05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

長新太さんのこと

2007/06/27
いや~、ビックリしました。おととい、昨日と過疎化している我がブログへのアクセス数がグンとUPしていたので、何??どうして??と思っていたのですが、アクセス解析からその理由がわかり、ほっとしました。ハッカーや荒しが来たのかと思ってビクビクしてしまいました(笑)

ということで(?)、本日、内田麟太郎さんのHPをリンクさせていただきました。内田麟太郎さんの絵本の感想はまだUPしていないのですが、絵本の感想文はいくつかストックしてあるので、順にUPしていきたいと思っています。

ところで、内田麟太郎さんのHP内の日記を読んでいて知ったのですが、6月25日は長新太さんの命日だったんですね。私と息子が長新太さんの絵本に出会ったのが今年に入ってからでしたので、残念ながら生前の長新太さんの活躍振りをリアルタイムで知ることはなかったのですが、出版されている膨大な数の絵本を見る限り、神様的存在だったのかな?なんて想像しております。

くしくも長新太さんの命日だったおととい25日は、息子が通う幼稚園の保護者の中で絵本に感心のある方が集まる「絵本の会」というのがあって、それに参加していました。その中で誰かが長新太さんの絵本の話をし出して、みんなで盛り上がったりしたのですが、その日が長新太さんの命日だなんて誰も知らなかったのに、長新太さんの話題で盛り上がるなんて、すごい偶然だったんだな~なんて、ちょっと鳥肌立っちゃいました。「長新太さんの絵本のオチがわからない。けど、子供にはウケがいいんだよね」とか、「そういえば、長新太さんって亡くなったんだよね」なんて話していたんですよ

今まで絵本は、本の中のストーリーや絵だけを見たり読んだりして楽しんでいたのですが、絵本を読めば読むほど、作家さんや画家さんのことも知りたくなるんですね。その絵本の背景まで知りたくなるとでもいうのかな?最近は、そういう今までとは違う視点で絵本を楽しんでいる私なのでした。



☆ブログランキングに参加しています。
 お?と思いましたら、ポチッとお願いします。 いつもありがとう!




10:36 訃報 | コメント(2) | トラックバック(0)

『スピリチュアル子育て』 /江原啓之

2007/06/26
”オーラの泉”でお馴染みの江原啓之さんの本です。

江原啓之のスピリチュアル子育て―あなたは「子どもに選ばれて」親になりました
江原啓之のスピリチュアル子育て―あなたは「子どもに選ばれて」親になりました江原 啓之

三笠書房 2002-07
売り上げランキング : 44553

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
子どもが危ない!―スピリチュアル・カウンセラーからの警鐘 (集英社文庫) 前世 人生を変える トラウマ あなたが生まれてきた理由 スピリチュアル幸運百科―幸せになる不思議な力がいっぱいの人生の救急箱 一家に一冊!たましいの声が幸運を招く 幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック―“不思議な力”を味方にする8つのステップ (王様文庫)


この手の本は、スピリチュアルなことを信じる・信じないで、好き嫌いがはっきり別れるかと思いますが、私的にはいわゆる”科学で説明付かないこと”を信じる人なので、興味深く読ませてもらいました。

本のタイトルは『江原啓之のスピリチュアル子育て』なのですが、副題の『あなたは「子供に選ばれて」親になりました』にもかなり惹かれるものがありました。”オーラ”や”たましい”の側から見る育児書っていうのでしょうか、子どもの行動・言動などに対する説明が今までと違う視点から述べられていて、一般的な育児書の説明では納得できなかったことがこの本では納得できたりして、私なりにはかなりお気に入りの一冊となりました。

本の後半で書かれている、ガイドスピリットから「今日」あなたへのメッセージカードは、永久保存版って感じです。毎日少しずつ読んでいると、気持ちが落ち着いてきて、子どもを叱る回数も減りそうです(笑)



☆ブログランキングに参加しています。
 お?と思いましたら、ポチッとお願いします。 いつもありがとう!



11:36 ・【アドバイス系・参考系の本】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『絵本があってよかったな』 / 内田麟太郎

2007/06/24
絵本「さかさまライオン」「うそつきのつき」「ひたひたどんどん」などの作者、内田麟太郎さんの自伝になります。

絵本があってよかったな
絵本があってよかったな内田 麟太郎

架空社 2006-07
売り上げランキング : 901662

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
内田麟太郎詩集「しっぽとおっぽ」 ぼくたちはなく かあさんのこころ おかあさんになるってどんなこと (PHPわたしのえほんシリーズ) ミヒャエル・ゾーヴァの世界


絵本作家の自伝、というのは初めて読んだのですが、なかなか興味深く読ませてもらいました。

自身を”絵詞(えことば)作家”と言っている内田氏の考え方には、感心させられました。絵童話・絵本の違い、童話作家ではなく絵詞作家だといいきる内田氏。おもしろい発想の人だなという印象でした。

この本を全体的に見ても、おもしろおかしくご自身のことを書かれています。こういうユーモアを持ち合わせている方だからこそ、あんな個性的な絵本が作れるんだろうなとつくづく思いました。作品に対する思い、裏事情なども書かれていて、絵本作家・・・いや、絵詞作家の仕事ぶりも垣間見たような、そんな印象の1冊でした。それにしてもおもしろい方です。絵本のオチが、時々わからない時もありますが(笑)

これを読んだ後は、今までと違う視線からも作品を楽しめるようになった気がします。絵本好きの方は一度読んでみてはいかがでしょうか?



☆ブログランキングに参加しています。
 お?と思いましたら、ポチッとお願いします。 いつもありがとう!




09:00 ・い【市川拓司】 | コメント(0) | トラックバック(0)

懸賞に当選しました

2007/06/21
今日は久しぶりに、絵本以外の話題を(笑)

実は私、懸賞って大好きなんですね。とはいえ、気が向いたときにしか応募しないのですが。で、先日の日曜日、思いがけずなにやら届いたと思ったら、久しぶりの懸賞当選品でした!当選した品物はこちら。

tikin.jpg


日清食品の『チキンラーメンMiniとひよこちゃんミニどんぶりセット』です。おぼろげにインターネットから応募した記憶はあったのですが、まさか当選するとは思わなかったので、思わぬプレゼントですね。実は我が家にはすでに、ひよこちゃんどんぶりの大きいものがあるのですが、それを知っているが故に、ミニどんぶりが異様なぐらいかわいいんですけど(↓写真にて大きさを比べてみて下さい

tikin2.jpg



手のひらサイズのどんぶりには、息子が一番大喜びしていました。たま~にですけど、当選しちゃうから懸賞はやめられませんね(笑)


☆ブログランキングに参加しています。  

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
09:55 懸賞当選 | コメント(0) | トラックバック(0)

『やったね!へんてこライオン』 / 長新太

2007/06/19
ゆうちゃんがポコポコ、しんくんがテクテクと歩いていると、へんてこなライオンに出会います。

やったね!へんてこライオン (おひさまのほん)
やったね!へんてこライオン (おひさまのほん)長 新太

小学館 2006-04-28
売り上げランキング : 1068688

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
こんにちは!へんてこライオン (おひさまのほん) へんてこライオンがいっぱい (おひさまのほん) ありがとうへんてこライオン (おひさまのほん) ゆうちゃんとへんてこライオン (おひさまのほん) ゆうちゃんとしんくんとへんてこライオン (おひさまのほん)


へんてこなライオンは、いろんなモノに変身して、ビックリさせてくれるやら、喜ばしてくれるやら。どんなに変なモノに変身しても憎めないライオンです。

ゆうちゃん、しんくんが交互に登場するのですが、それぞれ短編でお話が完結するようになっており、最近1人で本を読めるようになってきた息子には、ちょうど良いページ量と文字量だったと思います。

このシリーズの絵本を読んでいると、ライオンをとても身近な動物に感じてしまいます。ライオンを、シリーズの中でこんなに沢山変身させてしまった長新太さんに拍手を送りたいです。もちろん、へんてこライオンには笑わせていただきました!


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


10:32 ・ち【長新太】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ありがとう へんてこライオン』 / 長新太

2007/06/19
ゆうちゃんがポコポコ、しんくんがテクテクと歩いていると、へんてこなライオンに出会います。

ありがとうへんてこライオン (おひさまのほん)
ありがとうへんてこライオン (おひさまのほん)長 新太

小学館 2005-11
売り上げランキング : 870031

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
へんてこライオンがいっぱい (おひさまのほん) やったね!へんてこライオン (おひさまのほん) こんにちは!へんてこライオン (おひさまのほん) ゆうちゃんとへんてこライオン (おひさまのほん) ゆうちゃんとしんくんとへんてこライオン (おひさまのほん)


へんてこなライオンは、いろんなモノに変身して、ビックリさせてくれるやら、喜ばしてくれるやら。今回の絵本では、ライオンがゆうちゃんのお母さんに変身してしまいます。相変わらず、ライオンの台詞が楽しいです。

ゆうちゃん、しんくんが交互に登場するのですが、それぞれ短編でお話が完結するようになっており、最近1人で本を読めるようになってきた息子には、ちょうど良いページ量と文字量だったと思います。

このシリーズの絵本では、毎回、最終話の最後の文字が大きな文字で書かれていて、絵本の終わりを子どもにもわかりやすくしていて、工夫してるなと感じました。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


10:30 ・ち【長新太】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『天と地の守り人<第三部>』 / 上橋 菜穂子

2007/06/17
天と地の守り人<第三部>で、バルサとチャグムはこの物語の発端となった
チャグムの祖国、新ヨゴ皇国へ向かう。

新ヨゴ皇国は南のタルシュ帝国に攻め込まれ、一方、ナユグの四季も
変化の時を迎えていた・・・


『天と地の守り人』三部作、ここに完結。

天と地の守り人〈第3部〉 (偕成社ワンダーランド)
天と地の守り人〈第3部〉 (偕成社ワンダーランド)上橋 菜穂子 二木 真希子

偕成社 2007-02-17
売り上げランキング : 517220

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 蒼路の旅人 (軽装版偕成社ポッシュ) 神の守り人〈下〉帰還編 (軽装版偕成社ポッシュ) 神の守り人〈上〉来訪編 (軽装版偕成社ポッシュ)


上橋菜穂子さんの守り人シリーズになります。 「精霊の守り人」「闇の守り人」「夢の守り人」「虚空の旅人」 「神の守り人 来訪編」 「神の守り人 帰還編」「蒼路の旅人」「天と地の守り人<第一部>」「天と地の守り人<第二部>」に次ぐ、 10冊目の守り人シリーズです。

<第一部>で、チャグムとバルサが念願の再会を果たし、 <第二部>で、チャグムとバルサが2人でバルサの故郷カンバルを旅し、<第三部>では、祖国を救うべくチャグムが新ヨゴ皇国へと向かいます。

今回の作品では、トロガイも大活躍します。バルサとトロガイが再会を果たし、ナユグの春の影響による天災から人々を助けようと本格的に動き出します。バルサは新ヨゴ皇国からの避難民をロタへ逃がす計画を立て、トロガイは、膨大な勢力を必要とする大呪術に命がけで挑みます。トロガイが実力をまざまざと見せつけるシーンは必見です。

一方、草兵となって戦場へ赴いていたタンダは、緒戦でタルシュ兵の攻撃にあい、骨は折れ、肉体は切り裂かれ・・・瀕死の重傷を負います。読んで想像するだけでもひどい有様に(>_<) 果たしてタンダの生死は!?

ロタとカンバルの騎馬兵を率いて新ヨゴ皇国を目指すチャグムは、すっかりたくましい若者へと成長を遂げていました。自ら先頭に立って、戦場へと馬を走らせるチャグムの初陣シーンは、今までのチャグムの葛藤を考えると、ちょっと感動します。その他、シュガや父母たちとの再会のシーンもまた感動。なんせ、チャグムは亡くなったと思われていたのですから。

さて、こうしている間にも、天災はじわりじわりとにじり寄っていました。<山の王>の婚礼が始まり、大地が揺るぎ始めます。
激しい濁流と共にあらゆるものが流され・・・天使が統べた国は濁流の中へ。そして、濁流は戦場にも勝利をもたらしたのでした。

途中、チャグムが主人公かというシーンが続いたのですが、やっぱりこのシリーズはバルサが主人公でしたね。最後はバルサのシーンで終わります。バルサが「帰ったよ」と言える場所ができたのは、小さいけれど大きな変化なんでしょう。バルサの気持ちの変化がそこに表れているなと感じました。

めまぐるしいシーンの変化が続いていた<第三部>でしたが、最後はうまくフェイドアウトしたかなっていう印象です。もうちょっと続きが見たいような余韻を少し残しつつ・・・チャグム、バルサのその後は気になるので、また外伝かなんかで復活させて欲しいな、なんて。

この守り人シリーズですが、1冊目を読み始めたのが3月だったので、約3ヶ月掛かって10冊を読み終えたことになります。月に約3~4冊のペースで読破していたようです。いや~、楽しい守り人生活でした。少し休憩を挟みつつ、今度は上橋菜穂子さんの別の作品を読破していきたいなと思っています。



●当ブログの【守り人シリーズ】【旅人シリーズ】へのリンクはこちら(出版年順)

守り人シリーズ第1作 精霊の守り人
守り人シリーズ第2作 闇の守り人
守り人シリーズ第3作 夢の守り人
旅人シリーズ第1作 虚空の旅人
守り人シリーズ 第4作 神の守り人(来訪編)(帰還編)
旅人シリーズ第2作 蒼路の旅人
天と地の守り人 第1部 ロタ王国編
天と地の守り人 第2部 カンバル王国編
天と地の守り人 第3部 新ヨゴ皇国編
流れ行く者-守り人 短編集-



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

08:34 ・う【上橋菜穂子】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『天と地の守り人<第二部>』 / 上橋 菜穂子

2007/06/11
我が家の蔵書です

<i>天と地の守り人<第二部>は、バルサの生まれ故郷カンバル王国が舞台。

「カンバル王がロタ王国との同盟を結ぶかどうかに北の大陸の存亡がかかっている」
ことに気付いたチャグムとバルサは、カンバル王国へと向かう。
しかし、カンバル王国の側近には、南のタルシュ帝国に内通している者がいた。

危うし、バルサ。
チャグムは、北の大陸をまとめることが出来るのか。


『天と地の守り人』三部作の第二巻

天と地の守り人〈第2部〉 (偕成社ワンダーランド 33)
天と地の守り人〈第2部〉 (偕成社ワンダーランド 33)上橋 菜穂子 二木 真希子

偕成社 2007-01-23
売り上げランキング : 440399

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 蒼路の旅人 (軽装版偕成社ポッシュ) 神の守り人〈下〉帰還編 (軽装版偕成社ポッシュ) 神の守り人〈上〉来訪編 (軽装版偕成社ポッシュ)


上橋菜穂子さんの守り人シリーズになります。 「精霊の守り人」「闇の守り人」「夢の守り人」「虚空の旅人」 「神の守り人 来訪編」 「神の守り人 帰還編」「蒼路の旅人」「天と地の守り人<第一部>」に次ぐ、9冊目の守り人シリーズです。

<第一部>で、チャグムとバルサが念願の再会を果たし、<第二部>では、チャグムとバルサが2人でバルサの故郷カンバルを旅するお話になります。

今回の本で感じたのは、チャグムの心身共に成長した姿ですね。あんなに嫌がっていた皇太子という立場だったはずなのに、逆に皇太子として祖国の民の命をひとつでも多く救おうと苦悩し続けるチャグムの姿がとても印象的な一冊となっているように思います。

旅の途中で何度も”ナユグ(ノユーク)の存在”を感じるチャグム、ノユークでは、春が訪れているという。バルサの知る人物がタルシュと内通していたことで、ピンチにさらされるバルサとチャグム。もう、ドキドキの連続です(>_<)

ラダール王を説得すべく、見事なホイ(捨て荷)をやってのけたチャグムの姿にも感動!でもそれは、まだ大きな難関のほんの一部を突破したに過ぎなかったようです。

迫り来るのはタルシュの攻撃だけかと思っていたのですが、ノユークの春が天からの災いをこの地に招きつつあるとは!!タンダやシュガの安否も気にしつつ、<第三部>へと読み進めたいと思います。



●当ブログの【守り人シリーズ】【旅人シリーズ】へのリンクはこちら(出版年順)

守り人シリーズ第1作 精霊の守り人
守り人シリーズ第2作 闇の守り人
守り人シリーズ第3作 夢の守り人
旅人シリーズ第1作 虚空の旅人
守り人シリーズ 第4作 神の守り人(来訪編)(帰還編)
旅人シリーズ第2作 蒼路の旅人
天と地の守り人 第1部 ロタ王国編
天と地の守り人 第2部 カンバル王国編
天と地の守り人 第3部 新ヨゴ皇国編
流れ行く者-守り人 短編集-


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

09:50 ・う【上橋菜穂子】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『こんにちは!へんてこライオン』 / 長新太

2007/06/04
ゆうちゃんがポコポコ、しんくんがテクテクと歩いていると、へんてこなライオンに出会います。

こんにちは!へんてこライオン (おひさまのほん)
こんにちは!へんてこライオン (おひさまのほん)長 新太

小学館 2004-10
売り上げランキング : 263232

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
へんてこライオンがいっぱい (おひさまのほん) ゆうちゃんとしんくんとへんてこライオン (おひさまのほん) やったね!へんてこライオン (おひさまのほん) どうしたの?へんてこライオン (おひさまのほん) ゆうちゃんとへんてこライオン (おひさまのほん)


へんてこなライオンは、いろんなモノに変身して、ゆうちゃんとしんくんを毎回ビックリさせてくれます。

このシリーズは、他にも何冊か読んだことがありますが、毎回、意外なモノに変身してくれるので息子も次はどうなるんだろう?とあれこれ想像しながら読めて楽しそうでした。予想のつかない展開っていうのが、大人が読んでも楽しいですよね。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


10:06 ・ち【長新太】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『どうしたの?へんてこライオン』 / 長 新太

2007/06/04
ゆうちゃんがポコポコ、しんくんがテクテクと歩いていると、
へんてこなライオンに出会います。

どうしたの?へんてこライオン (おひさまのほん)
どうしたの?へんてこライオン (おひさまのほん)長 新太

小学館 2006-03
売り上げランキング : 966571

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
こんにちは!へんてこライオン (おひさまのほん) へんてこライオンがいっぱい (おひさまのほん) ゆうちゃんとしんくんとへんてこライオン (おひさまのほん) しんくんとへんてこライオン (おひさまのほん) ありがとうへんてこライオン (おひさまのほん)


へんてこなライオンは、いろんなモノに変身して、ビックリさせてくれるやら、喜ばしてくれるやら。今回の絵本では、ライオンが意外なモノに変身しまくります。オススメの変身は、しんくんのお父さん。台詞がおもしろくて、親子で大笑いでした。でもね、どんなに変なモノに変身しても憎めないライオンなんです。

ゆうちゃん、しんくんが交互に登場するのですが、それぞれ短編でお話が完結するようになっており、最近1人で本を読めるようになってきた息子には、ちょうど良いページ量と文字量だったと思います。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


10:04 ・ち【長新太】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『天と地の守り人<第一部>』 / 上橋 菜穂子

2007/06/01
天と地の守り人<第一部>はロタ王国が舞台。
行方不明の新ヨゴ皇国皇太子チャグムを救出すべく、
バルサは一人、ロタ王国へとむかう・・・


『天と地の守り人』三部作の第一巻

天と地の守り人〈第1部〉 (偕成社ワンダーランド)
天と地の守り人〈第1部〉 (偕成社ワンダーランド)上橋 菜穂子 二木 真希子

偕成社 2006-11-17
売り上げランキング : 491313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 蒼路の旅人 (軽装版偕成社ポッシュ) 神の守り人〈下〉帰還編 (軽装版偕成社ポッシュ) 神の守り人〈上〉来訪編 (軽装版偕成社ポッシュ)


上橋菜穂子さんの守り人シリーズになります。 「精霊の守り人」「闇の守り人」「夢の守り人」「虚空の旅人」 「神の守り人 来訪編」「神の守り人 帰還編」「蒼路の旅人」に次ぐ、8冊目の守り人シリーズです。

いや~、チャグムの行方が知りたくて、2日で読んじゃいました。でも、今回の「天と地の守り人」は三部作の第一巻なので、まだまだ不安や疑念をたくさん残しつつ、とりあえず無理やり1冊終えたっていう感じですね。

16歳に成長したチャグム。一人で大海原への道を進んだと思われたチャグムでしたが、やはり影ながら多くの人達に助けられていたのには感激しました。故国を守るべく、命がけで試行錯誤し行動するチャグムの姿には感動すら覚えます。

後半、チャグムを探し回っていたバルサがチャグムに追いつき、数年ぶりに再会するシーンは、もうちょっとしたクライマックスですね。バルサより背が高くなっていたチャグム、行動、言動、思考・・・この数年間でチャグムは確実に若者へと成長した姿を見せてくれたのでした。

その他、草兵としてかりだされてしまったタンダの行く末、シュガの危うい立場なども気になりつつ・・・・次回「天と地の守り人<第二部>」を読みたいと思います。(図書館での予約が順番待ちなので・・・感想UPは遅れるかもです(>_<))





●当ブログの【守り人シリーズ】【旅人シリーズ】へのリンクはこちら(出版年順)

守り人シリーズ第1作 精霊の守り人
守り人シリーズ第2作 闇の守り人
守り人シリーズ第3作 夢の守り人
旅人シリーズ第1作 虚空の旅人
守り人シリーズ 第4作 神の守り人(来訪編)(帰還編)
旅人シリーズ第2作 蒼路の旅人
天と地の守り人 第1部 ロタ王国編
天と地の守り人 第2部 カンバル王国編
天と地の守り人 第3部 新ヨゴ皇国編
流れ行く者-守り人 短編集-



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

17:12 ・う【上橋菜穂子】 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |