05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

『へんしんじどうしゃ えんこくん』 / 杉山径一

2008/06/30
おじいさんは何者?? 我が家の蔵書です

へんしんじどうしゃえんこくん (のりものえほん (4))
へんしんじどうしゃえんこくん (のりものえほん (4))杉山 径一 北田 卓史

小峰書店 1983-04
売り上げランキング : 867981

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


すぐに、えんこしてしまうから「えんこくん」なんですね。はやのさんちのえんこくんは、スーパーまでのたったの9分も走らないうちにえんこしてしまいます。交差点の真中でもえんこしてしまい、周りの車は

「ぱぱぱぱぱー。」「びびびびびー。」「ぷぷぷぷぷー。」

怒った車の大合唱に、息子は大笑いしていました。でも、これがきっかけとなり、えんこくんは買い替えられてしまいます。

すいすい乗り心地の良い新車のえーすくん。でも・・・。はやおはどうしても えんこくんのことが忘れられません。えんこはするけど、思い出がいっぱい詰まっていたんだよね。

後半、はやお は別の車のように生まれ変わったえんこくんに出会います。えんこくんの新しい持ち主は、不思議なおじいさん。今度こそしっかりえんこくんとさようならができた、はやお。えんこくんの新しい人生を知ったことで、ほっとしたのかな。

それにしても後半、なんだか違和感が残ります。生まれ変わったえんこくんだとはいえ、知らないおじいさんの車に抵抗無く乗り込んでしまう、はやおそして、なぜか はやおのことを前の持ち主の子だと知っているおじいさん。「えんこくん」という名前まで知っている。不思議、不思議、不思議すぎる。

よくよく考えてみたら、中古車売り場の片隅で、しかもタイヤが無いのに買い手がついたこと自体、不思議です。もしかしたら、このおじいさんは、えんこくんの分身のような気すらします。だってえんこくんは、はやおの家だってちゃんと覚えているんですよ!息子は単純に、空を飛んだり水上を走ったり、ハンドル操作しなくても勝手に走っていくえんこくんに喜んでいましたが。たくさんの疑問が残る1冊でした。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:33 ・乗り物の本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『海』 / 加古 里子

2008/06/28
海を調べることは地球を調べること

海 (かがくのほん)
海 (かがくのほん)加古 里子

福音館書店 1969-07
売り上げランキング : 23713

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
地球―その中をさぐろう (福音館のかがくのほん) 宇宙―そのひろがりをしろう (かがくのほん) 人間 (福音館のかがくのほん) かわ (こどものとも傑作集 (41)) (こどものとも絵本) 地下鉄のできるまで (みるずかん・かんじるずかん―銀の本)



「かがくのほん」シリーズの「海」になります。「地球」の時と同様に、こちらでは海を切断した状態を細かい絵で描かれています。

海にやってくる鳥、カニや貝などの海辺にいる生き物のことはもちろんのこと、砂の中や浅い海の中、そして深い海の中の様子、海中で生活している海草や魚たちの様子、漁の様子など、普段は目に出来ない部分をわかりやすく表現されていて、とても興味深く、親子で見ることが出来ました。

息子的には、沈没船を引き上げているところを見つけてとても喜んでいました。小さい子でも絵を見て理解できるように、生物名をひらがなで表記していたところがとても良かったと思います。

最後のページのところで、「海を調べることは地球を調べること」と書いてあって、すごく共感できました。子供から大人まで充分楽しめる1冊になっていると思います。是非、「地球」も合わせて見て欲しいです。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:55 ・福音館の科学シリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

『だんご博士の観察記』 / 松岡 達英

2008/06/26
だんご博士のドキュメンタリー番組風?

だんご博士の観察記
だんご博士の観察記松岡 達英

小学館 2004-08
売り上げランキング : 338993

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
だんごむしそらをとぶ あまがえるりょこうしゃ (福音館の科学シリーズ) だんごむしうみへいく だんごむしと恐竜のレプトぼうや もりのくうちゅうさんぽ (福音館の科学シリーズ)


だんごむしが大好きな息子が選んだ一冊です。松岡達英さんの「だんごむしのゆかいな冒険ストーリー」シリーズは読んだことがあるので、息子にとっては見慣れた絵だったのも良かったのかな。

正直、「読んで~」と言われて読み聞かせようとページをめくった時、文章の多さにびっくりしました。1冊読み終えるには数日掛かりますが、もともとは「新潟日報」で連載されていた記事を再構成した内容とのことで、見開きで完結しながら読めるので、区切りながら読めたので良かったです。

内容的には、だんご博士のドキュメンタリー番組みたいな感じ?(笑)今までの絵本とは雰囲気が違っているのが良かったのか、
息子には意外にも好評でした。息子のだんごむし好きにもいっそう磨きが掛かったようです。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:06 ・ま【松岡達英】 | コメント(0) | トラックバック(0)

我が家のカブトムシ、ついに!

2008/06/24
前回のカブトムシの記事(←クリック!)から随分と近況報告をしていないことに本日、気付きました。
どうして今日、そのことに気付いたかというと、我が家のカブトムシに大きな動きがあったからです!
では、まず、前回の記事以降のカブトムシの記録を報告していきたいと思います。

●2007年11月13日 「飼育ケースのお掃除」

kabu-11-13.jpg


飼育ケース内の掃除のため、ちょっと失礼して幼虫に出てもらいました。
出してみるたび、育ってきてるな~と感じます。


●2007年12月10日 「飼育ケースのお掃除」

kabu-12-10.jpg


息子が「幼虫見たい~!」とうるさいので、またまた掃除をかねて幼虫を引っ張り出してしまいました。
本当はそっとしておきたいのですが、幼虫さんには我慢してもらいました 
でも、ちょっと気付いたことが。幼虫が1匹いない!跡形もなく、見つかりませんでした。
前回の掃除から今日までの約1ヶ月の間に死んでしまったようです。残念。

●2008年1月25日 「初めてのフンのお掃除」

数日前、幼稚園へ行った際、幼稚園で育てているカブトムシの幼虫お世話をしているところを
見たんですね。そこで、私の知らなかったことが発覚。幼虫のフンを取り除いているではないですか!
そういうお世話もしなくてはならなかったんですね。全くしてませんでした

ということで早速、幼虫のフンを取り除くお掃除開始!
気が付いたら、1時間ぐらい、フンを取り除き続けていました。でも、まだ取りきれない!
私の横には、山のようなフンの山。。。

kabu-1-25-2.jpg


ある程度、昆虫マットがきれいになったところで、幼虫を戻してあげました。大きくなれよ~!

kabu2008-1-25.jpg


●2008年3月3日 「最後の飼育ケースのお掃除」

kabu2008-3-3.jpg


最後のお掃除ということで、また幼虫を引っ張り出してきました。
3匹とも、成虫になれることを祈って・・・!

●2008年6月6日 「さなぎになってる!」

4月に入ってからは、ザリガニ釣りに息子がはまってしまったこともあり、カブトムシのことは
ほとんど気にかけずに過ごしていました。たまに、霧吹きを吹きかけるぐらいですね。
ふと、気になってカブトムシの飼育ケースを横から見たところ、なんと、さなぎになってる!!
さなぎに気付いた時、ちょっと感動してしまいました~。息子も大喜びです

kabu20080606.jpg


写真は1枚ですが、もう1匹も別の場所でさなぎになっているのが確認できました。
3匹いるはずなので、もう1匹もいるはずなのですが、外からは確認できませんでした。
さなぎになってくれてると良いな。

●2008年6月24日 「ついに、ご対面!」

そして今日!今朝の出来事です!息子を学校へ送り出すために玄関まで歩いてきたのですが、
玄関に置いてある飼育ケースに何気なく目がいくと、なにやら中で動いている。。。
最初、あまりにも世話をしないでほったらかしにしていたものだから、変な虫が入っちゃったのかと
思ったんですね。でも、よく見てみると・・・カブトムシだ~!!

kabu20080624.jpg


しかも、コガネムシか?と思うほど、小さいんですよ(笑)計ってみたら、約3センチでした。
小さいながらも角がありますので、一応、オスのようです。
今回、カブトムシを卵から育てるのは初めてだったのですが、そんな不遇な環境にも耐え、
よくぞ成虫になってくれた!という感じです。あまりにも小さいので、おもちゃにしか見えませんけど

とりあえず、去年の残りのゼリーが残っていたので、与えてみました。

kabu20080624-2.jpg


去年買った朽ち木は、幼虫に食べ尽くされてしまったので、また買ってこなくては。
カブトムシが成虫になったのは嬉しいのですが、またお世話する生き物が増えちゃいました。
我が家にはカブトムシ以外にも、ザリガニ、メダカ、ドジョウ、アメンボ、タニシがいるので、
そちらは後日近況UPしたいと思います。

☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


10:10 いろいろ観察記録 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ワニぼうのかいすいよく』 / 内田 麟太郎

2008/06/22
海を見たことない子にどうぞ
ワニぼうのかいすいよく
ワニぼうのかいすいよく内田 麟太郎 高畠 純

文溪堂 2003-06
売り上げランキング : 1115954

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ワニぼうが初めて海へいくお話です。ほのぼのした、ワニぼうの会話がたまらなく可愛いです。

海の水はしょっぱいんだよ。だったら・・・最後のワニぼうの疑問は、初めて海に行った子には共感できるのかもしれません。海がしょっぱいということをすでに知っている息子には、「それで?」という感じだったようで、あまり反応なしでした。

海へ行ったことのない、小さなお子さんにお薦めの本かな?と思います。 高畠さんの絵がお話にピッタリでほのぼのしています♪



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:00 ・う【内田麟太郎】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『まんが なぞとき恐竜大行進』シリーズ / たかし よいち

2008/06/20
漫画の手法で楽しく痛快な、恐竜たちの大行進!

まんがなぞとき恐竜大行進 全15巻
まんがなぞとき恐竜大行進 全15巻
理論社 2013-04
売り上げランキング : 2361178


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前回紹介した漫画『みなし子きょうりゅうトム』シリーズの著者が絵を担当していたこともあり、息子の反応はかなり良かったです。全部でシリーズ15冊あるようです。詳細は以下の通り。

(1)まけないぞ!フクイリュウ
(2)つよいぞ!アロサウルス
(3)おこったぞ!チラノサウルス
(4)なかないぞ!マイアサウラ
(5)やさしいぞ!マメンチサウルス
(6)ゆかいだぞ!アルゼンチノサウルス
(7)にげないぞ!ステゴサウルス
(8)たたかうぞ!アパトサウルス
(9)がんばるぞ!メガロサウルス
(10)ふんばるぞ!パキケファロサウルス
(11)がんこだぞ!アンキロサウルス
(12)のんきだぞ!パラサウロロフス
(13)はやいぞ!ドロミケイオミムス
(14)はばたくぞ!プテラノドン
(15)およげるぞ!フタバスズキリュウ



各巻で取り上げている恐竜をメインとしたお話が前半、半分を占めていて、後半はその恐竜についての紹介や解説、説明などが漫画を交えて書かれています。対象年齢は、小学校低学年から中学年。

タイトルに「まんが」と書いてはあるものの、中身は漫画よりも文章の方が圧倒的に多く、正直いって小1の息子には1人で読むのは大変そうでした。でも、その点は漫画部分を見れば大まかな内容は把握できるように工夫されていますので、1人でパラパラと見ては、もっと詳しく知りたい個所は私のところへ「読んで~」と本を持ってきますので、その部分を読み聞かせてやったり、という感じでした。

漢字にはしっかりルビが振ってありますので、読もうと思えば子供1人でも十分読めると思うのですが、うちの息子の場合、本の感想を親と共有したい派なので、読み聞かせの方が好きなようです。

読んでみればわかるかと思いますが、文中に出てくる言葉が結構汚い です(笑)「このまぬけやろうめ」「のろま」「じじい」とか普通に出てきます。でも、それがまた子供には楽しいらしく、笑いながらも集中して聞き入ってくれました。集中して聞いているので、他の今まで聞いたことの無い単語などにも気を止めて、「●●●って、なに?」と何度か質問されたり。新しい言葉と出会えるのは、読書の醍醐味でもありますよね。

あと気になったのは、ティラノサウルスのことを「ラノサウルス」と表現したりといった、恐竜の名前の呼び方が子供が覚えていたものといくつか違っていたので、その辺が気になるといえば気になったかな。いちいち息子に
訂正されるので、息子の覚えている方の名前で読み聞かせたりしました。

ストーリー的には、大人が読んでも結構楽しかったですね。恐竜のことも楽しく学べて一石二鳥といった感じでした。絵本や図鑑とはまた違う楽しさがあって良かったと思います。
   

☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)




↓ 記事の続きで、関連商品を紹介しています♪
>>続きを読む・・・
11:35 ●児童書・学習まんが | コメント(0) | トラックバック(0)

『もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう』 / 土屋 富士夫

2008/06/19
なんだか焦っちゃう1冊

もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう
もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう土屋 富士夫

徳間書店 2000-01
売り上げランキング : 11889

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
よりみちエレベーター しゃっくりがいこつ 歯がぬけた (わたしのえほん) カバ!じゃない、サイ! (ほるぷ海外秀作絵本) はなくそ


絵本のタイトルの”もっちゃう”という響きにつられ、ついつい手に取ってみた1冊。表紙の絵を見ただけで、何のことかピンときますよね。

おしっこがしたくて、デパートにやって来たひでくん。受付でトイレの場所を教えて貰うも、修理中で使えません。これだけでもひどいなあ、と思うのですが、エレベーターに乗れば屋上まで止まらなかったり、動物たちに教えて貰ったトイレは特殊なものばかりだし、たび更なる試練が続きます。でもこれがまた笑えるんですよね。

個人的に一番笑えたのは、突然くす玉が割れて、ひでくんがラッキーなお客様に選ばれたところかな。大人でも思わず笑ってしまうことばかり続きます。読み聞かせるスピードも、いつの間にかだんだん早くなっていきます。

息子は最初、ニタニタしながら聞いていましたが、どんどんトイレが遠ざかっていくのがわかると、 「もっちゃう、もっちゃう!」 という声を聞くのが嫌なのか、両手で耳をふさいだりしていました。どうやら、ひでくんの緊迫感が伝わってきたようです。最後のオチは、ちょっとややこしかったかな?でも、ひでくんがすっきりできたのには親子でホッとしました。

ここまで酷くないにしろ、誰もが経験したことのあることだけに、親子で楽しく読ませてもらいました。楽しい1冊です。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ



09:15 ・ユニークな展開の絵本 | コメント(2) | トラックバック(0)

小銭貯金 第24回発表!

2008/06/18
2004年11月から続けている小銭貯金の実績を、 この場を借りて公表しています。
今回は、その第24回目の発表です。

■第24回発表■

(集計日) ~2008年6月18日

(集計金額) 15,985円



前回の集計日からの、約65日間の貯金額です。

(累計額) 165,342円

小銭貯金を始めてから今日までで約43ヶ月が経ちました。
現時点での1ヶ月辺りの平均貯金額は、約3,845円。
相変わらず、地味な貯め方ですね(笑)
今年中に20万円達成するには、月約5,700円ぐらいのペースが
理想みたいです。ちょっと無理かな?
でも頑張ります!


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


09:59 節約・小銭貯金 | コメント(2) | トラックバック(0)

『ひとまねこざる びょういんへいく』 /マーガレット・レイ

2008/06/17
ジョージが入院します我が家の蔵書です

ひとまねこざるびょういんへいく (岩波の子どもの本)
ひとまねこざるびょういんへいく (岩波の子どもの本)マーガレット・レイ

岩波書店 1998-03
売り上げランキング : 78727

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
じてんしゃにのるひとまねこざる ろけっとこざる たこをあげるひとまねこざる ひとまねこざるときいろいぼうし (岩波の子どもの本) ひとまねこざる


卒園の際、幼稚園から頂いた絵本です。テレビアニメでジョージのことを見て知っていたせいか、息子の反応はとても良かったです。

はめえ(パズル)のピースを1個飲み込んでしまったジョージ。病院へ入院することになったジョージは、案の定、いろいろやってくれます。息子が特に笑っていた場面は、病院の遊戯室で、レコードプレーヤーの上に乗ったジョージが くるくると回って飛ばされるシーン。

今回は、その他のイタズラも豪快でしたが、最後は楽しく笑わせてもらいました。シリーズの中では、お気に入りのストーリーです。





☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



09:26 ・マ【マーガレット・レイ】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『うんぴ・うんにょ・うんち・うんご』 / 村上 八千世

2008/06/16
うんちを見てみよう

うんぴ・うんにょ・うんち・うんご―うんこのえほん (うんこのえほん)
うんぴ・うんにょ・うんち・うんご―うんこのえほん (うんこのえほん)村上 八千世

ほるぷ出版 2000-10
売り上げランキング : 75057

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
うんこダスマン―うんこのえほん (うんこのえほん) がっこうでトイレにいけるかな?―うんこのえほん (うんこのえほん) じょうぶなからだをつくるたべもの―あかのえいようのなかまたち (げんきをつくる食育えほん) つよいちからがでるたべもの―きいろのえいようのなかまたち (げんきをつくる食育えほん) おいしいあじのおてつだい―しろのえいようのなかまたち (げんきをつくる食育えほん)


誰もが毎日していることですものね、興味の無い人はいないと思われる、うんちの絵本です。もちろん、子供はうんちのお話が大好き。息子も案の定、目をきらきらさせて見ていました。

うんちを観察してみることから始まり、食べ物とうんちの関係、それから、「うんちがでるのは生きているしるし」と言い切ります。うんちは恥ずかしいことじゃないということを子どもにわかりやすく教えてくれる、うんちについてストレートに書いてある、革命的な1冊だと思います。

色や状態から付けられたうんちのネーミングも可愛らしくていいですね。息子は、この絵本を読んだ後、こっそりとトイレへ持っていき、早速自分のモノを観察していたようです。それから、この絵本を読んでから、野菜を意識して食べるようになりました。どうやら、元気なうんちをしたいと思ったようです。自分の排泄物に興味を持つことで、健康管理もできるようになったらいいなって思っています。親子でお気に入りの1冊となりました。



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)



09:18 ・学べる絵本 | コメント(2) | トラックバック(0)

図鑑 『きょうりゅう』

2008/06/15
恐竜のことを知るきっかけにどうぞ

4564202618きょうりゅう (いきものひみつシリーズ)

ひかりのくに 2002-04
売り上げランキング : 954338

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「いきものひみつシリーズ1」になります。恐竜のフィギュアによる恐竜のいた時代の写真や絵による恐竜の解説がとてもわかりやすく描かれています。図鑑みたいな感じでしょうか。漢字やカタカナにまでひらがなでルビが振られているので、ひらがなさえ読めれば、小さなお子さんからでも1人で読めるようになっています。

余計な説明が無いので、恐竜のことが簡単にわかるようになっています。恐竜のことを知るきっかけにはとてもよいと思いますが、
詳しく知りたい子には物足りないかな。息子は、主に写真や絵で楽しんでいました。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:15 ・恐竜の本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ともだちになって』 / 松岡達英

2008/06/14
まずは自分から!
ともだちになって (絵本・いつでもいっしょ)
ともだちになって (絵本・いつでもいっしょ)まつおか たつひで

ポプラ社 2007-08
売り上げランキング : 1214596

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


みんなと一緒に遊びたい、へびくん。けれど、へびだっていうだけで嫌われているんです。

見た目に寄らない優しいへびくんが、一生懸命がんばります。みんなに優しくすれば、みんなも優しくしてくれるんだね。ラストは、後味の良い終わり方になっています。私が読み聞かせる前に、1人で絵本を読んだらしい息子は、「みんなと友達になれるんだよ!」と教えてくれました。

外見で人を判断しないこと。

優しくされたかったら、自分がまず優しく接すること。


絵本を通じてそんなことを子供に教えてくれる、素敵な1冊だと思います。たくさんの生き物が出てくるあたり、松岡さんの作品らしいなって思いました。息子の好きな、だんご虫も出てきて、息子も満足そうでした。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:59 ・ま【松岡達英】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『人間』 / 加古 里子

2008/06/13
子供が進化に興味を持ったらこれ! 我が家の蔵書です

人間 (福音館のかがくのほん)
人間 (福音館のかがくのほん)加古 里子

福音館書店 1995-05
売り上げランキング : 121110

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
地球―その中をさぐろう (福音館のかがくのほん) 海 (かがくのほん) 宇宙―そのひろがりをしろう (かがくのほん) かわ (こどものとも傑作集 (41)) (こどものとも絵本) 地下鉄のできるまで (みるずかん・かんじるずかん―銀の本)



加古 里子さんの、かがくのほんシリーズになります。

息子が5歳の頃、なぜか突然、人間の進化に興味を持ち、いろいろ細かく質問してきて困ってしまい、5歳児でも進化の過程がわかるような絵本はないか といろいろ探した結果、やっとたどり着いたのがこの絵本でした。

人間の進化に関する本を探し回って気付いたのですが、本格的に詳しく書いてあるものは絵より文字のほうが多く、大人でも読むのが大変だったり、専門用語が多すぎてちんぷんかんぷんのものが多く、かといって児童書や絵本では猿人から新人に進化する中途半端な過程しか取り上げていないものが主流なんですよね。

どこから聞いたか、 「人間は最初、魚だったんだよね?」という息子の期待にこたえるには、生命の誕生からの進化を子どもにもわかりやすく書いてあるものが必要だったわけですが、まさにこの絵本は、私と息子の期待に応えてくれました。

この絵本では、宇宙のはじまりから始まって、地球と海の誕生、生命の誕生、動物が海から上陸したりと順を追ってたくさんの絵とともに最低限の説明が書かれているので、息子もどうやら満足したようです。

その上、人間に関してはこと細かく、猿人からの進化の過程はもちろん、人体のこと(子を産み育てる、成長する体のこと、骨や筋肉、内臓の働き)、それから、人間の手のこと、知恵や知識、人間社会や混乱にいたるまで書かれてあり、まさにタイトルどおり「人間」のことがぎっしり詰まっていて、大人が読んでも十分読み応えがあります。

・・・と思ったら、本の対象年齢が「小学校中級~大人まで」とのことですので、大人も読み応えがあって当然ですね。この他にも、「海」「地球」「宇宙」があります。是非揃えたいシリーズです。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


08:51 ・福音館の科学シリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

図鑑の紹介 『きょうりゅう』

2008/06/12
意外にリアル!

きょうりゅう (あそびのおうさまずかん)
きょうりゅう (あそびのおうさまずかん)荒木 一成

学習研究社 2001-08
売り上げランキング : 47762

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
そら (あそびのおうさまずかん) むし (あそびのおうさまずかん) からだ (あそびのおうさまずかん) うみ (あそびのおうさまずかん) どうぶつ (あそびのおうさまずかん)


恐竜が好きな息子が見つけた1冊。「あそびのおうさまずかんシリーズ」のようです。

可愛らしい表紙絵のイメージでページをめくってみたら、びっくり!かなりリアルな恐竜の姿が登場してきて、そのギャップに思わず笑ってしまいました。恐竜のフィギュアによる写真、イラストによる説明など、楽しくて充実した内容になっています。

後半、恐竜に対しての疑問への回答が書かれており、息子は興味深く読み入っていました。漢字が使われていないので、漢字がわからない子でも読めます。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:50 ・恐竜の本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『わにのバンポ』 / 大石真

2008/06/10
心動かされる1冊
わにのバンポ (おはなし名作絵本 10)
わにのバンポ (おはなし名作絵本 10)大石 真 長 新太

ポプラ社 1970-10-30
売り上げランキング : 457362

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ざりがにのおうさままっかちん (福音館創作童話シリーズ) ダンプえんちょうやっつけた (絵本ぼくたちこどもだ 2) だんごどっこいしょ (子どもがはじめてであう民話 1) おまえうまそうだな (絵本の時間) ごんぎつね (おはなし名作絵本 1)


息子の大好きな絵本、もりたろうさんシリーズを書いた作者さんだったので手にとって見ましたが、絵が長新太さんだったので、一瞬、長新太さんの作品と間違えそうになります(笑)

主役は、本のタイトルでもあるわにのバンポ。仲良しの千鳥に歯の掃除をしてもらっているうちに気持ち良くて、うとうと居眠りをしてしまい・・・なんと、仲良しの千鳥を飲み込んでしまいます!慌てたバンポ、どうする??千鳥はどうなる??

仲良しの千鳥を助け出そうと、懸命にがんばるバンポの様子に、絵本でありながら適度の緊迫感が感じられ、読んでる方もどきどきです。決して大笑いできる本ではないのだけど、バンポが四苦八苦している時に次々と現れる動物たちの言動や行動に、思わずにんまりしてしまいます。

どちらかというと笑える絵本がお好みの息子ですが、バンポの緊迫した状況がわかったらしくて、次の展開が待ちどおしくなり、読んでいる途中で次のページを覗き見したりしていました。

見開きのページに対して、文章が15行前後あるので読む方は大変ですが、ストーリー展開が気になるので、一気に読みきりました。お友達を思う気持ちに心動かされる1冊です。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:25 ・お【大石真】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『おばけパーティ』 /ジャック・デュケノワ

2008/06/10
消えちゃうよ!
おばけパーティ
おばけパーティジャック デュケノワ Jacque Duquennoy

ほるぷ出版 1995-06
売り上げランキング : 55251

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
おばけ、びょうきになる おばけの地下室たんけん おばけ まほうにかかる おばけ、ネス湖へいく おならをならしたい


おばけのことが大好きな息子にと選んだ一冊です。

古いお城の大広間で開かれたおばけの晩餐会。出てくるおばけは、白いシーツを被ったような、かわいらしい姿のおばけ達。

お友達を招待したおばけのアンリが、ご馳走でおもてなし。これがまた、見ていても楽しいんです。壁をすり抜けて ご馳走が運ばれてきたり、飲食したものの色におばけ達が染まっていったり。そして特別メニューを食べたら、なんと消えちゃった!

姿がないのに、浮かんでいるスプーンや運ばれていくお皿に、息子は大笑い。「見せて、見せて!」とおばけ達が消えているシーンを何度も何度も見返していました。

姿が消えたまま、晩餐会が終わってしまうのかと思いきや、食後にあるものを飲んだら、また姿が出てくるんです。そうきたか~と息子と二人で笑ってしまいました。おばけなのに、おびえてるシーンもあったりして、いろいろと笑わせてくれます。親子で楽しめる、楽しい1冊となりました。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:20 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『メイシーちゃんのプール』 /ルーシー・カズンズ

2008/06/06
水遊びデビューの子にどうぞ
メイシーちゃんのプール
メイシーちゃんのプールルーシー カズンズ Lucy Cousins

偕成社 1999-10
売り上げランキング : 543210

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ツーステップ イエロー メイシーちゃんのABC (メイシーちゃんシリーズ) メイシーちゃんのかそうパーティ メイシーちゃんのおふろ (メイシーちゃんシリーズ)


息子が小さい頃にハマっていた、メイシーちゃんのシリーズです。現在6才の息子には幼すぎる内容ですが、メイシーちゃんだということで気になったようで、息子が図書館で選んできたので読んでみました。

暑い日、メイシーちゃんはビニールプールで遊ぼうと思い付きます。ところが、プールにがあいていたり、ゾウのエディがプールを占領してしまったり。メイシーちゃんのシリーズでは、短いストーリーの中でも、ちょっとした出来事がしっかり含まれているので、それなりに楽しめますよね。最後にはメイシーちゃんもしっかり水遊びが出来ますのでご安心を。

色鮮やかなかわいらしい絵、絵本デビューの子にも水遊びデビューの子にぴったりな、喜ばれそうな一冊です。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



09:14 ・乳幼児向けの絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『くるぞくるぞ』 / 内田 麟太郎

2008/06/06
あり得ないオチ

くるぞくるぞ (内田麟太郎と長新太の絵本)
くるぞくるぞ (内田麟太郎と長新太の絵本)内田 麟太郎 長 新太

童心社 2013-10-31
売り上げランキング : 1102860

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本のタイトルから、「何がくるんだろう?」と気になったので手に取ってみました。

大きな森に突然降った大雪に、森の動物たちはブルブル震えています。その時、森が持ち上がり、ずしーんと落っこちます。事態が飲み込めない森の動物たちは、「くるぞー」「くるぞー」と逃げ出します。全くストーリーの先が読めないのは、内田麟太郎さんらしいな、という印象です。長新太さんの絵もストーリーにぴったりでした。

さて、森から逃げ出して振り返った動物たちが見たものは?やっぱりというか、期待通りというか、 「ありえない」というオチで締めくくられた最後に、息子はちょっと理解に苦しんでいるようでした。

「森って動くの?」絵本だからありえるオチなんだよ~!息子がこのオチで笑えるようになるのは、まだまだ先のようです。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:08 ・う【内田麟太郎】 | コメント(0) | トラックバック(0)

我が家にザリガニがやって来た

2008/06/03
今、息子(小1)にはザリガニ・ブームが到来中です。
きっかけは、4月半ばのこと。平日の午後、お友達と近所の公園で遊んだのですが、その公園には沼地があるんですよね。そこでザリガニ釣りをしていた小学生からお友達が小さなザリガニをもらったのがきっかけ。
生き物が好きな息子はそのザリガニをとても羨ましそうに見つめていました。もらったザリガニは一匹だけだったので、「僕も欲しい!」とは言わなかったんですけどね。

そんなことがあった週の週末。お天気も良いし、ザリガニ釣りにでも行ってみる?と息子に提案したところ、「行く!!行く!!」と大喜び。主人は生き物が苦手なので、こういう分野はもっぱら私が担当なんです。
とはいえ、ザリガニ釣りの経験が全くなかった私。とりあえず、エサとして珍味のさきいかをスーパーで購入。(値段が意外に高くてびっくり)周りでザリガニ釣りをしている人を観察し、見様見まねで木の枝に糸を付け、エサを付け、とりあえず、ザリガニ釣りを開始。これが、意外にも10分も待たずに1匹が釣れてしまいました。

・・・面白い!!

息子と2人で、あーだこーだ言いながら場所を選んでは糸をたらしてザリガニを釣って楽しみました。やってみてわかったことは、ザリガニは、草が茂っているところの近くに隠れるようにして潜んでいるんですね。上から水中を覗き込んでみると、ザリガニの姿が目視できたりします。「ほら、いたいた!」とザリガニの目の前にエサを垂らしてみると、迷うことなく掴んでくれるので、それがまた楽しい(笑)

初めての経験にして、完全に息子と一緒になってザリガニ釣りにはまってしまいました。初めて釣ったザリガニ達はこちら。初めてにしては、上出来じゃないでしょうか?
とりあえず、家にあった虫かごに、どじょうを飼い始める時に購入した底砂を敷き詰めてみました。

(2008.4.26の写真)
ざり0427



翌日の朝。ちゃんと生きてるかな?とザリガニの様子を見に行くと、なんとザリガニに悲劇が。共食いしてるし
大きいザリガニと小さいザリガニを同じ容器に入れると、小さい方が襲われるらしいです。まあ、予想はしていたのですが、一晩ぐらい逃げきってくれるだろうと思っていたら、残念な結果になりました。小さいザリガニ1匹が食べられてしまったので、大きいザリガニを沼にリリースすることにしました。

ということで、また息子と2人で公園の沼へ。
朝早かったのですが、たまたますでにザリガニ釣りで奮闘している男の子とママさんがいたので、リリースする予定だったザリガニを譲ってやりました。そして、せっかくまた沼に来たのだからとちょっとだけザリガニ釣りをすることに。1時間ほど粘ったのですが、1匹もつれず、もう帰ろうと思った時、水面にあぶくがでているところを発見。すぐさま、釣り糸をたらして見ると・・・

釣れました!しかも、ブルーのザリガニ!!

(2008.4.27の写真)
ざり0427-2


実はこのブルーのザリガニ、前日にも一度見かけていて、釣り上げようとした瞬間、すばやく逃げられてしまい、因縁の(?)ザリガニだったんです。大きいザリガニはもう釣らないつもりだったのですが、ついつい持ち帰ってしまいました。リリースしに来た意味が無いですね

ということで、小さいザリガニとブルーのザリガニは、分けて容器に入れることに。
小さいザリガニは、とりあえず大きな植木鉢の受け皿の中に入れてみました。
どじょうの水槽の中に入れていたサザエの貝殻をプレゼントしたら、気に入ったみたいです。

ざり0427-3



こんな感じで、翌週末にもザリガニ釣りに駆り出されたりと、小さなザリガニをまた何匹か釣ったりしました。その間、小さいザリガニの容器内で、脱皮した形跡があるのに、ザリガニが居なくなったりという事件も。ネットで調べたところ、脱皮したては体が柔らかいので、同じ大きさ同士のザリガニでも共食いされるケースがあるらしいことが発覚。たぶん、食べられたんですね。ザリガニの生態を息子と一緒に観察しつつ、厳しい自然界の現実を勉強しました。(理科の観察状態ですね)

それから・・・またまた新たに大きなザリガニも釣ってしまいました。
どこからみても、アメリカザリガニです。
写真は、ブルーのザリガニとのご対面シーンです。

(2008.5.19撮影)
zari0519.jpg


息子はもう、大喜びですね。学校から帰ってくると、ベランダでザリガニと遊んでます。
放っておけば1時間ぐらいは平気で遊んでいます。ザリガニにとってはいい迷惑でしょうけど

そうそう、大きなザリガニが増えたことで、お世話する私にとっては非常に負担が増えたので、小さいザリガニ3匹は、勝手にどじょうの水槽に入れちゃいました。一気にドボンです

(2008.5.15撮影)
ざり0515


最初は「何事!?」と慌てふためいていたドジョウたちですが、好奇心旺盛な彼等は、ザリガニの様子をじっと見詰めたりしていて、傍目に見ててもおもしろいです。ドジョウは頭が良いんですよ!

8匹のドジョウたちに圧倒され、サザエの貝殻に慌てて隠れようとするシーンも。
ざり0519


水槽生活に慣れてきた子ザリガニたちの中には、水作の上で遊ぶやつもいます。

(2008.5.26撮影)
zari0526.jpg


ザリガニ用のエサも購入したのですが、水槽にはドジョウが多いので、ドジョウのエサをあげています。ザリガニもドジョウと一緒にドジョウ用のエサを競って食べています。でも、それだけでは足りないみたいで、水槽の中に入れていた水草(アナカリス)を葉も茎も食べ尽くしてしまいました。その食欲たるや、すごいです

なので、熱帯魚やさんで水草(マツモ)を購入してきました。
現在の水槽はこんな感じです。ザリガニは水草に隠れて見えません。
観察しにくくなってしまいましたが、ザリガニは喜んでいることでしょう。
1匹は早速、水草の上で脱皮していました。今回の脱皮は成功したようです。

(2008.5.28撮影)
20080528.jpg


そしてそして、現在のベランダにいるザリガニたちは、こんな感じです。
大きいザリガニをまた1匹釣り上げてしまい、現在は大きいザリガニは3匹です。
一番大きいのがおととい釣り上げたザリガニ。

(2008.6.3撮影)
zari0603.jpg


そして、中堅ザリガニたちはこちら。こちらも3匹ですね。

zari0603-2.jpg


現在、ベランダのザリガニ達は、大きなタライと、大きな植木鉢用の受け皿に水や底砂を敷いてお世話しているのですが、フタをしているのにもかかわらず3回ほど脱走され、マンションのお隣のベランダへ行ってしまったりして、捕まえるのが大変だったので、ベランダ用に安い虫かごタイプの大きな容器を購入しようかと検討中です。まあ、大げさにならない程度のものをと思っています。お世話が大変なので。。。

以上、ザリガニの記事でした!


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


11:11 いろいろ観察記録 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |