07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

『スーホの白い馬』/大塚 勇三

2016/12/03
スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ)
スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ)大塚 勇三 赤羽 末吉

福音館書店 1967-10-01
売り上げランキング : 10840


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


モンゴル民話です。
モンゴルの伝統楽器、
馬頭琴の由来に
まつわるお話です。

貧しい羊飼いの少年、
スーホに偶然助けられた
白い子馬。

スーホに大事に育てられ、
数年後には立派な
白馬に成長します。

ある時、殿様が
自分の娘の結婚相手を
探すために開いた
競馬大会に参加したスーホ。

そこで見事、白馬で
一等を獲得するのですが・・・

一等を獲得し、良いことが
起きるかと思いきや、
事態は悪い方へ。

馬頭琴という楽器に、
こんな由来があったとは
知りませんでした。

スーホが白馬を思う気持ち、
そして
白馬がスーホを思う気持ちが、
最初から最後まで
ひしひしと伝わってきました。

体に矢を射られながらも
必死に逃げ帰ってきた
白馬の姿には、本当に感動です。

人間の嫌なところと良いところ、
全部盛り込んだような一冊。

スーホと白馬のように
深い絆で結ばれた関係、
とても羨ましく思います。

素敵な友情から生まれた
馬頭琴。
機会があれば是非、
音色を聞いてみたいです。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

スポンサーサイト



08:00 ・日本傑作絵本シリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

『したきりすずめ』/石井桃子

2016/10/23
したきりすずめ (日本傑作絵本シリーズ)
したきりすずめ (日本傑作絵本シリーズ)石井 桃子 赤羽 末吉

福音館書店 1982-06-30
売り上げランキング : 53939


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


優しそうな表情のおじいさん。
そして、
心底意地の悪そうなおばあさん。
いかにも、カッとなった勢いで
スズメの舌を切りそうな、
そんな表情ををしています(笑)

「すずめや すずめ
 すずめのおやどは
 どこじゃいな ちゅんちゅん」

と呼びながら、スズメに謝るため、
山へ向かうおじいさん。
途中、牛や馬を洗う手伝いを
一所懸命にこなします。

お宿へたどり着き、
スズメに会えたおじいさんは、
おもてなしを受け、
金銀財宝の入ったつづらを
お土産にもらう流れは予想通り。

ここでお話が終わったとしても

「誠意あるおじいさんの行為には
報いがあったのね」

と納得できるのですが、
ここで終わらないところが
このお話の面白いところ。

欲を出したおばあさんは、
おじいさんの真似をして
金銀財宝を手に入れようとします。

おじいさんとは正反対な
存在として描かれているので、
子どもにも善悪の差が
伝わりやすい流れになっています。

教訓がとてもわかりやすい作品。
子供にも読んで欲しい一冊です。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



08:00 ・日本傑作絵本シリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

『かちかちやま』/小澤俊夫(再話)

2016/10/11
かちかちやま (日本傑作絵本シリーズ)
かちかちやま (日本傑作絵本シリーズ)おざわ としお 赤羽 末吉

福音館書店 1988-04-20
売り上げランキング : 88567


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



どうやら私は、
ウサギがタヌキの背中に
火をつける場面と、
泥の舟に乗ったタヌキが
沈んでしまう場面だけを
覚えていただけで、
肝心なストーリーを
ほとんど忘れていたようです。

タヌキにばあさまを殺された
じいさまの代わりに
ウサギが仇をとる、という
お話だったんですね。

ばあさまがタヌキに
殺されてしまうことに
ビックリですが、その後の
「ばあじる」のくだりは
衝撃的でした。

刺激が強すぎて無意識に
その場面を記憶から消去して
しまったのかもしれません。

でもそのシーンがあって、
なぜウサギがタヌキを
いたぶっていたのかが
やっと理解できました。

私の記憶だと、
意地悪なウサギが
タヌキを懲らしめる
ストーリーになっていたので(笑)

「悪いことをすれば
必ずその報いがある」

ということだと思いますが、
子どもが読むことを考えると、
描写が少し残酷すぎるかな。

赤羽末吉さんの絵が
ストーリーをさらに
盛り上げていたように思います。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


08:00 ・日本傑作絵本シリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

『かえるの竹取ものがたり』 / 俵 万智

2016/09/20
かえるの竹取ものがたり (日本傑作絵本シリーズ)
かえるの竹取ものがたり (日本傑作絵本シリーズ)俵 万智 斎藤 隆夫

福音館書店 2014-09-17
売り上げランキング : 549466


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


お気に入りの絵本
『かえるの平家ものがたり』
のシリーズが出版されている
とは知らず、この絵本を
見つけた時は驚きました。

なんといっても、登場人物が全て
”かえる”で描かれているところに、
面白さとインパクトがあります。

正直、
これが人間で描かれていたならば、
竹取物語を今さら手にとって
読もうとは思わなかったと思います。

かえるであることに釣られて
読んでみた絵本ではありますが、
おそらく数10年ぶりに読んだからでしょう、
ストーリーをあやふやに記憶していたため、
とっても新鮮な気持ちで読むことができました。

読み進むにつれストーリーに引き込まれ、
かえるが着物を着ていようが、
髪の毛を生やして伸ばそうが、
二本足で歩いていようが全く気にならず、
楽しく爽快に読めました。

絵のタッチも物語に合っており、
ビッグサイズの絵本なので
迫力もあります。

物語の流れから、富士山が
「ふじさん」と呼ばれるようになった
経緯も書いてあります。

親子で楽しめるお勧めの一冊です。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


08:00 ・日本傑作絵本シリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

『ガラスめだまときんのつののヤギ』

2016/07/31
我が家の蔵書です

ガラスめだまときんのつののヤギ―ベラルーシ民話 (日本傑作絵本シリーズ)
ガラスめだまときんのつののヤギ―ベラルーシ民話 (日本傑作絵本シリーズ)スズキ コージ

福音館書店 1988-05-31
売り上げランキング : 324983


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


白ロシア民話です。

おばあさんの畑で
麦を食い荒らすヤギを、
なんとか追い払おうとする
おばあさんと動物たちのお話。

とにかく、
言葉のリズムが良いです。

おばあさんのセリフ、
動物たちのセリフ、
そして
ヤギのセリフにそれぞれ
お決まりのフレーズがあり、
それがテンポよく順番に
重ねられていくので、
読んでいて気持ちが良い。

読み聞かせていると、子どもも
お決まりのパターンが解ってきて、
予想通りの展開が逆に楽しいらしく、
次にどんな動物が出てきて
おばあさんを助けようとするのか
楽しみに聞き入ってくれます。

そして、
畑から追いだそうとする相手に
ヤギが毒突いた言葉で攻撃します。
この場面に毎回子どもは大笑い。

「おいぼればあさん!」
「もじゃげのクマめ!」
といった具合ですが、
これをヤギの意地悪そうな
雰囲気を目一杯出して
読み聞かせると、
大変ウケが良いです。

さて、結局ヤギを追いだすことに
成功したのは意外な物なのですが、
有無を言わさぬ隙をついた行動に
あっぱれでした。

読み終えて気分爽快!な一冊です。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


08:00 ・日本傑作絵本シリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

『三コ』 / 斎藤隆介 

2013/07/03
こんにちは~。突然ですが、我が家では毎朝、見るテレビ番組(コーナー?)が決まっています。

6時40分、Eテレで「てれび絵本」6時45分、NHK総合で「まちかど情報室」6時55分、Eテレで「0655」7時、日テレで「ZIP!」7時30分、NHKBSプレミアムで「あまちゃん」7時45分、日テレ「ZIP!」に戻って、「MOCO'Sキッチン」8時、NHK総合で「あまちゃん」「あまちゃん」からの流れで、「あさイチ」~(途中で、テレビ電源OFF)

やけに「あまちゃん」を見てますが、7時半放送の「あまちゃん」は、登校準備をしながら息子がメインで見てます。私はその間、いろいろ動いているのでちゃんと見られず。で、息子が登校した後、8時放送の「あまちゃん」を私がゆっくり見るというパターンですね(笑)

「てれび絵本」では、最近、斎藤隆介さんの作品、「モチモチの木」、「花さき山」などを放送してますが、知ってる作品が出ると、やっぱり見入っちゃいます。上の作品はすでにブログで紹介済みなので、今日は斎藤隆介さんの別の作品をご紹介します。我が家の蔵書です

三コ (日本傑作絵本シリーズ)
三コ (日本傑作絵本シリーズ)斎藤 隆介 滝平 二郎

福音館書店 1969-08-15
売り上げランキング : 107679


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトルは、「さんこ」と読みます。
本当の名前すらわからない、
大男の呼び名です。

オイダラ村の村人の
困っていることを人知れず
解決してくれる三コ。

ある日、
オイダラ村のオンチャが
困っていることを知ると、
姿を現し、親身になって
解決しようとします。

三コもまた、
オンチャだったから。

オンチャの為に土地を増やそうと、
オイダラ山を海へぶち込もうとする
三コのシーンが
とても面白く表現されています。

ヒイーッ ヒイーッ と泣く海。
人の肩にのったことがなく、
下ろしてくれ~と泣く山。
笑う雲。

結局、違う形でオンチャの問題は
解決するのですが、
このシーンが私の中では
結構お気に入りです。

方言だからこそ、
良かったのかなと思います。

ところが、オンチャのために
解決したはずのこのオイダラ山が
山火事になり・・・

胸騒ぎでそれを察する
三コの姿の描写が
とても素晴らしいです。

オンチャの為に。
村人のために。

燃えさかるオイダラ山に
覆い被さり、自らの命を捧げて
死んでいく三コ。

後半数ページは、オンチャの気持ち、
三コの気持ちが心に滲み入るようで、
黙々と読みました。

山火事をくい止める為とはいえ、
哀しい結末です。
ただ、
三コの意志を継ぐオンチャが
たくさん育ったのが救いです。

この絵本を読んだ息子が
「三コって、
”花さき山”に出てきたよね?」と。

慌てて「花さき山」を
見返してみると、確かに
三コの名前がありました。

ちなみに、「花さき山」には、
「八郎」も出てきます。
お話が絵本の中で
リンクしていることを知り、
斎藤隆介さんの作品が
より楽しめました。



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





10:08 ・日本傑作絵本シリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

『かえるの平家ものがたり』 / 日野 十成

2012/11/26
今日は、息子が図書館で何度も借りてしまうほど好きな絵本をご紹介します。迫力満点!

かえるの平家ものがたり (日本傑作絵本シリーズ)
かえるの平家ものがたり (日本傑作絵本シリーズ)日野 十成 斎藤 隆夫

福音館書店 2002-11-20
売り上げランキング : 295166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
かえるの竹取ものがたり (日本傑作絵本シリーズ) 祇園精舎 (声にだすことばえほん) 春はあけぼの (声にだすことばえほん) おくのほそ道 (声にだすことばえほん) ゆく河の流れは絶えずして (声にだすことばえほん)


千年杉の下に住む、しわだらけの「がまじいさん」が、びわをべんべん♪と鳴らしながら子ガエル達に話して聞かせる源氏と平家の戦いの昔話がこの一冊の絵本となっています。

とにかく、絵に趣があってとても良いです。そして、がまじいさんがびわをべんべん鳴らしながら話す、語り口調の文章がまた良いです。まるで、びわの音が聞こえてきそう。源氏はカエル、平家はネコ、大型絵本ならではの大迫力で戦いが繰り広げられ、息子は飽きずに、何度も読み返していました。

息子のお気に入りキャラは、なんといってもがまじいさんですね。戦いのシーンでは、ところどころに若き日のがまじいさんも描かれています。若いがまじいさんを見つけたり、いろんな格好に描かれているカエルの様子を見て想像しながら読んだりと楽しんでいました。そうそう、牛若丸も登場するんですよ!歴史好きな息子にとって、見所はたくさんあったようです。

歴史が好きな子には絶対にオススメです!大人が読んでも楽しいですよ。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)







10:58 ・日本傑作絵本シリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

『ふしぎなえ』 /安野 光雅

2012/02/20
今月は、今まで紹介する機会を逃していた絵本を中心に紹介していきたいと思います。今回紹介するのはこちら!

ふしぎなえ (日本傑作絵本シリーズ)
ふしぎなえ (日本傑作絵本シリーズ)安野 光雅

福音館書店 1971-03-01
売り上げランキング : 28249

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
もりのえほん さかさま ふしぎな たね (美しい数学) あいうえおの本 10人のゆかいなひっこし (美しい数学 (1))


目の錯覚を引き起こす不思議な絵が描かれた絵本です。文字はなく、ストーリー性も特にないのですが、描かれている人間は、とんがり帽子を被っていて、明らかに小人達なんですよね。

見ていると、不思議な絵と共に、小人達の未知なる世界へ引き込まれる感じがして、ついつい見入ってしまう一冊です。大人向けの絵本だと思います。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





08:00 ・日本傑作絵本シリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

『かめのヘンリー』 /ゆもと かずみ

2008/10/31
前向きな台詞が良いですね

かめのヘンリー (日本傑作絵本シリーズ)
かめのヘンリー (日本傑作絵本シリーズ)ゆもと かずみ ほりかわ りまこ

福音館書店 2003-04-30
売り上げランキング : 606308

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヘンリーはちよみちゃんが赤ちゃんの頃からのお気に入りのぬいぐるみです。ずーっと ちよみちゃんと一緒だったヘンリーなのですが、ある日ちよみちゃんが病気になり、薄汚れていたヘンリーは、お医者さんに「病気に良くない」と言われ、物置部屋へと入れられてしまいます。寝言でちよみちゃんが呼んでいることを知ったヘンリーは・・・


ちよみちゃんとヘンリーがお互いに思いあっている気持ちが、ひしひしと伝わってきます。もしも、ぬいぐるみに気持ちがあったなら、こんなこともあり得るのかな?と思わせてくれるあたりが、とても夢がありますよね。

「おまえさんはあらってもらうのをまってるだけかい?」とヘンリーが言われるシーンがあるのですが、その一言で前向きに行動を始めるヘンリーに拍手を送りたい気持ちになりました。

息子の好きな笑えるお話ではなかったのですが、最後までじっと聞き入ってくれました。きっと子供なりに感じるものがあったのではと思います。

ただ、このようなストーリーは以前読んだ絵本「ちいさいいすのはなし」にも似ていたこともあり、新鮮な印象はありませんでしたが、「ちいさいいすのはなし」が大人向けの絵本という印象があったので、こちらの話のほうが子供には理解しやすいかなと思いました。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)



09:00 ・日本傑作絵本シリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

『ねぎぼうずのあさたろう その6』 / 飯野 和好

2007/10/02
浪曲節、時代劇風の風合いは健在です。

ねぎぼうずのあさたろう〈その6〉みそだまのでんごろうのわるだくみ (日本傑作絵本シリーズ)
ねぎぼうずのあさたろう〈その6〉みそだまのでんごろうのわるだくみ (日本傑作絵本シリーズ)飯野 和好

福音館書店 2006-11-15
売り上げランキング : 397303

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ねぎぼうずのあさたろう〈その5〉いそぎたび そばがきげんえもん (日本傑作絵本シリーズ) ねぎぼうずのあさたろう〈その7〉さんぞくまつぼっくりのもんえもんのなみだ (日本傑作絵本シリーズ) ねぎぼうずのあさたろう〈その4〉火の玉・おてつのあだうち (日本傑作絵本シリーズ) ねぎぼうずのあさたろう〈その3〉人情渡し舟 (日本傑作絵本シリーズ) ねぎぼうずのあさたろう〈その8〉にんにくにきち はしる! (日本傑作絵本シリーズ)


今回は、一緒に旅をしていた にんにくにきちがいません。豆味噌づくりの八丁村で、あわや、あさたろうの大ピンチ!と思いきや、またまた正義のねぎ汁が飛び出します。すっかり、 ネギ味噌になってしまう のか!?と思ったのですが、正義が勝たなきゃ意味がないですもんね。

すでにこの絵本も飽きちゃったかな?と思っていた息子ですが、なんと、遊んでいる時にすらっと江戸時代風の言葉遣いが混じっていて、なんだ、ちゃんと聞いてたんだね!とビックリしました。普段耳にしない言葉遣いが、やっぱり気になっていたようです。ストーリー的にはまだ解っていないようですが・・・。もう少し成長した頃にまた読んでやろうと思っています。主人には意外と好評の絵本でした。大人が楽しめる絵本なのかもしれません。


☆ブログランキングに参加しています。
 お?と思いましたら、ポチッとお願いします。 いつもありがとう!



10:42 ・日本傑作絵本シリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »