03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

『発見する喜びが芽生える みぢかなマーク』 / 鎌田達也

2016/05/02
さて!久しぶりに「サバイバル」以外の本を紹介していきたいと思います!
なんだか新鮮な気分です(笑)

みぢかなマーク―発見する喜びが芽生える
みぢかなマーク―発見する喜びが芽生える鎌田 達也 ハマダ ルコラ

ひかりのくに 2005-03
売り上げランキング : 524088


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


生活の中でよく目にするマーク。この絵本では、忍者のキャラクター「マークのスケ」が登場、いろんなマークのことを教えてくれるので、小さなお子さんでも楽しみながらいろんなマークを知ることが出来る内容になっています。

とはいえ、子どもだけじゃなく、大人も楽しめます。標識のマークだけではなく、コンビニなどのお店のマークなども取り上げており、なんとなく見かけていたマークをじっくり見られるのはとても新鮮な感じがしました。いつものマークもじっくり見れば新たな発見があるかもしれませんよ^^


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:00 ・学べる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『子ども版 声に出して読みたい日本語2』 / 齋藤孝

2013/12/07
子ども版 声に出して読みたい日本語 2 柿くえば鐘が鳴るなり/俳句
子ども版 声に出して読みたい日本語 2 柿くえば鐘が鳴るなり/俳句齋藤 孝 江口 修平

草思社 2004-08-13
売り上げランキング : 116787


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



やっぱり、日本人には五七五のリズムが心地よいですね。俳句を読んだのは、学生の頃以来でしょうか。かわいらしいイラストがまた、俳句の良さを引き立てていて、とても読みやすかったです。この絵本の思惑通り、思わず声に出して読んでしまいました

子どもも学校でいくつか俳句を習っていたようで、読みながら「これ知ってる!」なんてこともあったりして、この絵本があれば、有名な俳句をいくつも覚えられそうです。思わず揃えたくなるシリーズだと思いました。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・学べる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『まるのおうさま』 / 谷川俊太郎

2013/11/29
11月も今週で終わりですね!久しぶりに絵本の紹介をしてみたいと思います。我が家の蔵書です

かがくのとも まるのおうさま 1971年 2月号 (福音館書店) [古書]
かがくのとも まるのおうさま 1971年 2月号 (福音館書店) [古書]
moviestock2
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「まるのおうさま」と主張する、様々な丸が登場します。おさら、シンバル、タイヤ、ボールベアリングに、コンパスまで!?読んでいるうちに、あちらにもこちらにも丸があり、世の中にはいろんな丸がたくさん存在していることに気付かされます。目に見えない丸だってあるんですよ!

登場してくるいろんな丸には、リアルな目が描かれているので、一瞬ギョッとさせられるかもしれませんが、こういうイラストを見るのは逆に新鮮な印象を受けました。可愛らしい目より、ずっと惹きつけるものがあるんですよね。この一連の丸たちが、意外にもストーリー仕立てで順番に登場してくるのも楽しいです。

この絵本を読み終えると、実際に自分で丸を書きたくなること間違いなしです。是非、お子さんと一緒に丸を書いてみてください。

「しろいかみに ちからいっぱい じぶんのまるを」



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


08:20 ・学べる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『へそのお』 / 中川ひろたか

2013/03/05
今日は、おへそのことが知りたくなる一冊をご紹介します。

へそのお (PHPわたしのえほんシリーズ)
へそのお (PHPわたしのえほんシリーズ)中川 ひろたか 石井 聖岳

PHP研究所 2004-09
売り上げランキング : 771087

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小さな桐の箱から出てきたのは、男の子のへそのお。へそのおは、赤ちゃんがお腹にいた時の命綱だと、お母さんに教えてもらいます。へそのおの存在を知ったことがきっかけで、へそに関連する話がどんどん膨らんでいくのがいいですね。

へそって、なんだか不思議。どんどんおへそのことが知りたくなる一冊です。お子さんがおへそのことを話題にしたら是非読んで欲しいと思います。

そういえば、この絵本を読んで思い出したことが。息子を出産した時、息子のへそには、しばらくの間、へその緒がくっついていました。病院を退院する前日の夜にもまだへその緒がくっついていたので、へその緒をくっつけたまま退院できたら、へその緒はきれいな箱に入れて保管してあげよう、と思っていたんですね。

で、いざ退院する日の朝。オムツ替えの時に、息子のへそを見たら、へその緒が消えてる!?どうやら、昨夜から朝にかけてお世話してくれた看護師さんが、取れかかっているへその緒に気付き、ピッと取って捨てた模様。看護師さんにへその緒のことを話しておかなかった私が悪いのですが、ちょっとショックな出来事でした

でも、へその緒って、長い年月保管して置くと、風化すると聞いたことが。だから、取っておいてもいずれ無くなるものなんだから、ま、いいかと。でもね。退院した後、息子のへそはしばらくの間、ジュクジュクしてて。へその緒が自然に取れるのを待たずに、看護師さんが取ってしまったので、少量の出血がしばらく続いて、可哀想だったんですよね。今でもちょっと根に持っている私。ネチっこい性格ですみません(笑)



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


08:00 ・学べる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『いちばんちいさいもの』 / 高坂知英

2013/01/24
またまた、古い作品をご紹介します。1971年12月号、かがくのともの作品です。我が家の蔵書です

かがくのとも いちばんちいさいもの 1971年 12月号 (福音館書店) [古書]
かがくのとも いちばんちいさいもの 1971年 12月号 (福音館書店) [古書]
moviestock2
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まずは、身の周りのもので大きさを比べるところから始まります。単純に、身近なものの大きさ比べの絵本かな?と思ったのですが、とても大きな山でも遠くから見ると小さく見える、といった、視覚的な大きさにも触れていき、ハッとさせられます。

そしてさらに「近くで見ても小さいものは本当に小さいのだ。」と、本当に小さいものの世界へと導きます。子供向けの絵本ですから、どの程度まで掘り下げるんだろう?何を「いちばんちいさいもの」として提示してくれるんだろう?と少しワクワクしながら読んだのですが・・・

なんと!顕微鏡でしか見れない世界、分子、原子、中性子、電子といったレベルにまで掘り下げていて、びっくりしました。子どもの頃にこんな絵本を読んだら、きっと、見るもの全て不思議に思えてくるでしょうね。そして、どうしてだろう?なんでだろう?と好奇心が自然に芽生えてくるのではないでしょうか。こういう絵本は、すご~く貴重だと思います。

機会があれば是非、図書館で探して読んでみてくださいね!



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


08:00 ・学べる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『小学館の図鑑NEO 地球』

2012/06/06
今日、ご紹介するのはこちらです~♪とてもわかりやすい我が家の蔵書です

地球 (小学館の図鑑NEO)
地球 (小学館の図鑑NEO)花輪 公雄

小学館 2007-06-29
売り上げランキング : 10187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
宇宙 (小学館の図鑑NEO) 人間・いのちの歴史 (小学館の図鑑NEO) 星と星座 (小学館の図鑑NEO) 植物 (小学館の図鑑NEO) 科学の実験~あそび・工作・手品~ (小学館の図鑑NEO)


息子が好きな図鑑のシリーズです。

実は、息子は地球に対してイマイチ興味を持っていないのですが、義父がフライングで購入してきました。なので、息子はまださらっとしか目を通していませんが、私は「とてもわかりやすいな~」と思いながら目を通しました。

難しい言葉、聞き慣れない言葉などが数多く出てくるので、全て読むとなると大変ですが、興味を持ったらしっかりと読めるように漢字にはルビが振ってあるので、子供も1人でじっくりと読めます。

「地球」という図鑑ですから、地球の誕生や内部の説明だけかと思いきや、潮の満ち引き、雲や雨・雪のできる仕組み、高気圧、低気圧、台風の仕組み、地層や地震、火山の活動など、思った以上に幅広く網羅しています。

今のところこの図鑑に興味を持っていない息子ですが、この頃の異常気象の影響か、雷や突風、竜巻の発生の仕組みなどに少しずつ興味が出てきているので、そういう視点から徐々に地球に対して興味を持ってくれるのでは?と思います。その時にはきっとこの図鑑が役に立ってくれるでしょう!




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:00 ・学べる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『とけいのほん 1』 /まついのりこ

2012/05/16
時計に興味を持ったら、これ!

とけいのほん1 (幼児絵本シリーズ)
とけいのほん1 (幼児絵本シリーズ)まつい のりこ

福音館書店 1993-03-15
売り上げランキング : 2563

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
とけいのほん2 (幼児絵本シリーズ) 1から100までのえほん あいうえおのえほん はじめてのたしざん (まついのりこ文字と数の絵本(6)) はじめてのひきざん (まついのりこ文字と数の絵本(5))


ちびとのっぽがお散歩に出掛けます。すると、いろんなものが とおせんぼ。

「とおせんぼ とおせんぼ」 
「いま なんじか おしえてくれたら とおしてあげる」


ちびとのっぽが優しく、わかりやすく教えてくれるので、絵本を読み終えた時には、「○時」と「○時半」の時計が読めるようになっているという仕組み

子供の視点になってわかりやすい言葉での説明が好印象です。子供が時計に興味を持ったら、是非読んで欲しい一冊です。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


08:30 ・学べる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『いちねんせいのはる・なつ・あき・ふゆ』 /おか しゅうぞう

2012/03/11
入学したら、こんなことするんだよ1年間の行事が満載!の新一年生向けの絵本をご紹介します。

いちねんせいのはる・なつ・あき・ふゆ (大型ガイド絵本シリーズ)
いちねんせいのはる・なつ・あき・ふゆ (大型ガイド絵本シリーズ)おか しゅうぞう ふじた ひおこ

佼成出版社 2009-02
売り上げランキング : 408016

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いちねんせいのいちにち 1ねん1くみの1にち いちねんせいのがっこうたんけん (大型ガイド絵本シリーズ) おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち) ほいくえんのいちにち


この春、小学1年生になるしゅんちゃんが主人公。なんと、しゅんちゃんの過ごす1年生の学校生活1年間が、この1冊でわかっちゃうというスグレモノの1冊です。

春、入学式から始まり、夏のプール開き、秋の芋掘り、冬の縄跳び週間、そのそれぞれの間にある細かい行事まで、きちんと網羅されていて、「そうそう、学校ってこんな行事もあるよね」と懐かしくなっちゃいました。息子の通う学校と同じ流れだったりもするので、照らし合わせても見ました。

1年を通した行事が、凝縮されて紹介されていますので、入学前のお子さんが読んだら、きっと1年生になるのが楽しみになると思います。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:30 ・学べる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『いちねんせいのいちにち』 /おか しゅうぞう

2012/03/09
「入学したら、どんなことをするのかな?」入学前の時期に、オススメな絵本をご紹介します。

いちねんせいのいちにち
いちねんせいのいちにちおか しゅうぞう ふじた ひおこ

佼成出版社 2004-03
売り上げランキング : 158920

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いちねんせいのはる・なつ・あき・ふゆ (大型ガイド絵本シリーズ) いちねんせいのがっこうたんけん (大型ガイド絵本シリーズ) 1ねん1くみの1にち しょうがっこうへ いこう (講談社の創作絵本) 一年生になるんだもん


小学一年生のしゅんちゃんが主人公。しゅんちゃんの1日を追うことで、一年生の1日が把握できる内容になっています。

朝の登校から始まり、授業風景、給食の時間、昼休み、掃除の時間、下校と、入学前のお子さんが読んだら、学校生活がイメージできて、緊張も減るのでは?入学前の時期に読むにはオススメの一冊だと思います。

うちの子が入学する前にこの絵本と出会っていたら、是非読み聞かせたかったです。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:30 ・学べる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『いちねんせいのがっこうたんけん』 /おか しゅうぞう

2012/03/07
今回は、小学校入学が待ち遠しくなる一冊をご紹介します!

いちねんせいのがっこうたんけん (大型ガイド絵本シリーズ)
いちねんせいのがっこうたんけん (大型ガイド絵本シリーズ)おか しゅうぞう ふじた ひおこ

佼成出版社 2008-03
売り上げランキング : 92536

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いちねんせいのいちにち 1ねん1くみの1にち いちねんせいのはる・なつ・あき・ふゆ (大型ガイド絵本シリーズ) しょうがっこうへ いこう (講談社の創作絵本) ほいくえんのいちにち


4月に小学校へ入学して1年生になったばかりのしゅんちゃんが主人公。ある日、2年生のお兄さん、お姉さんと学校探検をすることになります。「学校探検って、なあに?」しゅんちゃんの学校探検が始まります!

そういえば、息子も1年生の時はやっぱりしゅんちゃんと同じように、2年生のお兄さん・お姉さんと学校探検をしていました。そして、2年生になると、今度は1年生を引き連れて、学校探検へ連れ出す番。両方経験済みの息子は、「(自分と)同じだ~」と言いながら読んでいました。

まだ知らない学校には、知らない場所がたくさんあるんですよね。1年生になったら、こんなこともするんだよ!と教えられる一冊です。小学校への入学を控えたお子さんにオススメです。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

08:30 ・学べる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »