08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

『そらをとんだたまごやき』/落合恵子

2017/09/13
そらをとんだたまごやき (おはなし広場)
そらをとんだたまごやき (おはなし広場)落合 恵子 和田 誠

クレヨンハウス 1993-10
売り上げランキング : 1487734


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「そんなにたくさん たまごをわって どうする!」

読み始めてすぐ、このお父さんのこの発言にプッと吹きだしてしまいました。子どものようなお父さん。そして、まるで卵の扱いを知り尽くしたようなめぐちゃんの立ち振る舞い。この二人のやりとりだけでも新鮮で楽しいのですが、思いがけず、大きな卵焼きが参加してきます。

「たいていのたまごは とりにならずに たべられちゃうからね」

とは、大きな卵焼きの言葉。鳥に成長すれば空を飛べるけれど、卵焼きになっては空を飛べない。。。まさか、この絵本で食べられるという運命を背負った卵の気持ちを知ることになるとは、思いもしませんでした。

絵本の中の卵焼きは、幸運にも空を飛ぶことが出来、そして卵焼きにもなることが出来ました。でも、飛ぶチャンスのないまま、卵焼きとして食べられる卵がほとんどなわけで。。。今後、卵に対しての見方が変わりそうです。思わぬ展開に最後までしっかりと読んじゃいました。



☆ブログランキングに参加しています☆ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

14:33 ・ユニークな展開の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『うまれかわったヘラジカさん』/ニコラス・オールドランド

2017/09/04
うまれかわったヘラジカさん (人生を希望に変えるニコラスの絵本)
うまれかわったヘラジカさん (人生を希望に変えるニコラスの絵本)ニコラス・オールドランド 落合恵子

クレヨンハウス 2011-12-05
売り上げランキング : 286773


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


濡れるのが嫌い、強い風が嫌い、寒いのが嫌い。だから、いろんな経験をしたことがないヘラジカさん。

「ぼくって ほんとに このままで いいのかなあ」

ふと思ったそういう気持ちが、ヘラジカさんの心にとても大きな気持ちの変化をもたらします。気持ちが変わると、行動まで変えられるんですよね。ヘラジカさんが1つずつ小さな壁を越えて、いろんな経験をしていく様子は、読みながら応援せずにいられませんでした。

自分を変えるためには、自分自身が行動を起こさなくてはいけないんですよね。 「なんにも わからないなら なんでも やってみよう」というヘラジカさんの思い、それは読者の背中をも押してくれてるような気がします。

子どもに限らず、大人が読んでも勇気をもらえるような素敵な一冊です。


☆ブログランキングに参加しています☆ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

11:09 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『へび のみこんだ なに のみこんだ?』 / ツペラ ツペラ

2017/08/01
へびのみこんだ なにのみこんだ?
へびのみこんだ なにのみこんだ?tupera tupera

えほんの杜 2011-11
売り上げランキング : 372458


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



これは楽しいですね。なにやら、暗闇からやってきた怖そうな表情のへび。いろんな理由から、「あるもの」を飲み込んでしまうのですが、 「なに のみこんだ?」というお決まりのフレーズ、そして、飲み込んだらしきモノが、ヘビのお腹の中に丸ごと入ってる!!というそのインパクトは半端ないです。

何を飲み込んだんだろう?とヘビのお腹の形から想像するのがとても楽しいですね。まるでクイズ感覚です。そして、次のページでレントゲンみたいに見えちゃうところ、これまた変な光景で見入ってしまいました。単純な展開ではありますが、飲み込むモノがだんだん巨大化していくところは、大人の想像の域を超えていて、おもしろかったです。大人目線で冷静に見ると、ちょっと怖いですよね(笑)

背景に余計な絵や色を使わずに真っ白なところが、ヘビの黒い色を強調すると共に、ヘビとヘビが飲み込んだモノだけに読者を集中させる感じで、とてもミステリアスで良かったと思います。幼児向け絵本とはいえ、低学年のお子さんぐらいまでの心をがっしり掴めそうな、素敵な一冊です。


☆ブログランキングに参加しています☆ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

15:50 ・乳幼児向けの絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『いろいろ ばあ』 / 新井洋行

2017/07/13
いろいろ ばあ
いろいろ ばあ新井 洋行

えほんの杜 2011-07-01
売り上げランキング : 18356


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


赤・青・黄色の、絵の具くんたち。
「いないいないばあ!」の「いろいろバージョン」ですね。
「いないいないばあ」のリズムで読んでいくと良いと思います。

チューブの中に隠れて「いろいろ・・・」というところは、
次のページの前フリになっていて、ページをめくった時の
楽しみが倍増されていて感心しました。

後半、色同士が混じって、きれいな色を生み出すところは、
これぞ絵の具のマジック!といったところでしょうか。

この絵本を見ながら、実際に絵の具で遊びたくなりそうな、
素敵な一冊だと思います。


☆ブログランキングに参加しています☆ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

11:36 ・乳幼児向けの絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『つみき』/中川ひろたか

2017/05/28
つみき (はじめての絵本たいむ)
つみき (はじめての絵本たいむ)中川 ひろたか 平田 利之

金の星社 2007-05
売り上げランキング : 119314


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


シンプルな色使い、そして積み木を1つずつ積み上げていく、というシンプルな展開、単純明快で楽しい作品です。ページをめくる度に少しずつ積み木が積み上がっていく様は、まるでパラパラ漫画のような感覚でした。

そして、最後にはテントウ虫が飛んできて・・・・積み木達の表情も、とても楽しいので注目です。ひとつ、ふたつ、みっつ・・・という数え方の勉強にもなりますね。色使いがシンプルなだけに、気が散らずに積み木だけに注目できるのが良いなと思いました。

何度も読み聞かせたい、素敵な一冊だと思います。



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・乳幼児向けの絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『もこ もこもこ』/谷川俊太郎

2017/05/25
もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)谷川 俊太郎 元永 定正

文研出版 1977-04-25
売り上げランキング : 795


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトルからして、なんだか不思議な印象でした。「もこ もこ もこ」かと想ったら、「もこ もこもこ」なんですね(笑)

「もこもこ」「ぱちん」「ふんわ」などといった、短い擬音のみで構成されているところが、不思議ワールド炸裂!といった感じですね。しかも、描かれているモノがこれといって特定できない、得体の知れないものなので、想像で読み進めるしかありません。

絵からの情報のみで想像力を膨らませて読む絵本なので、描かれているものの答えが1つではないところが魅力なのかな。故に、好き嫌いがはっきり別れる絵本ではないかと思います。

最初、長新太さんの作品かと思ったのですが、谷川俊太郎さんと知り、びっくりしました。簡単に見えて、なかなか奥が深い一冊です。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・ユニークな展開の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ひとあし ひとあし』/レオ・レオニ

2017/05/22
ひとあしひとあし―なんでもはかれるしゃくとりむしのはなし
ひとあしひとあし―なんでもはかれるしゃくとりむしのはなしレオ・レオニ 谷川 俊太郎

好学社 1975-04-01
売り上げランキング : 127361


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


かしこい、シャクトリ虫のお話。

腹ぺこのこまどりに食べられそうになった時に、こまどりのしっぽを計ってその場を凌いだのをきっかけに、いろんな鳥を計ることになってしまった、シャクトリ虫。ある朝出会った鳥に、「私の歌を計ってごらん。でないと食べちゃうよ。」と言われ、知恵をひねるのですが・・・・。

歌を計る??どうやって??ところが、このシャクトリ虫がとても賢いんですよね。思わず、「なるほど!そういうことか!」と膝を叩いてしまいました。まるで、一休さんのとんち比べにも似た展開。でも、こういう意表をついた展開って、とても楽しいですね。

この賢いシャクトリ虫は、きっと生き延びて立派な大人(蛾)になったことでしょう!


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・レ【レオ・レオニ】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『マックマウスさん』/レオ・レオニ

2017/05/19
マックマウスさん
マックマウスさんレオ・レオニ 谷川俊太郎

好学社 2010-01-21
売り上げランキング : 660061


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


結末から言えば、ハッピーエンドのお話なのですが、理解しがたいことがちらほら・・・

まちねずみのティモシーの姿が、ある日突然変わってしまいます。それは、ティモシー自身にも理解できないことだったようで。もしかしたら、子どもから大人へと成長したってことなのかな?

のねずみと一緒に暮らすには、「のねずみめんきょ」を取得しなくてはならないとのことで、テストを受けることになったティモシー。いやその前に、彼は自分から名前を名乗らなかったので、のねずみのスピニーから、「マックマウス」という新しい名前を付けられていたのですが、この辺から、誰が誰だか、名前が混乱してきて、絵を頼りになんとか読み進めた感じでした。

スピニーとティモシーの冒険が高く評価され、どうやらのねずみと一緒に過ごせることになったティモシー。でも、ベリーはダメ、体力もないティモシーは、やっていけるのかな?これで良かったねと言えるのかな?とちょっと不安になりました。

ピンチを乗り越えた知恵が高く評価されたということなのでしょうから、何か1つでも取り柄があれば、大丈夫だよということなのでしょうか。個人的には、腑に落ちない展開でした。ただ、2足歩行ののねずみたちは、とてもかわいかったです。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・レ【レオ・レオニ】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『コーネリアス』/レオ・レオニ

2017/05/16
コーネリアス―たってあるいた わにの はなし
コーネリアス―たってあるいた わにの はなしレオ=レオニ 谷川 俊太郎

好学社 1983-04-01
売り上げランキング : 86009


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


立って歩くことの出来るワニ、コーネリアスのお話。

ワニらしからぬワニの、コーネリアス。立てるという自分だけの特権を活かし、遠くを眺めたり、上から魚を見たり。仲間のワニにそのことを言っても、「へえ それで?」と相手にしてくれません。仲間に相手にされなくても落ち込まない、次々と新しいことに挑戦してしまう、好奇心が旺盛なコーネリアスの姿、すごく良いです。

無関心のように見えたコーネリアスの仲間たちですが、きっと内心は羨ましかったんでしょうね。最後のシーンは微笑ましくて、コーネリアスもきっと喜んだんだろうなって思います。でも、ワニが逆立ちできたとして、なんの得があるのでしょう?きっと、そういう疑問は野暮なんでしょうね(笑)

好奇心こそ、進化の前触れ!前向きなコーネリアスの態度が、仲間の心をも動かしたのかなと思います。周りの出来ないことを率先してやってしまうコーネリアスに幸あれ!


☆ブログランキングに参加しています☆ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・レ【レオ・レオニ】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『びっくりたまご』/レオ・レオニ

2017/05/13
びっくりたまご―3びきのかえるとへんなにわとりのはなし
びっくりたまご―3びきのかえるとへんなにわとりのはなしレオ=レオニ 谷川 俊太郎

好学社 1996-05-01
売り上げランキング : 500737


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


色んな意味で「びっくり」なストーリー展開でした。

まずは、2足歩行のカエルにビックリ!斬新です(笑)そして、好奇心旺盛なカエルのジェシカが持ってきた物を「にわとりのたまご」だと言い切るマリリン。ところが、卵から生まれてきたものは、ワニ!?「きゃ~!にわとりじゃなくて、ワニだったのね!」という展開なのかと思ったら、「おもった とおりよ! にわとりよ!」「にわとり なのね!」と叫ぶカエルたち。えええ~!?間違いに気付いてない!?

どうやら、知ったかぶりのカエルさん達。意外な展開に笑わせてもらいました。最終的に「にわとり」は、母さんワニのところへ帰されるのですが、その後のカエル達のやりとりも最高でした。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ということわざがありますが、知らないこと、わからないことを素直に口にせず、知ったかぶりで乗り切ろうとしたことが、そもそもの勘違いの始まりだったのでしょう。それともこのカエルさん達、意外とプライドが高いのかしら?知ったかぶりは恥をかくということをおもしろおかしく表現した素敵な一冊だと思います。


☆ブログランキングに参加しています☆ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・レ【レオ・レオニ】 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »