07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

『ふねがきた!』 / 笠野裕一

2008/08/31
絵を見てるだけでも充分です

ふねが きた! (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)
ふねが きた! (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)笠野裕一

福音館書店 2010-07-15
売り上げランキング : 117415

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
とべ! ちいさいプロペラき (こどものとも傑作集) ゆかいなかえる (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) でんしゃはうたう (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ) でんしゃでいこうでんしゃでかえろう おふろやさん (こどものとも傑作集)


息子が図書館で見つけた絵本です。

「ふねがきた!」のタイトルどおり、1艘のフェリーが港にやってきます。いろんな荷物・人・車、さまざまなものを運んできた船。今度はカラになった船の中に、いろんな荷物・人・車、さまざまなものを乗せて、また出港!

たったそれだけのことを淡々と表現されている絵本ですが、船がやってきた時の港のにぎわい方、嬉しそうな子供たち、船が来るのを待っていた人達、港で働く人の姿、そういうところを見ているだけで、この船がどれだけ大事な物を運び、大事な役割を担っているのかというところまで感じられ、説明文は無いけれど、絵だけで子供でも大人でも、何かしら感じて学べる内容になっていると思います。

やんわりとした細い線で描かれている絵も良かったですし、この船のモデルになった船がある というのも、とても興味深かったです。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・乗り物の本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ドライブにいこう』 / 間瀬 なおかた

2008/08/29
パノラマ景色が素敵! 我が家の蔵書です

ドライブにいこう
ドライブにいこう間瀬 なおかた

ひさかたチャイルド 2004-05-01
売り上げランキング : 129645

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
でんしゃでいこうでんしゃでかえろう バスでおでかけ あめのひのえんそく パノラマえほん でんしゃのたび―やまからうみへ はしれはしごしゃ


間瀬なおかたさんの絵本「あめのひのえんそく」「バスでおでかけ」が息子に好評だったので、この絵本も読んでみましたが、やはり息子のお気に入りになっています。

本当に自分もその場にいるような気分にさせてくれる絵の構成とか、ページにちょっとした仕掛けなんかもあって、立体感というか、奥行きのある絵が息子もお気に入りのようです。

よーく絵を見てみると、 「あめのひのえんそく」に出てくるバスが走っていたりして、いろいろ探す楽しみもあっていいですね。最後のページは、なんとパノラマになっています!家にいながら、ドライブ気分が楽しめる一冊です。

「あめのひのえんそく」「バスでおでかけ」についで、この絵本も購入してしまいました。字が読めなくても楽しめる絵本です。






☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:00 ・ま【間瀬なおかた】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『おばけだぞぉー!』 /ジャック・デュケノワ

2008/08/27
いろんな楽しみ方ができる絵本

おばけだぞぉー!
おばけだぞぉー!ジャック デュケノワ Jacques Duquennoy

ほるぷ出版 2001-10
売り上げランキング : 353664

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
おばけパーティ おばけ、びょうきになる おばけの地下室たんけん おばけ まほうにかかる おばけがぞろぞろ (幼児絵本シリーズ)


タイトルが「おばけだぞぉー!」ですが、絵を見るととてもとても可愛らしくて、全然怖くないところが良いです(笑)壁をするっと通れるし、消えちゃうこともできるんですけどね。でも、おばけなのに怖がっていたりする ところがまた、可愛いです。

おばけがこわい!と言っているお子さんに見せたら、きっと怖い気持ちも飛んでいっちゃうと思います。どちらかというと、小さいお子さん向けかな。6歳の息子にはちょっと幼稚すぎたようです。でも、最後のページにある絵探しには、はまっていました。

いろんな楽しみ方ができる絵本だと思います。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『なかよしおばけとちびちびおばけ』 /ジャック・デュケノワ

2008/08/25
可愛い!ちびちびおばけ

なかよしおばけとちびちびおばけ (ほるぷ海外秀作絵本)
なかよしおばけとちびちびおばけ (ほるぷ海外秀作絵本)ジャック デュケノワ Jacques Duquennoy

ほるぷ出版 2003-05
売り上げランキング : 1071933

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おばけシリーズの絵本になります。絵本というより、漫画みたいにカットが多く書かれています。

お料理をしているおばけが使用済みの、ごみ箱に捨てたはずのティッシュが、なぜか小さな「ちびちびおばけ」となって動き出し、ごみ箱から抜け出していたずらをするお話です。このシリーズの中で息子に特に好評だったのがこのお話でした。

小さくて可愛い!っていうのと、ちびちびおばけ達の意味不明なイタズラが息子の笑いのつぼに入ったらしく、何度も「読んで!」と言われ、読まされました。とはいえ、絵がメインなので、読むところはほとんど無いんですけれどね。こんな可愛いおばけがいるかも!と想像するだけで楽しくなるお話でした。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『なつのおとずれ』 / かがくい ひろし

2008/08/23
天気予報士に爆笑

なつのおとずれ (PHPわたしのえほんシリーズ)
なつのおとずれ (PHPわたしのえほんシリーズ)かがくい ひろし

PHP研究所 2008-05-20
売り上げランキング : 35298

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
おむすびさんちのたうえのひ (PHPわたしのえほんシリーズ) はっきよい畑場所 (講談社の創作絵本) がまんのケーキ ふしぎなでまえ (講談社の創作絵本) もくもくやかん (講談社の創作絵本)


この時期にぴったりかな?と思い、手にとってみた一冊です。

息子は、一番最初のページ、カタツムリの天気予報士を見て大爆笑。しかも、お日様がこの天気予報を見ていて、夏に活躍する”みんな”にお知らせするんですね。

夏の訪れってこんなふうになってたの!?なんて子供は信じちゃうかもしれませんが、こんなふうに想像できたら楽しいなって思える、素敵な一冊でした。しかも、夏本番のシーンでは、絵を見てるだけでも汗がじんわりと出てしまいます。

そして、最後のカタツムリの天気予報士に、また息子は大爆笑。「カタツムリが、帽子を被ってる~!」とげらげら笑ってました。個人的には、スピード感ある、みんなが走ってるシーンがお勧めかな。やって来た夏を楽しく過ごせそうな雰囲気がとても良かったと思います。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・か【かがくいひろし】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『うみぼうず』 / 岩崎 京子

2008/08/21
怖いお話が好きな息子にと思い、選んだ一冊です。
うみぼうず (日本の民話えほん)
うみぼうず (日本の民話えほん)岩崎 京子 村上 豊

教育画劇 2000-04
売り上げランキング : 1728300

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大人になら理解できるし、楽しめるストーリーだと思うのですが、息子にはどうも意味がわからなかったようです。 「おぼん」「やぐら」「ともべり」「せんどう」「ひしゃく」という言葉が出てくるのですが、普段使わないし、聞いたことも無い言葉だったようで、それがなんなのかよくわからなかったらしく、首を傾げていました。

だったら、絵を見て理解できるかと思ったのですが、絵が筆で流れるようなタッチで描かれており、しかも薄い色だったため、これまた見慣れていない絵のタッチだったのかごちゃごちゃに見えたようで、絵を見てもあまりよくわからないようでした。

息子に読み聞かせるには、ちょっと早かったのかもしれません。時期を見て、改めて読み聞かせてみようと思っています。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

09:00 ・民話・昔話・神話 | コメント(0) | トラックバック(0)

『タコのバス』 / 長新太

2008/08/19
短編ですが長新太さんらしい作品 !我が家の蔵書です

タコのバス

海のそばを通ったバスに、タコがすたすたと乗り込んできます。驚いた運転手が逃げちゃったので、タコ達はバスに乗りながら自分達の足で歩き出します。現実には絶対ありえませんよね(笑)

タコを見ていたら、なんだか宇宙人にも見えてきたり。意外な発想でピンチを乗り越えたり、巨大な敵が現れたり。短編ですが、長新太さんらしい作品になっています。

異次元の世界のお話のような感覚で読ませてもらいました。6歳の息子にはちょっと幼稚すぎたようです。もう少し小さい頃にこの本に出会いたかったですね。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:00 ・ち【長新太】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『うみべのハリー』 /ジーン・ジオン

2008/08/17
久しぶりの更新になります。子供が夏休み中だと、やはり子供に付き合って出掛けることが多く、なかなかPCの前に陣取ることは難しいですね

8月と9月は、夏っぽい絵本を中心に紹介していきたいと思います。
今回紹介する絵本はこちらです。

うみべのハリー (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
うみべのハリー (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)ジーン・ジオン マーガレット・ブロイ・グレアム

福音館書店 1967-06-01
売り上げランキング : 156307

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ハリーのセーター (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) ごきげんならいおん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) ふゆじたくのおみせ―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん (日本傑作絵本シリーズ) ハリネズミと金貨―ロシアのお話 (世界のお話傑作選)


海辺へやってきたハリー。かんかんでりのお日様から逃れようと日陰を探しますが・・・ 
波打ち際に座り込んだところで大波に巻き込まれて海の上にぷかぷか。ところがハリーに海藻がかぶさっていて!?

「どろんこハリー」で反応がいまいちだった息子ですが、今回は見るからに変な生き物に見えるハリーに、息子は「なにこれ!」と笑っていました。ハリーが”おばけなまこ”と呼ばれたりしていて気の毒だけど、笑えるシーンがいっぱいありました。

ホットドッグやさんの声を、ハリーが自分の名前を呼ばれているものだと間違えるシーンがあるのですが、本当はここが一番のオチになるところだったのかな?翻訳が難しかったらしく、かなり無理がある感じになっています。でも、ハリーの海藻がどうやって落ちるのかな、と思っていたので、こうきたか!という感じでした。

「どろんこハリー」よりは息子の反応もよく、私自身もこの作品の方が好きかな。「どろんこハリー」の感想は後日UP予定です。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)



15:47 ・世界傑作絵本シリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |