03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

小銭貯金 第12回発表!

2006/04/23
1年ちょい前ぐらいから続けている小銭貯金の実績を、この場を借りて公表しています。
今回は、その第12回目の発表です。


■第12回発表■


(集計日) ~2006年4月23日


(集計金額) 3,957円


約61日間の貯金額です。
前回発表時と同じく、集計するのが遅くなってしまい、 小銭が貯金箱から溢れていました(^^; 本当はもう20円あったのですが、息子がお手伝いしてくれたので、お小遣いで20円支払いました。まあ、こういう時もありますよね(笑)


(累計額) 47,763円


次回の集計で5万円台突破かな?
溜まってきた小銭貯金ですが、家に置いておくのもなんなので、息子の郵便口座へ入金して、ある程度まとまったら定額貯金へ振り替えるようにしています。へそくりとして隠しておくつもりだったけど、子供の教育費で使うのがベストかな、なんて思いまして。まあ、それにしてはやけにチープな額ですが

定額



今のところ、小銭貯金から2回ほど定額貯金しました。子供の定額貯金は、産まれた年から少しずつ契約してるので、かれこれ3ページ目後半かな。全部を合計しても大した額じゃないのはなぜ!?チリも積もればなんとやら。10年後の合計額で勝負?(笑)


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

17:25 節約・小銭貯金 | コメント(0) | トラックバック(0)

キビ砂糖、使ってみました♪

2006/04/13
先日、「”砂糖”な話」で、料理で使うお砂糖にミネラル補給を期待するなら、きび砂糖がオススメと書いておきながら、自分が使ったことがないというのはちょっと無責任だなと思い、早速スーパーで買ってきましたよ、きび砂糖。

kibi


スーパーの売場へ行ってみて知ったのですが、きび砂糖といっても何種類かあるんですね。私が選んだのは、ミネラルの含有量と価格帯が妥当かなと思った写真の商品。250円なり。これって高いのか安いのかわからないんですけど、とりあえず買いました。(後日、別のお店で199円で売っていました。今のところ199円がうちの近所では底値かな?)

>>続きを読む・・・
21:52 役立ちそうな話 | コメント(0) | トラックバック(0)

目黒雅叙園

2006/04/07
こういう(旬な話)カテゴリーがあることすら忘れかけていたので、更新をばしておきます(笑)

私にとって今旬な話と言えば、結婚式ですね。4月1日、友人の結婚披露宴へ出席してきました。場所は、目黒雅叙園。噂にはちらほら聞いていたのだけど、綺麗な内装で、どこをみても撮影スポットになるし、絵になるところでした~。文句を言うとすれば、雅叙園までの道のりがわかりにくいこと子連れだったので車で行ったのですが、「ここで左折」という表示が、反対側に建っているマンション(ビル?)の壁面に掲げてあったため、肝心な曲がる道がわからず、1度素通りそして、なんとか先ほどの道へターンしてきて、リトライ。左折する道が細っ!!かなりわかりにくかったです

話は戻って。綺麗な内装の雅叙園では、トイレだってあなどれません。1階には、太鼓橋がかかっているトイレだってあるんですから!友人に「あの化粧室は必見!」と言われていたので、是非トイレにかかる太鼓橋を眺めたかったのですが、女子側はすっごい混雑で並ぶことすらあきらめましたなので、旦那に男子トイレの方を激写してもらいました。創建当時のものを再現してあり、かなりもかかっているらしい。。
その写真(男子トイレ側)はこちら↓

>>続きを読む・・・
08:26 その他雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

「きゅうきゅうしゃのぴぽくん」 / 砂田弘

2006/04/02
救急車の大変さがよーくわかります。

きゅうきゅうしゃのぴぽくん (のりものストーリー(4))
きゅうきゅうしゃのぴぽくん (のりものストーリー(4))砂田 弘 高橋 透

偕成社 1983-05
売り上げランキング : 313072

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
しょうぼうじどうしゃじぷた(こどものとも絵本) ぼくの しょうぼうしゃ ブルくん ダンプくん (のりものストーリー (3)) がんばれ!パトカー ピン・ポン・バス


救急車のぴぽくんとワンパク園児まさしくんの心通うお話です。

この本の良いところは、救急車が主役になっているところ。
子供に人気のある救急車ですが、子供達に憧れの眼差しで見られている
シーンの他、出動中に周りの車に乗っている大人達に文句を言われる
シーンや、夜中の出動で近所の住人に迷惑がられる一面も出てきます。

救急車が音を鳴らして急いでいるのは、いつでも急病人を助けようと
必死になっているからなんだよ!単純に車好きだった子供が、ぴぽくんの
お話を通して、救急車の存在の意味を知り、本当の意味で救急車を
大好きになってくれそうな1冊です。

息子は、大人達に文句を言われてしまうぴぽくんのシーンを何度も何度も
読み返していました。そういう側面から救急車を見たことがなかったため、
かなりインパクトがあったようです。

最後に、園児達がぴぽくんの絵を描いてお礼に訪れるシーンがあるのですが、
日頃活躍してくれている救急車に対してみんなで感謝しようよ、という作者の
強い思いもあるような気がします。

全体的に、かわいらしくまとまったストーリーです♪





☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

20:29 ・す【砂田弘】 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |