11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

良いお年を!

2008/12/31
今年も残すところ、今日一日となってしまいました。
思い返せば、いろんなことがあり、あっという間の一年だったように思います。
今年は、息子も小学生となり、がらっと環境も代わり、親子共々、悪戦苦闘・・・
いや、鍛えられた一年でした(笑)

息子は、今年もたくさん本を読みました。とはいえ、強制はしておりません。
自宅から図書館が近いということもありますが、寸暇を惜しんで本を開く息子の
姿を見ていると、一見、頭は良さそうなのですが・・・イマイチ学力には結びつかず(笑)
それでも、興味のあることに関しては、ずば抜けた記憶力を持っていることだけは
しっかりとわかった一年でもありました。

まだまだご紹介できていない絵本・本がたくさんあります。
来年もまた、引き続きマイペースにブログ更新をしていきたいと思っております。
訪問して下さった皆様、今年一年、本当にありがとうございました。
そして、また来年もよろしくお願いいたします。

みなさん、良いお年をお迎え下さいね
09:00 ●お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

『ぎょうれつ ぎょうれつ』 /マリサビーナ ルッソ

2008/12/29
気持ちがほんわかする絵本です

ぎょうれつぎょうれつ (BOOKS FOR CHILDREN)
ぎょうれつぎょうれつ (BOOKS FOR CHILDREN)マリサビーナ ルッソ Marisabina Russo

徳間書店 1994-11
売り上げランキング : 47469


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


息子が4歳ぐらいの時に読んでやったことのある絵本です。

「ごはんですよ。サム、いらっしゃい」 とお母さん。
「ちょっとまって」 とサム。

お昼ご飯のある台所まで、なぜか行列を始めるサム。行列するのは積み木だったり本だったりおもちゃの自動車だったり。息子はサムの気持ちがよくわかるらしく、行列しているものを見てかなり笑っていました。

そして、やっとゴールしたサムに対するお母さんの接し方にこちらまでにっこり。子供の全てを受け入れている お母さんの寛大な心がすごく伝わってきて、心温まる一冊になっていると思います。

普段見逃してしまいそうな親子の日常のワンシーンを取り上げて絵本にしてしまうなんて、すごいと思います。この絵本を読んだ後は、小さなことに幸せを見つけられそうな気がしますよ。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



09:00 ・乳幼児向けの絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『がんばれ!パトカー』 / 竹下文子

2008/12/27
事件発生! 我が家の蔵書です


がんばれ!パトカー
がんばれ!パトカー竹下 文子

偕成社 2007-04
売り上げランキング : 30820

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ぼくの しょうぼうしゃ はしれ!たくはいびん クレーン クレーン ざっくん!ショベルカー ピン・ポン・バス



息子が大好きな、竹下文子さんの絵本です。

パトカーの行動を通して、おまわりさんの仕事がわかるようなストーリー展開になっています。交通整理、道案内、迷子の親探し、それから泥棒だって捕まえます!宝石泥棒の事件発生に、息子も大興奮しながら絵本を読み進めました。男の子って、こういう事件とか好きですよね(笑)事件解決で、息子も大満足な一冊になりました。

警察官の魅力あふれるこの1冊、おなじみの鈴木まもるさんの絵もやっぱり良かったです。息子が気に入ったので、購入済です。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



09:00 ・た【竹下文子】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『カッチョマンがやってきた!』 /ミニ グレイ

2008/12/25
カッチョマン、面白すぎ
カッチョマンがやってきた!カッチョマンがやってきた!
Mini Grey 吉上 恭太

徳間書店 2008-06
売り上げランキング : 165266
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


表紙絵とタイトルに惹かれ、手にとってみた一冊です。

最新型アクション・フィギュア「カッチョマン」。期待通りのまじめにふざけた感じのストーリー展開 です(笑)読み聞かせてみたところ、バカウケでした。

とにかく、翻訳がピッタリだと思います!カッチョマンのノリを損なわないテンポで、楽しい言葉を上手く組み合わせて訳してるな~と感じました。息子が一番気に入ったのは、オフーロ海に現れた謎の生物「ツマサッキー」ですね。この絵本を読んでからは、我が家のお風呂にも入るたびに「怪物ツマサッキー」が現れています(笑)

読み聞かせるには、かなりテンションを上げて読むことをお勧めします。大人が読んでも笑えると思いますよ。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

09:00 ・ユニークな展開の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『シンプルに片づけて毎日スッキリ心地よく暮らす』 /金子由紀子

2008/12/23
シンプルに片づけて毎日スッキリ心地よく暮らす
シンプルに片づけて毎日スッキリ心地よく暮らす金子 由紀子

すばる舎 2007-09-19
売り上げランキング : 303110


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


総合情報サイト「All About」でシンプルライフの記事を書いている、金子由紀子さんの本です。実は、この本の著者がAll Aboutのライターだなんて全く知らずに、図書館で予約が数件入っていたのでつられて借りて読んでみたのですが、途中でAll Aboutのライターだと知り、「あ~!そうなんだ!」と驚いた私。ネットで調べものをしていると、必ず検索で引っかかるんですよね、All About。

さて、内容はといえば、実に読みやすいです。そして親しみやすい感じ。金子さん自身が主婦の目線で感じたこと、思ったことをストレートに書かれていて共感、そしてまた、すぐにでも実践できそうなことがわかりやすく書かれていて、「なるほど!」と参考になることがいくつかありました。

・とりあえず片付いて見える、5つの「ない」
・「平面」をたくさん見せる工夫を
・無機質なオフィス用品が、じつはとても使える!
・ひとつのモノの用途を広げるとモノが増えない



小見出しを読んだだけでも、ハッとさせられませんか?
そういえばそうだなっていうことを、改めて考えてみただけで、散らかった部屋が
片づけられそうな気がします。

中でも、私が一番、納得したことがこれ。

・視野に入る”情報”を少なくする



視野に入る情報とは、 「色・柄・文字・絵」といった要素で、その最たるものが「商品についているロゴやラベル」とのこと。散らかって見える部屋に共通していることは、それらの情報量の多さで、逆にどんなにモノが多くても、それが同一色や同じ柄だとしたら、意外に散らかって見えない、というもの。私、この類の本を結構読んでいますが、こういう視点からの指摘は初めてされたような気がします。「うわ、やられた~!!」という感じすら受けました。

知らなかったのですが、金子さんは今回紹介した本以外にもいろいろと出版されているようです。これからちょこちょこ時間をかけて読破してみようかなと思っています。気に入った著者の本は、読破する主義ですので(笑)なんで家が散らかってるんだろう・・・といつも思っているあなた、一度この本を読んでみてはいかがでしょうか?



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)




09:00 ・【アドバイス系・参考系の本】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『容疑者Xの献身』 / 東野 圭吾

2008/12/21
容疑者Xの献身 (文春文庫)容疑者Xの献身 (文春文庫)
東野 圭吾

文藝春秋 2008-08-05
売り上げランキング : 132

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「探偵ガリレオ」「予知夢」と短篇連作で二冊刊行されている「湯川シリーズ」の初長篇になります。個人的には、テレビドラマを見てハマったのが先で、こちらの本は知り合いからのお勧めで読んでみたのですが、最後の最後まで展開が読めず、久しぶりに面白い本を読んだ!という感じがしています。

湯川学(ガリレオ)シリーズの本はこちらになります。

●探偵ガリレオ(1998年文藝春秋刊、2002年文春文庫刊)
●予知夢(2000年文藝春秋刊、2003年文春文庫刊)
●容疑者Xの献身(2005年文藝春秋刊、2008年文春文庫刊)第134回直木賞受賞作品 
●聖女の救済(2008年文藝春秋刊)
●ガリレオの苦悩(2008年文藝春秋刊)




『探偵ガリレオシリーズ』または『物理学者湯川シリーズ』は、日本の推理作家東野圭吾原作の推理小説で、物理学者・湯川学を主人公とした連作ミステリーシリーズの総称。

2007年10月より短編集「探偵ガリレオ」「予知夢」の2作を原作としたテレビドラマが『ガリレオ』として放映されました。2008年10月にはテレビドラマの劇場版として同キャスト・スタッフにより探偵ガリレオシリーズ第3作『容疑者Xの献身』が映画化。映画はまだ観ていないのですが、原作を読んで内容を把握できたにも関わらず、やっぱり映画も観たい!!と思っちゃいました。あの場面をどうやって再現するんだろうとか、どんな風に映像化したのかな、なんて興味もありますし。

『容疑者Xの献身』のストーリーは、以下の通り。(公式サイトから引用しています)

天才数学者でありながら不遇な日々を送っていた高校教師の石神は、アパートの隣室に一人娘と暮らす靖子に秘かな想いを寄せていた。靖子は、元夫の富樫にしつこくつきまとわれ、発作的に自室で彼を殺してしまう。警察への自首を覚悟した靖子だったが、殺害に気づいた石神は、彼女たちを救うため、完全犯罪を企てる。そして、靖子にこう言うのだった。「私の論理的思考にまかせてください」 ・・・・草薙刑事から事件のあらましを聞いた帝都大学理学部の助教授、ガリレオこと湯川 学は、関係者の中に懐かしい名前が混じっていることに気づく。帝都大学の同期生で、湯川が唯一天才と認めた男、石神哲哉だった。



『容疑者Xの献身』では、今までみられなかった湯川が感情を表に出してしまうシーンが出てきます。それが映画ではどんな風に映像化しているのかっていうのが、とても気になりますね。映画の公式サイトは、「こちら」。登場人物の配役、花岡靖子役に松雪泰子は適任過ぎます!!湯川と同期生だった数学教師、石神哲哉役に堤真一とは、意外な感じもしましたが、堤さんは以前のドラマ(確か、「やまとなでしこ」)で、数学を研究していたという過去を持つ役を演じておられたので、そのイメージから納得という感じでしょうか。

実は、湯川学(ガリレオ)シリーズの本は『容疑者Xの献身』しか読んだことがない状態なので、他の作品も読んでみようと思っています。その他の東野作品も読んでみようかな。好きな作家さんが一人増えました


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)




09:00 ・ひ【東野圭吾】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『おもしろくてやくにたつ 子どもの伝記』シリーズ

2008/12/19
大人が読んでもおもしろいです!

野口英世 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記 (1))
野口英世 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記 (1))浜野 卓也

ポプラ社 1998-07
売り上げランキング : 107572

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
エジソン (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記) ヘレン・ケラー (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記) ライト兄弟 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記 (4)) キュリー夫人 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記) 福沢諭吉 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記)


この本を見つけたいきさつは、実は、私自身が読むためだったんですね。子どもの頃から本を読むのは好きだったのですが、なぜか伝記物はずっと読む気になれなくて、今に至ってしまった経緯があります。大人になった今、さすがに教養の一部として過去の有名な方の生涯を知っておくことは必須なんじゃないかと思いたち、伝記物が苦手な自分でも読めそうな伝記の本はないかなと探していて、見つけたのがこのシリーズです。

読み出してすぐに思ったのですが、このシリーズは本当に読みやすいです!子供向けに書かれていることもありますが、取っつきやすい文章、かといって文面が乱れているわけでは決してなく、これぞ理想的な児童書って感じですね。表からも裏からも読めるようになっていて、表からは、純粋に人物の一生が文字で淡々と綴られています。一方、裏から読むと、絵や写真、年表などでその人物を簡単に知ることができるようになっています。本を読めばわかる、人物に関わるクイズもあったりして、ものすごくわかりやすかったです。

このシリーズを数冊、図書館から借りてきてトイレで少しずつ読み進めていたのですが、ある日、小1の息子が一言、「おもしろいから、今度はファーブルも借りてきて!」と。いつの間にか、息子もこの伝記を読んでいたようです。文章の量的に、小学低学年の息子が読むには難しいかなと思っていたのですが、出てくる漢字には全て読み仮名がふってありますし、ストーリーさえわかれば、どんどん読めちゃうものなんですね。我が家では、親子でお墨付き!のシリーズです。できたら買い揃えたいなと思っています。



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)



09:00 ●児童書・学習まんが | コメント(0) | トラックバック(0)

『ゴムあたまポンたろう』 / 長 新太

2008/12/17
ネーミングに(笑)
ゴムあたまポンたろう (絵本・こどものひろば)ゴムあたまポンたろう (絵本・こどものひろば)
長 新太

童心社 1998-03
売り上げランキング : 133460

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まず、何はともあれ、 「ゴムあたまポンたろう」というネーミングに心を打ち抜かれたような気がしました(笑)

いろんなところで、いろんなものに頭を「ポン」とぶつけながら飛んでいく、ゴムあたまポンたろう。きっとバランスが良いのでしょう。ずっと”気を付け”の姿勢のままで空を飛んでいる姿に、どうしても笑わずにはいられませんでした。息子はといえば、「何これ?」という感じで、ニヤニヤしながら最後まで聞き入ってくれました。

絵を見る限り、ゴムあたまポンたろうの頭が、ゴムでできているように見えなかったので、「ゴム」のイメージがいまいちピンとこなかったようです。頭をボールみたいに描いてもらえたらもっと楽しめたかもしれませんね。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:00 ・ち【長新太】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ちいさなバス』 / 片平直樹

2008/12/15
バスの実況中継って感じです

ちいさなバスこどものとも ちいさなバス

福音館書店 2007-09-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小さなバスのまるくんが出発して、終点まで運行する様子を、ひたすら実況中継しただけの絵本です。狭い道、広い道、商店街や並木道、いろんな道を走るまるくん。途中、右に曲がったり赤信号で止まったりするところまでしっかりと表現されていて、バスのことを知りたい!という小さなお子さんにはうってつけの絵本だと思います。

我が家の6歳児には、ちょっと物足りなかったかな。2~4歳ぐらいの子にちょうど良い内容だと思います。





☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・乳幼児向けの絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ちいさなひこうきのたび』 / みねお みつ

2008/12/13
空を飛んでいるシーンがお勧めです

月刊 かがくのとも 2007年 05月号 [雑誌]月刊 かがくのとも 2007年 05月号 [雑誌]

福音館書店 2007-04-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



町の中にある小さな飛行場のプロペラ機が主役の絵本です。小さなプロペラ機がお客さんを乗せ、島まで送迎する様子を、お客の目ではなくて、運行する立場の目でいろいろ知ることができます。

小さなプロペラ機でも、お客さんを乗せて飛ぶためには、さまざまな人たちが関わり、手がかかっているんだなあということが、この絵本を通して子供にも感じられたようです。

それはそうとこの絵本の絵、プロペラ機が空を飛んでいるシーンがとても上手に描かれていて、見ていてとても気持ちがいいです。本当に自分も一緒に空を飛んでいるような気分になります。大きな飛行機とは違って、島へ行き来する人たちの日常の足として
働いているプロペラ機、こういうプロペラ機に一度乗ってみたいなと思ったのは、この絵本を読んだ子供だけではないと思いますよ。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・乗り物の本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『かいけつゾロリ あついぜ!ラーメンたいけつ』 /原ゆたか

2008/12/11
小学生なら一度はハマる?シリーズです

かいけつゾロリ あついぜ!ラーメンたいけつ (ポプラ社の新・小さな童話)
かいけつゾロリ あついぜ!ラーメンたいけつ (ポプラ社の新・小さな童話)原 ゆたか

ポプラ社 2001-12
売り上げランキング : 51610

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
かいけつゾロリのきょうふのカーニバル (ポプラ社の新・小さな童話―かいけつゾロリシリーズ (181)) かいけつゾロリたべられる!! (ポプラ社の新・小さな童話) かいけつゾロリのようかい大リーグ―かいけつゾロリシリーズ (ポプラ社の新・小さな童話) かいけつゾロリのめいたんていとうじょう―かいけつゾロリシリーズ (ポプラ社の新・小さな童話) かいけつゾロリのてんごくとじごく (ポプラ社の新・小さな童話)


息子が今、夢中になっているのが「かいけつゾロリ」シリーズです。学校で人気があり、気になった息子が試しに読んでみたら面白かったとのことで、最近は寝ても覚めてもこのシリーズの本ばかり読んでいます。最初、漫画かな?と思ったのですが、コマ割りはほとんど無いですし、絵の多い児童書という感じでしょうか。絵本からのステップアップにちょうどいいかなという感じです。

今回取り上げたこのお話は、ラーメン王に変装したゾロリが、イシシ、ノシシと共に、つるつる軒とカメカメ亭のラーメンを対決させ、お店を潰して乗っ取り、自分のお店を開店させて毎日ラーメンを食べようと計画するお話。

このシリーズは、大人が読めば、なんてひどいお話なんだろうと思ったりもするのですが、子供には楽しいらしく、とはいえ、子供ながらにゾロリがひどいことをしているということがわかっているからこそ笑えるのだろうとも思うし、ちょっと複雑ですね。

やたら、おならネタが多かったりもしますが、日常会話では出てこないような言葉も使われていたりして、意外にも、このシリーズを通して息子はいろんな言葉を覚えていてびっくりしました。たとえば、この「ラーメンたいけつ」のお話では、「老舗(しにせ)」という言葉が出てきて、さらっと説明してくれていたりするんですよね。出てくる漢字は一年生で習う漢字レベルで、漢字とカタカナには読み仮名がふってあります。ひらがなさえ読める子であれば、どんどん一人で読めちゃいます。

そして、ゾロリシリーズがおもしろいなと感じるのは、ストーリー以外にも楽しみ方があるところ ですね。絵の中にこっそりと作者の原ゆたかが隠れていたり、病気で亡くなり、幽霊になっているゾロリのママが隠れていたり、それを探しだす楽しみもあります。(ゾロリママが暗闇で本当に光るような細工のされたイラストもあったりしてびっくり!)あと、全部の巻ではないのですが、巻末にゾロリしんぶんや付録が付いていたりすることもあります。

作者は、子供心を掴むのがとても上手だなと感心してしまいます。ちなみに、息子の学校のクラスでは、男の子だけではなく女の子にもゾロリは人気があるようです。正直、大人が読んでも楽しかったりしますよ。(有名人、有名なものなどをパロっていたりするので)


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





↓ 記事の続きで、関連グッズを紹介しています♪
>>続きを読む・・・
09:00 ●児童書・学習まんが | コメント(0) | トラックバック(0)

『しんかんせんでおいかけろ』 / 横溝英一

2008/12/09
急げ、急げ!

しんかんせんでおいかけろ! (のりものえほん)
しんかんせんでおいかけろ! (のりものえほん)横溝 英一

小峰書店 1997-07
売り上げランキング : 335830

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ゆきぐにれっしゃだいさくせん (のりものえほん) ぐんぐんはしれ ちゅうおうせん (のりものえほん) しんかんせんのぞみ700だいさくせん (のりものえほん) うみのでんしゃ ぼくらの江ノ電 (のりものえほん) ブルートレインほくとせい (のりものえほん)


1年生のたつ君と6年生のお姉さんがブルートレイン「はやぶさ」で熊本のおばさんのところへ行くまでのストーリー。

一人でお弁当を買っていたお姉さんが、電車に乗り損ねてしまい、本のタイトル通り、 「新幹線で(ブルートレインを)おいかけろ!」という事態に陥ってしまいます。

これが、読んでいて結構ハラハラさせられるんですよね。追いつきそうでなかなか追いつけないお姉さんの焦る気持ち、事情を把握した駅員さんたちの助けもあったりして、「早く、早く!」と応援したくなります。

追いかけているお姉ちゃんの乗る 「こだま」が、たつ君の乗っている「はやぶさ」を追い抜くシーンがあるのですが、息子はやっとこのページで事態が飲み込めたようです。まだ新幹線に乗ったことがない息子は、新幹線が時間を決めて走行しているということがわかっていなかったようで、この絵本でそういうことを教える、良い機会となりました。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:00 ・よ【横溝英一】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『もぐらくんとゆきだるまくん』 /ハナ・ドスコチロヴァー

2008/12/07
もぐらくんの台詞が好き
もぐらくんとゆきだるまくん (もぐらくんの絵本)
もぐらくんとゆきだるまくん (もぐらくんの絵本)ズデネック・ミレル

偕成社 2004-01-16
売り上げランキング : 173361

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
もぐらくんとパラソル (もぐらくんの絵本) もぐらくんとまいごのうさぎ (もぐらくんの絵本) もぐらとずぼん (世界傑作絵本シリーズ―チェコの絵本) もぐらとじどうしゃ (世界傑作絵本シリーズ―チェコの絵本) もぐらくん、おうちをつくろう (もぐらくんの絵本)



もぐらくんの絵本の中でも、これはかなり良いと思います。

雪だるまくんともぐらくんの姿を通して、離れていても心が通じていればずっと友達でいられるんだよ、というメッセージが込められているような気がして、心が温まります。

「ねえ、ゆきだるまくん。ここでじっとしていちゃだめだよ。ともだちになりたかったら、いっしょにあそばなきゃ!」

というもぐらくんの台詞があるのですが、この台詞には個人的に思い出があります。息子が幼稚園へ入園してすぐの頃、緊張のあまりに動けなくなっていたんですね。その時、息子にこの台詞を言ってみたところ、ニッコリ笑って元気になったことがありました。

大好きなもぐらくんの言葉だったから、息子の心に響いたのかなって思います。もちろん、いつでも読めるように我が家に常備してあります。個人的には、お勧めの一冊です。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)



09:00 ・動物の本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『タイムトラベラー ウォーリーをおえ!』 /マーティン ハンドフォード

2008/12/05
いろんな角度から楽しめます

新タイムトラベラーウォーリーをおえ! (新ウォーリーのえほん)
新タイムトラベラーウォーリーをおえ! (新ウォーリーのえほん)マーティン ハンドフォード Martin Handford

フレーベル館 2000-11
売り上げランキング : 57842

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
新ウォーリーのふしぎなたび (新ウォーリーのえほん) 新ウォーリーをさがせ! (新ウォーリーのえほん) ウォーリーのゆめのくにだいぼうけん! 新ウォーリーハリウッドへいく (新ウォーリーのえほん) ウォーリーをさがせ!きえた名画だいそうさく! (新ウォーリーのえほん)


「昔流行ったよね!」とは、私の感想。息子にはこの手の本はとても新鮮だったようです。

絵が描いてあるんだから絵本には違いありませんが、主人公が隠れているのが他の絵本とは大きな違い。ページをめくる度に、「はい、(ウォーリーは)ど~こだ!」と、息子と競争しながらウォーリーを探して楽しみました。

他にも、ページごとの時代の絵をじっくり見て、「こんなのがあった!」「これなあに?」「変な格好の人がいるよ」と息子はいろんな角度から楽しんでいました。何度見ても飽きないし、その時代のことも垣間見れる?大人も子供も楽しめる素敵な絵本だと思います。これをきっかけにいろんな時代に興味が沸いてきそうです。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)




09:00 ・学べる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『むしのおんがくがっこう』 / 青山 邦彦

2008/12/03
テントウムシに拍手!

むしのおんがくがっこう (あかね・新えほんシリーズ)
むしのおんがくがっこう (あかね・新えほんシリーズ)青山 邦彦

あかね書房 2007-10
売り上げランキング : 497022

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ドワーフじいさんのいえづくり (フレーベル館の秀作えほん) コロムビアキッズ こどものうた~さぁ行け!ニンニンジャー!・あくびがビブベバ~ てんぐのきのかくれが おかしのまち いたずらゴブリンのしろ


虫の大好きな息子が図書館で見つけた1冊です。

柔らかい色彩の絵のタッチがとても印象的です。音楽学校に入りたいテントウムシが主人公。だけど、テントウムシは音が出せないため、音楽学校には入学できないと断られるんです。 「鳴けないくせに音楽を勉強したいなんて、本当に変なやつだ!」と音楽学校の生徒たちに笑われ・・・・

でも、お話の後半、素敵なことが起こります。テントウムシは、みんなに大事なことを教えたのかもしれませんね。笑えるお話がお好みの息子ですが、この絵本には笑えるシーンが無かったにも関わらず、最後まで興味深く聞き入り、後からも1人で何度も読み返していました。なにかしら、心に伝わるものがあったのかも知れませんね。

個人的には、クツワムシの校長先生の顔がすごく人間ぽくってとても笑えてしまいました。その他の虫たちの表情もお勧めです。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

09:00 ・虫・生き物の本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『にんきものアルバム』 / 近藤 薫美子

2008/12/01
結構難しい!

にんきものアルバム
にんきものアルバム近藤 薫美子

BL出版 1998-03
売り上げランキング : 1459140

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


息子が大好きな近藤薫美子さんの絵本です。「にんきものシリーズ」の第2弾になります。ダジャレみたいな言葉遊びとともに、いろんな虫が1匹ずつ紹介されていきます。そして、探し物は次のページに。。。

「ウォーリーを探せ」の虫バージョンだと思っていただければ解かりやすいかな?絵が細かいので、結構難しかったりします。息子と2人で競争しながら探して楽しみました。絵で楽しめるので、小さなお子さんからでも楽しめると思います。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:00 ・こ【近藤薫美子】 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |