10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

『すみ鬼にげた』 / 岩城範枝

2014/02/05
節分ウィーク!ということで、またまた鬼が登場する絵本をご紹介します!我が家の蔵書です

すみ鬼にげた (福音館創作童話シリーズ)
すみ鬼にげた (福音館創作童話シリーズ)岩城範枝 松村公嗣

福音館書店 2009-11-10
売り上げランキング : 361836


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



宮大工の見習い小僧の
ヤスが体験した、
不思議な物語。

「うぉー うぉー」

「うぉーん うぉーん」

奈良の古いお寺で
ヤスが出会ったのは、
一尺ばかりの小さな鬼。

タイトルは
「すみ鬼にげた」ですが、
鬼は決して
逃げたわけではなく、
またお寺に戻ってきます。

いや、もしかして
その時、
逃げようとしていたかも?

1体だけ表情が違うこの鬼は、
唐招提寺の金堂の四隅にいる、
木彫りの邪鬼がモデル
とのこと。

実際には
動くはずのない鬼ですが、
もしこの鬼に過去が
あったとしたら?

苦しそうなこの鬼の姿。
「この鬼をここから逃がしたい」
という気持ちから、
このお話を作り出した
作者の気持ちが、
わかるような気がします。

ヤスの手助けがあって、
長年の願いを
叶えることができた鬼。

いや、願い、というよりは、
野望かな?

それは、
どんなものだったのかは、
是非読んで確かめてください。

実は、
この本を私に教えてくれたのは、
息子でした。(当時は小5)

学校の図書室で見つけて、
お気に入りとなり、一時期、
正座をしてはふざけて
「うぉーん うぉーん」と
鬼の真似をしていました(笑)

ちなみに、
木彫りの小さな鬼が
大きな鬼へ
変貌する瞬間の絵は、
結構インパクトがあります。

機会があれば、
モデルになった邪鬼を
是非見に行きたいです。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『もりのえほん』 / 安野光雅

2013/12/09
もりのえほん
もりのえほん安野 光雅

福音館書店 1981-02-25
売り上げランキング : 50658

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ふしぎなえ (日本傑作絵本シリーズ) あいうえおの本 旅の絵本 (1) 中部ヨーロッパ編 (安野光雅の絵本) さかさま ふしぎな たね (美しい数学)


文字はなく、
いろんな森の景色が
描かれているだけの絵本です。

・・・と思っていたのですが。
遠目で森の景色を眺めると、
徐々に浮かび上がってくる
動物たちの数々。
錯覚かと感じさせるような、
自然な隠し絵に
驚かされました。

空に浮かんでいる雲の形が
なにかの形に見える
なんてことがありますが、
まさにそんな感じの描き方。

それがまた、
描かれている森の風景だけで、
森の中でひっそりと
生活している動物たちの姿を
連想させてもくれ、
まさに絵本!っていう感じです。

これを見た後だったら、
何気ない普段の景色の中でも
いろんな生き物を想像して
見つけ出せそうな気がします。

想像力を掻き立ててくれる、
素敵な一冊です。



☆ブログランキングに参加しています。  

共感いただける方は、ポチッとお願いします。

09:00 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ふしぎなサーカス』 /安野光雅

2012/02/24
今月は、今まで紹介する機会を逃していた絵本を紹介していきたいと思います。今回紹介する絵本はこちら!

ふしぎなさーかす
ふしぎなさーかす安野 光雅

福音館書店 1981-04-30
売り上げランキング : 324488

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ふしぎなえ (日本傑作絵本シリーズ) さかさま ふしぎな たね (美しい数学) もりのえほん もじあそび


真夜中に始まる、不思議なサーカスの世界です。「ふしぎなえ」と同様、上下左右、遠近感などが狂わされるような、ふしぎなサーカスの絵によって演目が繰り広げられます。

でも、「ふしぎなえ」ほどの不思議さはあまり感じられず、ちょっと残念。絵本の中に絵本があるという設定なので、不思議じゃない部分も多く見られたからかな?と、物足りなさが残りました。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





08:00 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『おしいれおばけ』  /マーサ・メイヤー

2010/03/02
子供の心理を付いた楽しい1冊

おしいれ おばけ
おしいれ おばけマーサ メイヤー 今江 祥智

偕成社 1987-08
売り上げランキング : 668157

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「おばけ」が好きな息子にと選んだ1冊。文字も少ないし、息子にはちょっと幼稚だったかなと思ったのですが、恐怖心をそそる絵に、暗闇が怖いという子供の心理を付いた内容がとてもおもしろおかしく、楽しく読ませてもらいました。

ある晩、押入れにいる”あいつ”と決着をつけようと決めた男の子。見た目に寄らない泣き虫おばけに、思わず笑ってしまいます。息子も、ニヤニヤしながら最後まで聞き入っていました。

子供の想像するおばけのイメージって、まさにこんな感じですよね。この絵本を読めば、暗闇が怖いお子さんでも、暗闇にいるお化けなんてこんなもんだよ!って思えてきて、へっちゃらになるのでは?

個人的に、子供らしい服装のわりに、すごくリアルで険しい表情の男の子の顔と体のギャップがおかしくて、息子と一緒に笑わせてもらいました。でも、男の子がそれだけ真剣だってことですよね。絵でもストーリーでも楽しめる、素敵な一冊だと思います。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『なかよしおばけのびっくりおふろ』 /ジャック・デュケノワ

2009/01/08
これはもう、お風呂ではありません(笑)

なかよしおばけのびっくりおふろ (nakayoshi obake)
なかよしおばけのびっくりおふろ (nakayoshi obake)ジャック デュケノワ Jacques Duquennoy

ほるぷ出版 2003-06
売り上げランキング : 1180475

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なかよしおばけのシリーズ絵本です。絵本、というより漫画ですね。1ページに4コマぐらいのペースで進んでいきます。読み聞かせは、吹き出しの台詞を読んでいく感じです。

このシリーズは何冊か読んでいるので、今度はおばけが何をやってくれるのか楽しみにしながら読んでいきました。本のタイトルに「おふろ」と書いてありますが、これはもう、お風呂ではありません。プールですね(笑)

後半、どうなっちゃうの~!っていう場面があったりとそれなりに楽しめました。細かい説明がないので、絵をじっくり見ていないとなんでそうなったのかが理解できなかったりするので、何度か読み返さないと楽しめないのが難点かな。でも、絵は何度見てもかわいいので、ついつい読んでしまいます。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『なかよしおばけといたずらネッシー』 /ジャック・デュケノワ

2008/09/07
漫画っぽい絵本です

なかよしおばけといたずらネッシー (ほるぷ海外秀作絵本)
なかよしおばけといたずらネッシー (ほるぷ海外秀作絵本)ジャック デュケノワ Jacques Duquennoy

ほるぷ出版 2003-05
売り上げランキング : 1370261

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なかよしおばけのシリーズ絵本です。絵本、というより漫画に近い感じ。息子に「読んで~」と言われたのですが、読めるところはほとんどありません。たまに、セリフの吹き出しや動作に対する音などが書いてあるので、絵を見ながら読んでやりました。

ネッシーが出てくるのですが、そのかわいらしいイタズラに、「体、洗ってるよ!」「お風呂みたいになってる!」と息子はところどころで笑いながら最後まで読んでくれました。

絵のカットが多いので、目移りしやすいのですが、よく見ないと見逃している部分が次のお話のポイントだったりするので、何度か見返したりして、少しややこしかったかな。でも、子供はそんなことはお構いなしに楽しんでいました。かわいらしい絵だけでも、ストーリーはある程度わかるかと思います。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『おばけとしょかん』 /デイヴィッド・メリング

2008/09/05
想像しながら読む練習には良いかも

おばけとしょかん (児童図書館・絵本の部屋)
おばけとしょかん (児童図書館・絵本の部屋)デイヴィッド メリング David Melling

評論社 2005-09
売り上げランキング : 138033

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「おばけ」が好きな息子にと選んだ1冊。どんなに怖そうなお化けが出てくるのかと思ったら、愛嬌たっぷりの可愛らしいおばけが登場します。

本が大好きな女の子と、本が大好きなおばけ達の、不思議なやり取りが続きます。女の子の発案で、お化けたちと一緒にお話を作ることになり・・・

本は読むだけではなく、自分で作っても良いんだよ!ということを、子供にそれとなく教えることも出来ますよね。文字の無い、コマ割りのページが何度か出てきますが、それはきっと読み手に対して「自分でお話を作って読んでごらん!」と提案してる風なのかな?と感じました。

コマ割りのページの読み聞かせの時には、1コマずつ指を指して、何をしてるところなのかを息子と簡単に確認しながら流し見しました。想像しながら読む練習には良いかと思います。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『なかよしおばけのゆかいなけっこんしき』 /ジャック・デュケノワ

2008/09/03
「ゆかい」ではないと思います

なかよしおばけのゆかいなけっこんしき (nakayoshi obake)
なかよしおばけのゆかいなけっこんしき (nakayoshi obake)ジャック デュケノワ Jacques Duquennoy

ほるぷ出版 2003-06
売り上げランキング : 1299944

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おばけシリーズの絵本です。絵本というより、漫画に近い感じになっています。

「ゆかいなけっこんしき」とのことで、どんなストーリーかと思ったら、結婚式の主役のはずの2人がその場で喧嘩して結婚は取りやめになってしまったり、大人が見たら「え!?」と思うような内容になっています。息子もそんなに笑ってはいなかったかな。

唯一、同じシリーズ絵本で見たことのあるネッシーが湖から顔を出しているのを見つけた時には、「ネッシーだ!」と喜んでいました。

日本人には合わないストーリー展開だったのかもしれません。絵は可愛いんですけどね。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『おばけだぞぉー!』 /ジャック・デュケノワ

2008/08/27
いろんな楽しみ方ができる絵本

おばけだぞぉー!
おばけだぞぉー!ジャック デュケノワ Jacques Duquennoy

ほるぷ出版 2001-10
売り上げランキング : 353664

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
おばけパーティ おばけ、びょうきになる おばけの地下室たんけん おばけ まほうにかかる おばけがぞろぞろ (幼児絵本シリーズ)


タイトルが「おばけだぞぉー!」ですが、絵を見るととてもとても可愛らしくて、全然怖くないところが良いです(笑)壁をするっと通れるし、消えちゃうこともできるんですけどね。でも、おばけなのに怖がっていたりする ところがまた、可愛いです。

おばけがこわい!と言っているお子さんに見せたら、きっと怖い気持ちも飛んでいっちゃうと思います。どちらかというと、小さいお子さん向けかな。6歳の息子にはちょっと幼稚すぎたようです。でも、最後のページにある絵探しには、はまっていました。

いろんな楽しみ方ができる絵本だと思います。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『なかよしおばけとちびちびおばけ』 /ジャック・デュケノワ

2008/08/25
可愛い!ちびちびおばけ

なかよしおばけとちびちびおばけ (ほるぷ海外秀作絵本)
なかよしおばけとちびちびおばけ (ほるぷ海外秀作絵本)ジャック デュケノワ Jacques Duquennoy

ほるぷ出版 2003-05
売り上げランキング : 1071933

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おばけシリーズの絵本になります。絵本というより、漫画みたいにカットが多く書かれています。

お料理をしているおばけが使用済みの、ごみ箱に捨てたはずのティッシュが、なぜか小さな「ちびちびおばけ」となって動き出し、ごみ箱から抜け出していたずらをするお話です。このシリーズの中で息子に特に好評だったのがこのお話でした。

小さくて可愛い!っていうのと、ちびちびおばけ達の意味不明なイタズラが息子の笑いのつぼに入ったらしく、何度も「読んで!」と言われ、読まされました。とはいえ、絵がメインなので、読むところはほとんど無いんですけれどね。こんな可愛いおばけがいるかも!と想像するだけで楽しくなるお話でした。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »