品を紹介しています
>>続きを読む・・・
08:00 映画・ドラマ・アニメ・テレビ番組の紹介 | コメント(2) | トラックバック(0)

『空とぶライオン』 /佐野洋子

2011/03/01
一番聞きたかった言葉は・・・

空とぶライオン (講談社の創作絵本)
空とぶライオン (講談社の創作絵本)佐野 洋子

講談社 1993-10-27
売り上げランキング : 229722

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
おれはねこだぜ (講談社の創作絵本) おじさんのかさ (講談社の創作絵本) おぼえていろよ おおきな木 (講談社の創作絵本) だってだってのおばあさん ねえとうさん―ぼくとうさんの子でうれしいよ (創作絵本)


立派なたてがみと、遠くまで届く勇ましい声をしたライオンのお話です。

きっと、とても心の優しいライオンだったんですね。集まってきたネコ達にご馳走がしたくて、ついつい毎日、獲物を捕りに出掛けてしまうんです。そこにはきっと見返りなどは求めていなかったでしょう。ネコ達にご馳走してあげたいと心から思うライオン。そして、ライオンにご馳走してもらうことを当前に感じているネコ達。

ネコ達の期待に応えたくて、無理して疲れ果ててしまったライオン。そんなライオンを目の前にしても、ライオンの気持ちを微塵も感じることが出来ないネコ達の姿に、思わずはっとさせられる思いでした。

「きっと、つかれたんだ。」

それは、ライオンがネコ達から一番聞きたかった言葉に違いありません。ライオンの心身を解き放つ呪文として、それはとてもふさわしい言葉だったのだと思います。

正直、内容が結構難しく、奥が深いストーリーです。大人でも一度読んだだけではきっと内容は理解できないと思います。私自身、2回は読み返しました。教科書に掲載されても良さそうなストーリーだなと思って調べたところ、小学校中学年の教科書に掲載されたりしていたことがあるようです。うちの子が現在中学年なので、タイミング的には良いのかな?一度、じっくり読ませてみたいと思います。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



09:00 ・さ【佐野洋子】 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |