12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

『危ない公文式早期教育』 / 保坂 展人

2009/01/28
今回は、こんな本を読んでみました。

危ない公文式早期教育
危ない公文式早期教育保坂 展人

太郎次郎社 1994-05
売り上げランキング : 486492

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
公文式“プリント狂”時代の終わり くもんのヒミツがわかる本 (eduコミユニケーションMOOK) 定本 公文式の主張 公文式がわかる―なぜ、自分で考え、自分で学び、伸びていける子が育つのか? このままでいいのか、超早期教育 (子育てと健康シリーズ)


世間にはいろんな早期教育のビジネスがありますが、この本では主に「公文式早期教育」に焦点を絞って書かれています。2歳からの読書、優秀児を育てるために四六時中、胎児への読み聞かせ、小学生が方程式を解けると大宣伝している公文。偶然、NHKスペシャルの早期教育映像(小学生が数学の「微分・積分」をすらすらとやり、高校生レベルの国語プリントに挑んだりという早期教育の実態をかいま見せた番組)を見て衝撃を受けた筆者が、当時、優秀児と言われた子供達の10年後の追跡調査や、教室の指導者たちの証言などを受け、この本を書き進めています。幼児からのインプット漬けで、子供は本当に賢くなるのか?そういう生活を送った子供達に本当に弊害はないのか?などなど、筆者の鋭い視点からの疑問が次々に投げかけられていて、大変興味深く読ませていただきました。

筆者が注目して書かれている子供達は、一日に数時間のプリントやカードをこなしたりする、極端に公文漬けされていると思われる例を取り上げているような気もするのですが、現実にそういうメニューを来る日も来る日もこなしていかなければならない子供達がいるわけで、そういう子供達の実体の裏には、勉強をしている子供を見て満足・安心しようとしている親の姿もあるような気がして、正直、ぞっとしました。怒鳴りつけてまでプリントをやらせようとしたりする親の姿なども書いてあったりして、いったい誰のための勉強なのか?なんてことも客観的に考えさせられました。

6歳で方程式までいった子が、公文式をやめて三ヶ月も経つと、かけ算やわり算を忘れてしまったという例なども出ています。それから、公文で先取り学習していた子で、いざ学校でそのことを習いはじめたときには、すっかり忘れているなどという記述もあったりします。個人的には、先取り学習も、少し先を進む程度ならば良いのでしょうが、度を超したレベルの学習は、単なる時間の無駄になってしまうような気もして、早期教育というものを改めて考える良い機会となりました。

教室の指導者の証言などから、公文の裏側の事情が知れたのも興味深かったですし、公文会長の言動なども今まで知らなかったので、それもまた興味深く読ませてもらいました。東大にこだわっている公文会長ですが、ご子息は、東大に行けていないというオチ(ではないでしょうけれど)に、苦笑してしまいました。

早期教育に力を入れている親御さんはたくさんいらっしゃいます。ただ、早期教育に力を入れている間に失っている時間があること、子供がいろんな経験が出来るはずのチャンスを逃しているかもしれないということを、親は常に念頭に置いておくべきなんでしょうね。

この本は1994年に初版発行されていますので、内容としては少し古いのかもしれませんが、現在にも十分通用する内容も秘めていると思います。



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)




09:00 ・【アドバイス系・参考系の本】 | コメント(2) | トラックバック(0)

『きみはほんとうにステキだね』 / 宮西 達也

2009/01/24
大切にしたい仲間がいるってステキだね!

きみはほんとうにステキだね (絵本の時間)
きみはほんとうにステキだね (絵本の時間)宮西 達也

ポプラ社 2004-09
売り上げランキング : 11200

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時間) おれはティラノサウルスだ (絵本の時間) ぼくにもそのあいをください (絵本の時間) おまえうまそうだな (絵本の時間) わたしはあなたをあいしています (絵本の時間)


「ティラノサウルス」シリーズの3作目になります。

最初は恐竜が好きな息子がなんとなく選んできた絵本だったので読み聞かせていましたが、このシリーズを読んでいるうちに、自分自身が心打たれている ことに気付き、驚きました。

暴れん坊で意地悪でずるくて自分勝手な恐竜、ティラノサウルス。ある日、海に落ちて死を覚悟したティラノサウルスに、優しくしてくれる恐竜が。海で生活するエラスモサウルスとティラノサウルスが出会うことで、ティラノサウルスの心になにやら変化が現れます。

「友達」という、大切にしたい仲間ができたことで、相手の気持ちや痛みを感じることができるようになったティラノサウルスに、感動!素敵な絵本だなって思います。

息子はといえば、恐竜のことしか見てなかったらしくて、ストーリーにはあまり感情移入してくれませんでした。なので、感動した様子もなく、残念。もう少し友達付き合いが活発になった頃にまた読み聞かせたいと思っています。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・み【宮西達也 】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『おれはティラノサウルスだ』 / 宮西 達也

2009/01/22
心揺さぶるストーリー

おれはティラノサウルスだ (絵本の時間)
おれはティラノサウルスだ (絵本の時間)宮西 達也

ポプラ社 2004-01
売り上げランキング : 113228

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
きみはほんとうにステキだね (絵本の時間) ぼくにもそのあいをください (絵本の時間) あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時間) わたしはあなたをあいしています (絵本の時間) おまえうまそうだな (絵本の時間)



「ティラノサウルス」シリーズ、2作目になります。

両親の温かい愛情の元、すくすくと育ったプテラノドンの赤ちゃん。巣立ちの時期を迎え、一人(一羽?)になったプテラノドンの子が初めて遭遇したのがティラノサウルス。

必死でティラノサウルスを看病をするプテラノドンと、本当はとても気持ちの優しいティラノサウルスの心のやり取りが妙に切ないストーリーになっています。

笑えるストーリーが好きな息子ですが、こういう心揺さぶるストーリーもたまにはいいかなと思います。それなりに感じるところがあったらしく、息子はこのシリーズを全部読みたいと言っていました。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・み【宮西達也 】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『おまえうまそうだな』 / 宮西 達也

2009/01/20
「おとうさんのようになりたい」

おまえうまそうだな (絵本の時間)
おまえうまそうだな (絵本の時間)宮西 達也

ポプラ社 2003-03
売り上げランキング : 5565

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
きみはほんとうにステキだね (絵本の時間) おれはティラノサウルスだ (絵本の時間) あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時間) ぼくにもそのあいをください (絵本の時間) わたしはあなたをあいしています (絵本の時間)


「ティラノサウルス」シリーズ、1作目です。

広い荒野になぜか卵が一つ。山が噴火する中、卵から生まれたアンキロサウルスの赤ちゃん。その赤ちゃんを食べようとやって来たのが、ティラノサウルスです。

「ひひひ・・・おまえうまそうだな」というティラノサウルスに、 「おとうさーん!」としがみつくアンキロサウルスの赤ちゃん。

意外な展開に思わず笑ってしまいますが、お父さんとして赤ちゃんを守ろうとするティラノサウルスの健気さ、一途なアンキロサウルスの赤ちゃんの思い、これもまた、妙に切ないストーリーに仕上がっています。恐竜が出てくる絵本って、戦いのシーンがメインな感じがありますが、この絵本にはそういうシーンが無く、心優しいストーリーになっていますので、男の子だけでなく、女の子が読んでも十分楽しめると思います。

「お父さんのようになりたい」というアンキロサウルスの台詞が何度も出てきます。子供への読み聞かせは、お母さんよりお父さんにお任せしたい一冊です。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・み【宮西達也 】 | コメント(2) | トラックバック(0)

『恐竜トリケラトプスとギガノトサウルス』 /黒川 みつひろ

2009/01/18
肉食恐竜がやって来た!
恐竜トリケラトプスとギガノトサウルス―南海大決戦の巻 (たたかう恐竜たち)
恐竜トリケラトプスとギガノトサウルス―南海大決戦の巻 (たたかう恐竜たち)黒川 みつひろ

小峰書店 2007-06
売り上げランキング : 323327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
恐竜トリケラトプスとひみつの湖―水生恐竜とたたかう巻 (たたかう恐竜たち) 恐竜トリケラトプスと巨大ガメ アーケロンの海岸の巻 (恐竜の大陸) 恐竜トリケラトプスと恐怖の大王―たたかう恐竜たち (たたかう恐竜たち) 恐竜トリケラトプスとアロサウルス―再びジュラ紀へ行く巻 (たたかう恐竜たち) 恐竜トリケラトプスとティラノサウルス―最大の敵現れるの巻 (恐竜の大陸)


たたかう恐竜たちシリーズ、7作目!恐竜が好きな息子が見つけた一冊です。トリケラトプスのビッグホーン、息子のリトルホーン、妹のミニホーンが出てくる、シリーズ絵本になります。絵がリアルすぎず、かといって可愛らしすぎない、子どもにはとっつきやすい感じの絵で、すんなりストーリーに入っていくことが出来ました。

新天地を狙ってやってきたカルノタサウルス、一難さって今度はギガノトサウルスがやって来たりと、次々と変わるストーリー展開に息子は絵本に釘付けでした。絵本でも、迫力があって良かったと思います。

このシリーズは息子が大好きなので、どの絵本でも何度も読まされています。恐竜好きな子なら、きっと満足できるかと思います。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:00 ・く【黒川みつひろ】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『恐竜トリケラトプスとひみつの湖』 /黒川 みつひろ

2009/01/16
ダスプレトサウルスの息子プレト、登場!

恐竜トリケラトプスとひみつの湖―水生恐竜とたたかう巻 (たたかう恐竜たち)
恐竜トリケラトプスとひみつの湖―水生恐竜とたたかう巻 (たたかう恐竜たち)黒川 みつひろ

小峰書店 2006-07
売り上げランキング : 241086

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
恐竜 トリケラトプスとスピノサウルス―あかちゃん恐竜をまもる巻 (たたかう恐竜たち) 恐竜トリケラトプスと恐怖の大王―たたかう恐竜たち 恐竜トリケラトプスとギガノトサウルス―南海大決戦の巻 (たたかう恐竜たち) たたかう恐竜たち 恐竜トリケラトプスのジュラ紀決戦―ジュラ紀最強肉食恐竜とたたかう巻 たたかう恐竜たち 恐竜トリケラトプスと大空の敵―プテラノドンとたたかう巻


たたかう恐竜たちシリーズ、6作目!恐竜が大好きな息子が見つけたシリーズ絵本です。トリケラトプスのビッグホーン、息子のリトルホーン、妹のミニホーンが出てくる、シリーズ絵本になります。絵がリアルすぎず可愛らしすぎず、子どもに受け入れやすい絵だったこともあり、すんなりストーリーに入っていくことが出来ました。

今回は、水生恐竜スコミムスが登場してきます。ダスプレトサウルスの息子プレトとリトルホーンの子供同士のふれあいもあったりして、このシリーズ絵本の中では、ちょっとだけ微笑ましく思えたりします。息子も、 「ダスに子どもがいたんだね!」と嬉しそうに言いながら読んでいました。知っているキャラクター(恐竜ですが)が別のストーリーに出てくるところは、シリーズ絵本ならではの楽しみでもありますよね。

今まで陸上の恐竜しか知らなかったので、この絵本で息子はスコミムスの存在を知り、早速覚えてしまったようです。恐竜好きの子なら、きっと満足できる内容だと思います。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:00 ・く【黒川みつひろ】 | コメント(2) | トラックバック(0)

『恐竜トリケラトプスのジュラ紀決戦』 /黒川 みつひろ

2009/01/14
正義は勝つ!

たたかう恐竜たち 恐竜トリケラトプスのジュラ紀決戦―ジュラ紀最強肉食恐竜とたたかう巻
たたかう恐竜たち 恐竜トリケラトプスのジュラ紀決戦―ジュラ紀最強肉食恐竜とたたかう巻黒川 みつひろ

小峰書店 2004-07
売り上げランキング : 186447

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
恐竜トリケラトプスと恐怖の大王―たたかう恐竜たち 恐竜トリケラトプスとアロサウルス―再びジュラ紀へ行く巻 (たたかう恐竜たち) 恐竜トリケラトプスとひみつの湖―水生恐竜とたたかう巻 (たたかう恐竜たち) たたかう恐竜たち 恐竜トリケラトプスと大空の敵―プテラノドンとたたかう巻 恐竜トリケラトプスとギガノトサウルス―南海大決戦の巻 (たたかう恐竜たち)


たたかう恐竜たちシリーズ、5作目!恐竜が大好きな息子が見つけた一冊です。息子が初めて読んだ恐竜の絵本がこれになります。

トリケラトプスのビッグホーン、息子のリトルホーン、妹のミニホーンが出てくる、シリーズ絵本です。絵がリアルすぎず、可愛らしすぎず、子どもに受け入れやすい絵だったこともあり、すんなりストーリーに入っていくことが出来ました。

病気で動けなくなったブラキオサウルス、それをいいことにてあたり次第に草食恐竜を襲うようになったアロサウルス。ブラキオサウルスを助けるためにジュラ紀クレーターにやってきたトリケラトプスたちが迫力ある戦いを繰り広げます。

男の子はやっぱり戦いのシーンが好きなようです。そのうえ、正義は勝つ!っといった感じの爽快感があり、息子のお気に入りのシリーズとなったようです。恐竜好きな子なら、きっと満足できると思いますよ。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:00 ・く【黒川みつひろ】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『恐竜トリケラトプスとアロサウルス』 /黒川 みつひろ

2009/01/12
読むたびに恐竜を知ることが出来ます
恐竜トリケラトプスとアロサウルス―再びジュラ紀へ行く巻 (たたかう恐竜たち)
恐竜トリケラトプスとアロサウルス―再びジュラ紀へ行く巻 (たたかう恐竜たち)黒川 みつひろ

小峰書店 2003-07
売り上げランキング : 275116

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
恐竜トリケラトプスとひみつの湖―水生恐竜とたたかう巻 (たたかう恐竜たち) 恐竜トリケラトプスとティラノサウルス―最大の敵現れるの巻 (恐竜の大陸) 恐竜トリケラトプスと巨大ガメ アーケロンの海岸の巻 (恐竜の大陸) 恐竜トリケラトプスと恐怖の大王―たたかう恐竜たち (たたかう恐竜たち) 恐竜 トリケラトプスジュラ紀にいく―驚異のジュラ紀で大活躍の巻 (恐竜の大陸)


たたかう恐竜たちシリーズ、第4作目!トリケラトプスのビッグホーン、息子のリトルホーン、妹のミニホーンが出てくる、シリーズ絵本になります。絵がリアルすぎず、可愛らしすぎず、子どもに受け入れやすい絵だったこともあり、すんなりストーリーに入っていくことが出来ました。

アルケオプテリクス(始祖鳥)からの連絡により、ジュラ紀クレーターで起きている事態を知り、救済のために新天地を後にしたトリケラトプスたち。ジュラ紀クレーターではステゴサウルス親子との再会、そしてすぐにアロサウルスとの戦うシーンもあります。

男の子はやっぱり戦いのシーンが好きなようですね。1冊のストーリーの中に必ずトリケラトプスの戦いのシーンが入っているので、期待を裏切らないシリーズ絵本になっています。

このシリーズ絵本は、ストーリーが終わった後、必ず登場した恐竜の詳しい解説があり、恐竜のこともしっかり知ることが出来ます。絵本を読むたびに新しい恐竜を知る喜びもあってか、息子のお気に入りのシリーズとなっています。恐竜好きの子なら、きっと満足できる内容だと思います。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:00 ・く【黒川みつひろ】 | コメント(0) | トラックバック(0)

小銭貯金 第26回発表!

2009/01/10
2004年11月から続けている小銭貯金の実績を、 この場を借りて公表しています。
今回は、その第26回目の発表です。

■第26回発表■

(集計日) ~2009年1月8日

(集計金額) 10,367円



前回の集計日以降からの、約97日間の貯金額です。

(累計額) 194,222円

小銭貯金を始めてから今日までで約50ヶ月が経ちました。
現時点での1ヶ月辺りの平均貯金額は、約3,884円。前回より微妙にダウンです。
20万円達成まで、残り5,760円です!次回の集計では達成すること間違い無しです

余談ですが、近所の郵便局のATMがようやく新しくなり、小銭を入金できるようになりました!
今まで、窓口行くのが嫌だったんですよね
今までは、ある程度まとまったら窓口に持ち込んで入金していたのですが、
今後は、ちょこちょこ入金しに行くのもありかなって思ってます。
手元にあると、使いたくなっちゃいますしね(笑)


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


09:00 節約・小銭貯金 | コメント(4) | トラックバック(0)

『なかよしおばけのびっくりおふろ』 /ジャック・デュケノワ

2009/01/08
これはもう、お風呂ではありません(笑)

なかよしおばけのびっくりおふろ (nakayoshi obake)
なかよしおばけのびっくりおふろ (nakayoshi obake)ジャック デュケノワ Jacques Duquennoy

ほるぷ出版 2003-06
売り上げランキング : 1180475

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なかよしおばけのシリーズ絵本です。絵本、というより漫画ですね。1ページに4コマぐらいのペースで進んでいきます。読み聞かせは、吹き出しの台詞を読んでいく感じです。

このシリーズは何冊か読んでいるので、今度はおばけが何をやってくれるのか楽しみにしながら読んでいきました。本のタイトルに「おふろ」と書いてありますが、これはもう、お風呂ではありません。プールですね(笑)

後半、どうなっちゃうの~!っていう場面があったりとそれなりに楽しめました。細かい説明がないので、絵をじっくり見ていないとなんでそうなったのかが理解できなかったりするので、何度か読み返さないと楽しめないのが難点かな。でも、絵は何度見てもかわいいので、ついつい読んでしまいます。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ぼくとじょうえつしんかんせん』 / 関根 栄一

2009/01/06
新幹線の実況中継みたいな感じ

ぼくとじょうえつしんかんせん (のりものえほん)
ぼくとじょうえつしんかんせん (のりものえほん)関根 栄一 横溝 英一

小峰書店 1988-03
売り上げランキング : 1375624

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


春休み、4月から高校生になるお姉ちゃんと、小学1年生になる”ぼく”が、上越新幹線に乗って新潟から東京まで旅するストーリーです。

雪景色の中を走る上越新幹線、車内の様子、車内から見える、窓外の景色などがきちんと描かれているので、読みながらまるで本当に一緒に新幹線に乗っているような気持ちになります

群馬付近のトンネルの描写なんかもよく特徴を捉えて表現されていて、本当にこんな感じなんだろうなと思いながら読み進めていきました。お姉ちゃんとぼくの会話や、東京のおばさんに会いに行くという設定はありますが、やっぱり上越新幹線が主役っていう感じですね。

新幹線の実況中継みたいな感じで、なかなか面白かったです。新幹線に乗ったことの無い息子にも、絵を見ながらこんな感じなんだよと教えながら読みました。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:00 ・乗り物の本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『うしがそらをとぶ』 /デーヴィッド・ミルグリム

2009/01/04
自由な発想が素晴らしい
うしがそらをとぶうしがそらをとぶ
David Milgrim 吉上 恭太

徳間書店 1998-10
売り上げランキング : 795050

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



タイトルが気になって読んでみた1冊。

大人の常識は非常識?カチンコチンの大人の考えを、見事に男の子が破ってくれます!それなのに、大人は誰も見てくれなくて・・・・結局、それを目撃したのは、男の子ひとりだけ。

「うしが そらを とべたんだもん。きっと だれでも とべるんだよ!」

実際にはこんなことは起きないだろうけれど、子供の自由な発想になんだか未来を感じ、ほほえましく思いました。固定観念はいけない と思わせてくれたこの一冊に感謝!

息子にも読み聞かせてみましたが、興味深く聞き入ってくれました。一人で読み直していたところをみると、ユニークな発想に共感していたのかな?息子も自由な発想でいろんなことを考えて欲しいなって思いました。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)




09:00 ・動物の本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『きみの家にも牛がいる』 / 小森 香折

2009/01/02
新年 明けまして おめでとうございます!
本年も どうぞ よろしく お願いいたします

今年は丑年ということで、この絵本のご紹介からのスタートです!

きみの家にも牛がいる (エルくらぶ)
きみの家にも牛がいる (エルくらぶ)小森 香折 中川 洋典

解放出版社 2005-10
売り上げランキング : 346332

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 (講談社の創作絵本) うちは精肉店 もーおーうしです! (エルくらぶ) いただきまーす! (エルくらぶ) 絵本もうひとつの日本の歴史 (エルくらぶ)


タイトルに惹かれて、思わず読んで見た絵本です。

牛には乳牛と肉牛がいること。牛を肉の形にしてくれる人がいること。肉は初めから「ある」ものじゃなくて、いろいろな人の手を借りて「つくられる」ものだということ。そして、牛は丸ごと一頭、どこも捨てることがない動物だということ。

一頭の牛が日常生活のいろんなところにいろんな形で使われているという事実に、大人の私が読んでもびっくりする内容でした。確かに、私の家にも牛がいました!!

息子は、乳牛と肉牛がいることを知り、そして、牛が解体されていく絵を見て、すごく驚いていました。なんとなくは解かっていても、
そういう様を見せられると衝撃的だったようです。まるで工場見学に行ったような感覚でした。

牛の命にとても感謝したくなる1冊です。絵本のタイトルの意味がよーくわかる内容でした。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・学べる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |