01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

『少年時代』/藤子不二雄

2016/10/02
第二次世界大戦の激しさが増す昭和19年夏、東京の世田谷国民学校5年生の風間進一は富山県泉山村に縁故疎開する。なれない環境に戸惑う進一は、村のたくましい少年タケシと出会い友情を感じる。しかし、二人の時は優しい一方で突然威圧的な態度をとるタケシの二面性に進一は驚くのだった。

山村の美しい、豊かな自然を背景に繰り広げられる、少年達の切ないまでの心の葛藤のドラマ。


少年時代 (1) (中公文庫―コミック版)
少年時代 (1) (中公文庫―コミック版)藤子 不二雄A

中央公論社 1995-07-18
売り上げランキング : 167381

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
少年時代 (2) (中公文庫―コミック版) 少年時代 (3) (中公文庫―コミック版)


図書館で見つけた漫画です。全3巻。著者は、藤子不二雄A。
柏原兵三の長編小説『長い道』を読み、<これは自分の物語だ>と思ったという藤子氏は、『長い道』に刺激され、自分の疎開体験を漫画に書こうと思ったのですが、あまりにも『長い道』と自分の体験がオーバーラップしている事に驚き、悩んだ末、『長い道』を原作としての漫画化を思いつき、この作品が生まれたとのこと。

集団疎開という言葉は聞いたことがありましたが、それとは別に、親戚を頼って個別に疎開することを「縁故疎開」と呼ぶことを初めて知りました。突然慣れない環境で生活しなくてはならない疎開する側の子供の心境、突然見慣れない子を受け入れなければならない疎開を受け入れる側の子供の心境。ましてや戦争という混乱期、子供たちはこんな風に心落ち着かない日々を送っていたんだろうと想像できる内容になっています。

疎開先で進一はタケシという少年と親友になりますが、級長であり同級生の少年達の中の権力者であるタケシは、進一と2人きりの時は優しいのだけど、何故か学校内では進一を冷たくあしらいます。暴力で同級生達を支配していたタケシ。しかしやがて、復学した級友との権力争いが勃発し、進一や級友達はその争いに巻き込まれていきます。

大人には大人の社会があるように、子供には子供の社会があるんですよね。読み始めて何がイヤだったかって、それはタケシがいつも暴力で級友達を自分に従わせていたところ。なんですぐに暴力を振るうんだろう?と思っていたのですが、その理由ともいえるタケシの事情も後半少しずつ分かってきます。暴力の反面、タケシが時折見せる優しい姿に、タケシは良いやつなのか悪いやつなのか混乱させられます。今で言うとタケシは、いじめっ子のリーダーと言ったところでしょうか。けれどもタケシは、単純にイジメを楽しんでいるわけではなくて、しっかりと正義も持ち合わせているところが良い。憎たらしくもあるけれど、尊敬できるところもある。タケシという不思議な存在が最初から最後まで進一にとっては大きなものとなっています。進一とタケシのちょっとひねくれた友情関係、ラストが予想外で涙を誘います。

『少年時代』の原作となった本はこちら。
長い道 (中公文庫)
長い道 (中公文庫)柏原 兵三

中央公論社 1989-10
売り上げランキング : 430526


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



映画化もされていたようです。機会があれば是非観てみたいと思います。

少年時代 [DVD]
少年時代 [DVD]藤子不二雄A

東宝 2005-04-28
売り上げランキング : 15241


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


08:00 ●漫画・コミック | コメント(0) | トラックバック(0)

『そこをなんとか』 / 麻生みこと

2016/07/28
そこをなんとか 1 (花とゆめコミックス)
そこをなんとか 1 (花とゆめコミックス)麻生みこと

白泉社 2008-03-05
売り上げランキング : 19584


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そこをなんとか 2 (花とゆめコミックス)そこをなんとか 3 (花とゆめコミックス)そこをなんとか 4 (花とゆめコミックス)そこをなんとか 5 (花とゆめコミックス)そこをなんとか 6 (花とゆめコミックス)そこをなんとか 7 (花とゆめコミックス)そこをなんとか 8 (花とゆめコミックス)そこをなんとか 9 (花とゆめコミックス)そこをなんとか 10 (花とゆめコミックス)そこをなんとか 11 (花とゆめコミックス)

当ブログのカテゴリー「図書館よりレンタル中」でチラッと紹介させていただいたコミックです。職業の仕事内容が垣間見れる漫画はないかと探していて見つけて読んでみたのですが、そういった意味では期待通りの作品でした。ストーリーの合間に弁護士という職業の仕事内容や裏事情?などがちらちら垣間見ることができます。

主人公は、弁護士は儲かる!という夢を見て、キャバ嬢をしながらロースクールへ通い、司法試験に合格したという、貧乏にもめげない天真爛漫さと打たれ強さを持つ、お酒に強い女子、改世楽子(かいせらくこ)、通称らっこ。

滑り込みで就職し、儲かると踏んでいた憧れの職業でしたが、儲かる案件も少なく、貧乏弁護士生活は続きます(笑)先輩弁護士(兄弁<アニベン>)のご指導・助けを受けつつ、様々な案件をこなしつつ、次第に弁護士として成長していくストーリー。

主人公のらっこちゃんと同じで、私も弁護士という職業は他の職業よりも儲かるイメージが強かったのですが、これを読んで弁護士という職業に対するイメージが随分変わりました。弁護する方の気持ちを深く理解するために行う様々な努力。まずは依頼者との信頼関係を築くところから始まり、今まで育ってきた環境やら家族との関係性など、様々な視点から見つめ直しての作業。相手は人間ですから、嘘を付いていたり、証言を隠していたりしている可能性もあるわけで。弁護士という職業がこんなにも”人間”と向き合う職業だったとは思いませんでした。

らっこが担当する様々な案件を通して、様々な裁判の行われ方はもちろん、世の中にはいろんなトラブルがあるんだなということを客観的に知ることができ、大変興味深かったです。もちろん弁護士も人間ですから、登場人物同士の関係なんかも色々とあって、仕事以外のストーリー展開もなかなか面白いことになっています。ところどころに「ぶらり傍聴日記」というコラム的なものがあるのですが、これがまた面白い内容。裁判と一言で言うけれども、ピンからキリまであるんだな~と思わされます。

現時点で11巻まで刊行されているようですが、私は図書館から借りて読んでいる関係上、順番待ちでまだ9巻までしか読めていないのですが、9巻まででも面白い内容でしたので紹介させていただきました。2012年10月と2014年8月には、NHKでテレビドラマ化されていたようです。機会があれば見てみたいと思います。

そこをなんとか ブルーレイ BOX [Blu-ray]
そこをなんとか ブルーレイ BOX [Blu-ray]麻生みこと

NHKエンタープライズ 2013-06-21
売り上げランキング : 53313


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:00 ●漫画・コミック | コメント(0) | トラックバック(0)

『サバイバル Another Story』 / さいとう・たかを

2016/04/29
2月から少しずつ紹介してきた、「サバイバル」シリーズのこれが実質最後の1冊となります!

サバイバル Another Story
サバイバル Another Storyさいとう・たかを

リイド社 2013-09-20
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「サバイバル」シリーズには違いないのですが、10巻までのストーリーとは全く別物なので、10巻を読み終えた後のもやもやを引きずったままこちらを読みますと、「なんだよ、これ!」という気持ちになりますので、ご注意ください(笑)

設定としては、サトルが家族を求めての一人旅を続けている途中、辰野さんと別れてから2週間後ということらしいので、第8巻の頃のお話だと思われます。文明の賑わいを見せる街にたどり着いたんですが、なんとそこは独裁者が支配する”帝国”だったのです!この独裁者を見ていると、どこかの国のある人物を連想してしまうのですが、それは実際に読んでからのお楽しみということで。

サトルの持ち前のガッツと人の良さは相変わらずですが、物足りない最終巻からこちらのストーリーへ移ると、なんとも残念な展開となっています。わざわざこのような「Another Story」まで出してしまうという事は、当時はかなり人気のあった漫画だったんじゃないでしょうか。

最終ページのサトルの凛とした顔の旅立ちの姿が、この「サバイバル」シリーズの全てを物語っていますね。なんとしても生き延びてやる!という精神力。なんだかんだ言ってもこれが一番大事なのかもしれません。

KIMG1526.jpg



●当ブログの「サバイバル」シリーズへのリンクはこちら
サバイバル1
サバイバル2
サバイバル3
サバイバル4
サバイバル5
サバイバル6
サバイバル7
サバイバル8
サバイバル9
サバイバル10


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:00 ●漫画・コミック | コメント(0) | トラックバック(0)

「サバイバル 10 地球転生」 / さいとう・たかを

2016/04/26
全10巻「サバイバル」シリーズの第10巻になります。シリーズ最終巻です!

サバイバル 10巻
サバイバル 10巻さいとう・たかを

リイド社 2013-09-20
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


富士山から遠のいているせいでしょうか、サトルの向かう先々で、頻繁にいろんな人たちと出会います。生き残るためには集団で生活していくのがベストなんでしょう。けれども、危機的状況での生活だからなのか、対立が激しく、結局のところ”自分さえ良ければ”という人間の本性が垣間見え、辟易としてきます。そんななか、サトルという集団に属さない人間が加わり関わることで、本来人間が持っているはずの”思いやる心””助け合いの心”がこういう危機的状況にこそ必要である、ということを教えてくれているように感じました。

最終巻、サトルがついに家族と出会えるのか!?と思いながら1巻から読み続けてきましたが、う~ん、賛否両論いろいろありそうなラストとなっています。これまでのサバイバルな展開が激しかっただけに、ラストは静かにフェイドアウトした感じでしょうか。余談ですが、最終巻で登場したツネという名の青年。私の中では、ドラゴンボールに出てくるミスター・ポポのイメージで読み進めてました(笑)

偶然といいますか、この本の紹介をしている最中に起こった、熊本地震。大地震はいつ、どこで起きるかわからないということを強く感じたと共に、こういう時代だからこそ、こういう本を通してサバイバルの術を少しでも学んでおくべきじゃないかと思います。ハウツー本とは違ってストーリーのあるものだからこそ、こういう危機的状況における人間の心理なんかも垣間見ることができました。漫画ですからお子さんでも読みやすいですし、一読してみて損はないと思います。

KIMG1525.jpg


●当ブログの「サバイバル」シリーズへのリンクはこちら
サバイバル1
サバイバル2
サバイバル3
サバイバル4
サバイバル5
サバイバル6
サバイバル7
サバイバル8
サバイバル9
サバイバルAnother Story



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


08:00 ●漫画・コミック | コメント(0) | トラックバック(0)

『サバイバル 9 地殻異変』 / さいとう・たかを

2016/04/23
全10巻「サバイバル」シリーズの第9巻になります。やっと9巻まで辿り着きました(笑)

サバイバル (9) (リイド文庫)
サバイバル (9) (リイド文庫)さいとう たかを

リイド社 2001-10
売り上げランキング : 109835


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


荒野をさまよい歩いていたサトルは、野生化した野犬たちに襲われます。その中にはかつて一緒に旅を続けた“シロ”の姿があったのでした。このシロとのシーンは、結構感動します。シロとの再会で、サトルは家族への思いをさらに強くするのでした。

それにしても今回もまた、サトルの目の前にいろんな難関が待ち受けます。行く手を阻む大きな崖、たびたび起こる地震・・・サトルの持ち前の発想力、行動力、今までの経験からなんとか乗り切ろうとする姿には、サバイバルで生き残るためのいろんなヒントが隠されていて、大変勉強になります。やけに地震のシーンが多いなと思ったら、サブタイトルが「地殻異変」となっていましたね。とにかく地面がぱっくり割れたシーンが多くみられます。日本がというより、地球全体がどうにかなってしまっているような状況に見受けられます。

旅を続けていくうちに、また新たな人達に出会います。ここでまたサトルに命の危険が・・・!追い込まれた人間の本能、本性、そういったものが見え隠れする展開になっています。気になる展開が続きます。

KIMG1524.jpg


●当ブログの「サバイバル」シリーズへのリンクはこちら
サバイバル1
サバイバル2
サバイバル3
サバイバル4
サバイバル5
サバイバル6
サバイバル7
サバイバル8
サバイバル10
サバイバルAnother Story



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:00 ●漫画・コミック | コメント(0) | トラックバック(0)

「サバイバル 8 病疫流行」 / さいとう・たかを

2016/04/20
全10巻「サバイバル」シリーズの第8巻になります。
サバイバル 8巻
サバイバル 8巻さいとう・たかを

リイド社 2013-09-20
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大震災で逃げ出した脱獄囚の集団が潜む場所に紛れ込んでしまい、捕らわれてしまったサトル。命からがら逃げ出した先で出会ったのは、一人畑で作物を作り生活している辰野という青年でした。この青年、このサバイバルでサトルが出会った人たちの中で数少ない好人物の1人です。

久しぶりに食にもありつけ、助けられたサトルでしたが、今度は、作物を狙う他のグループとの土地争奪戦に巻き込まれてしまいます。辰野がなぜ一人で生活していたのか?それは、一緒に集団生活していた人たちが次々と謎の高熱で倒れ、亡くなっていったからでした。そしてついにサトルも体調不良を訴え、倒れてしまいます。

今回は、本当にいろんなことが次々と起こります。命の危険にも何度さらされることか。持ち前の生命力であらゆる試練に立ち向かって行くサトルにとって、一番大きな発見が後半にあります。そして、懐かしい相棒にも再会?めまぐるしい展開に目が離せません!ということで次巻へ続きます!

KIMG1520_201604161745291bc.jpg


●当ブログの「サバイバル」シリーズへのリンクはこちら
サバイバル1
サバイバル2
サバイバル3
サバイバル4
サバイバル5
サバイバル6
サバイバル7
サバイバル9
サバイバル10
サバイバルAnother Story



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:00 ●漫画・コミック | コメント(0) | トラックバック(0)

「サバイバル 7 猛獣来襲」 / さいとう・たかを

2016/04/17
全10巻「サバイバル」シリーズの第7巻になります。

サバイバル 7巻
サバイバル 7巻さいとう・たかを

リイド社 2013-09-20
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サトルが富士山を目指して以来、これまでに体験した自然現象は、実は地球温暖化の前触れだったのでした。サトルの姿を見ていると思うのですが、人間、とりあえず水さえ手に入ればなんとか生き延びられるものなんだなという事。生きているものにとって「水」がどれほど重要なものなのかということがこれまで読んできて良くわかりました。

砂漠のような場所で、ついさっき亡くなったばかりの様子の男に出くわし、近くに人間の存在を感じるサトル。早く追いつこうと歩みを進めるサトルの前に、巨大なイノシシが現れます。これがサブタイトルにある猛獣なの??と思ったのですが、あなどるなかれ、イノシシって意外にとても怖い生き物なんですね。サトルとイノシシのバトルのシーンがあるのですが、これは猛獣と呼ぶに相応しい生き物だなとしみじみ思いました。

この巻では、再びサトルとシロがはぐれてしまいます。1人、海を泳いで渡りきったサトルは、シロの安否を気遣いながらも家族の姿を思い浮かべながら前へと進んでいくのでした。後半、サトルとはぐれてしまったシロのその後の様子も約70ページに渡り描かれていて気になる内容になっています。富士山からだいぶ離れたからか、生き延びた人たちに出会う頻度も徐々に増えてきた感じです。ただ、その人たちが良い人とは限らないのですが・・・。どうなるのか気になりつつ8巻へ続きます。

余談になりますが、数日前に起こった熊本地震、余震も頻繁で大変なことになっていますね。テレビの中継画面を見ていて、思わず、まるで漫画『サバイバル』の世界のようだ思ってしまいました。比較的、地震の少ない地域と認識されていた九州地域。今回の震災を目の当たりにして、「いつどこで大地震に襲われるかわからない」という思いを改めて感じました。日ごろの備え。これに尽きるかと思います。今回震災に遭われた方々が、一日でも早くいつもの日常を取り戻せるよう祈っております。そして不幸にも亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

KIMG1521.jpg


●当ブログの「サバイバル」シリーズへのリンクはこちら
サバイバル1
サバイバル2
サバイバル3
サバイバル4
サバイバル5
サバイバル6
サバイバル8
サバイバル9
サバイバル10
サバイバルAnother Story



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:00 ●漫画・コミック | コメント(0) | トラックバック(0)

「サバイバル 6 炎天地獄」 / さいとう・たかを

2016/04/14
全10巻「サバイバル」シリーズの第6巻になります。

サバイバル 6巻
サバイバル 6巻さいとう・たかを

リイド社 2013-09-20
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


命の危険にさらされている状況は、人間も動物も同じこと。サトルとロバートは、なんと富士山の樹海から抜け出そうとあちこち歩き回ります。そんな中、野犬に襲われるサトル。ところが、その野犬には見覚えが・・・!

それにしても、サトルにはいろんな試練がふりかかります。視力を失いかけたり、行動を共にしていたロバートに置き去りにされたり。「おれには死神がついているのか!!」とさえ感じてしまう状況。そして再び孤独になった少年が出会ったのは、またしても子犬の「シロ」。このシロ、意外と可愛い存在なんですよね。

セミも木から落ちるほどの耐え難い猛暑。何度も命の危険に合いながらもなんとか人家のあるところへ辿り着いたサトル。いそれにしてもつまでもつづく異常な熱地獄。シロと共存しながら第7巻へ続きます!

KIMG1520.jpg


●当ブログの「サバイバル」シリーズへのリンクはこちら
サバイバル1
サバイバル2
サバイバル3
サバイバル4
サバイバル5
サバイバル7
サバイバル8
サバイバル9
サバイバル10
サバイバルAnother Story



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:00 ●漫画・コミック | コメント(0) | トラックバック(0)

「サバイバル 5 富士山噴火」 / さいとう・たかを

2016/04/11
少し間が開いてしまいましたが、「サバイバル」の本の紹介の続きをしていきたいと思います。
全10巻「サバイバル」シリーズの第5巻になります。

サバイバル 5巻
サバイバル 5巻さいとう・たかを

リイド社 2013-09-20
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4巻に出てきたサトルに執着していた男から、「生き残った人間のほとんどが富士山の方へ向かった」という情報を得たサトルは、その人達の後を追い、富士山へ向かいます。その富士山では、暴風に山火事といった異常現象が起こっていました。動物たちと同様、異常現象による危機から逃げ惑うサトル。そんな中、富士山上空に飛行機がやってきて、二人のアメリカ人が被害調査のために降り立ちます。サトルと合流し、共に行動することになったのですが・・・

このアメリカ人、実はある任務の調査のために富士山にやってきたのですが、サトルは知る由もなく。途中、サトル達はどこからかやってきた子犬「シロ」と出会い、一緒に行動するのですが、このシロ、後半のストーリーでもサトルにとって結構重要な存在となりますので、要チェックです。そして富士山噴火の衝撃!命を脅かされる状況が続きます。そんな中でもサトルのサバイバルのための知恵と工夫が随所で活かされ、感心させられます。目が離せない状況のまま6巻へ続く!

KIMG1519.jpg



●当ブログの「サバイバル」シリーズへのリンクはこちら
サバイバル1
サバイバル2
サバイバル3
サバイバル4
サバイバル6
サバイバル7
サバイバル8
サバイバル9
サバイバル10
サバイバルAnother Story



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

13:17 ●漫画・コミック | コメント(0) | トラックバック(0)

『サバイバル 4 飢餓都市』 / さいとう・たかを

2016/03/09
全10巻「サバイバル」シリーズの第4巻になります。
サバイバル 4巻
サバイバル 4巻さいとう・たかを

リイド社 2013-09-20
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サトルが辿り着いた新大陸は、最初の大地震で沈んだ東京が、再び起こった激震による地殻変動で隆起したものでした。当然のことですが、大地震の被害を受けたのは人間だけではありません。動物たちもまた生き延びるために必死に食料を探していたのでした。そう、動物園から逃げ出したトラも然り・・・

廃墟と化した都市は、山の中と違い、木の実も無ければ魚が釣れるわけでもない、自然から得られるものは無く、まさに「飢餓都市」。こんな場所でサトル以外の人間が生き残っているのかと危惧する中、ある日、男と遭遇。そしてこの男の証言から、この地に起きた、重大な事実を知るのでした。両親や姉が生き残っているかもしれないという可能性がまだ残されているを知ったサトルは、新たな行動へと移ります。次巻へ続く!

サバイバルシリーズも4巻目になりました。とにかく怖いシーンが続きます。トラが怖い。男が怖い。そして何より、この東京に起こった出来事が怖い!!危機的状況に追い込まれた人間のとる行動っていうのは、その人間の本性がさらけ出るんでしょうね。こんな追い込まれた状況に置かれながらも廃墟の中に貴金属を漁った痕跡などがあり、人間ってつくづく欲深い生き物なんだなと感じられました。それは、サトルが廃墟で出会った男も然り。こんな状況にも関わらずお金を集めている男の姿には辟易するものがありました。

そんな男と無理やりに同居することになったサトル。男にこき使われる辛い生活の中でも、なんとか生き延びてやろうと車の運転を覚えたり、アマチュア無線を覚えたりと生き延びる手段を模索していきます。執拗に付きまとう男にサトルが命を狙われる場面が何度も出てくるのですが、もしかすると追い込まれた状況での一番の敵は、人間なのかもしれないと思わされました。

そしてまたしても起きた大きな揺れ。東京に、日本に、地球に何が起こっているのか?少しずつわかってくる事実にビクビクしながら次巻も楽しみに読んでいきたいと思います!

KIMG1436.jpg



●当ブログの「サバイバル」シリーズへのリンクはこちら
サバイバル1
サバイバル2
サバイバル3
サバイバル5
サバイバル6
サバイバル7
サバイバル8
サバイバル9
サバイバル10
サバイバルAnother Story


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

11:49 ●漫画・コミック | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »