03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

『リアル鬼ごっこ』 / 山田悠介

2007/08/06
西暦3000年。王様が治めるこの国は人口が約1億人、そして「佐藤」という
苗字を持つ人口は500万人を超えていた。 ある日、王様は自分の苗字が
「佐藤」であることに対して「佐藤と名乗るのは自分だけでいい!」と怒り、
「鬼ごっこのようにゲーム感覚で全国の佐藤を捕まえ、抹殺する」という
恐るべき計画を提案する。

「佐藤探知ゴーグル」なる特殊な機器を用いて「佐藤」姓の人間を探索する鬼達。
「佐藤」は、捕まったら最後、秘密の収容所に連れて行かれ、眠るように殺されてしまうのだ。
果たして佐藤翼はこの地獄の様な1週間から逃げることができるのだろうか…。


リアル鬼ごっこ
リアル鬼ごっこ山田 悠介

文芸社 2001-11
売り上げランキング : 386384

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
復讐したい (幻冬舎文庫) ライヴ (角川文庫) パズル (角川文庫) あそこの席 (幻冬舎文庫) 親指さがし


この作品は、山田悠介のデビュー作になります。2001年に文芸社より刊行、2004年に幻冬舎文庫から文庫版(改訂版)が、幻冬舎コミックスからは漫画版が刊行されました。幻冬舎文庫版は、徹底した校訂が行われ、ファミリーレストランでの食事シーンがカットされているらしいです。なんと今年、映画公開予定だとか。

私は知らなかったのですが、この作品はいろいろと作品の内容以外の部分で話題になったようです。例えば、時代背景が西暦3000年なのに、現代の日本とほとんど変わっていない、主語と述語が対応しないなどの文法的な誤り箇所が多いなど。「小説の体を成していない」「まるで中学生の作文」などと酷評されることもあるとか。

そういわれてみれば、確かに読んでいて違和感のある言い回しとかあるなとは思ったのですが、そういうことだったのかな、っていう程度です。意味は通じてるし(笑)当時の著者は全くと言って良いほど本を読んでいなかったらしいので、逆にそういう人が本を出版するまでにこぎ着けたというのは、すごいことだと思います。著者の年齢も若いですし、日常会話で使うような言葉だけで構成されたレアな作品なのかもしれませんね。異様に読みやすくて、速読しなくても2日もあれば読破できます。

結末は、あっけないというかなんていうか。著者がかなりゲームの影響を受けているのかなという印象を受けるストーリー展開、そしてラストになっています。ストーリー的には、今までにない視点からの作品ではないかと思います。良くも悪くも、この作品が注目される理由がわかったような気がします。


☆ブログランキングに参加しています。
 お?と思いましたら、ポチッとお願いします。 いつもありがとう!





↓続きの記事で、関連商品を紹介しています^^
>>続きを読む・・・
08:41 ・や【山田悠介】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『@ベイビーメール』 /山田悠介

2007/07/30
奇妙な女性の死体が立て続けに発見された。
遺体のそばには、なぜか切り取ったへその緒だけが残されていた。
彼女たちは皆、送信者不明のメールを受け取った一ヶ月後に殺され、
しかも、していないはずの妊娠をしていたという。
そして雅斗の恋人、朱美にも死のメールが届いてしまう。

彼女の死まで残された時間は一ヶ月!!
メールにこめられた呪いは解けるのか。


@ベイビーメール
@ベイビーメール山田 悠介

文芸社 2003-03
売り上げランキング : 839801

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
×ゲーム 8.1―Horror Land (角川文庫) 貴族と奴隷 あそこの席 【文庫】 君がいる時はいつも雨 (文芸社文庫)


内容的にはかなり読みやすいです。無理しなくても2,3日で読めます。途中から、「リング」「らせん」とダブりそうなストーリー展開ではありますが、携帯メールが謎をはらんでいるという辺りは、少しだけ現代っぽいかな?

少しずつ謎が解明していくあたりは、なかなか読み応えあります。最後の最後、その後が一番気になる!!っていう終わり方がうまいな~と思いました。




☆ブログランキングに参加しています。
 お?と思いましたら、ポチッとお願いします。 いつもありがとう!





↓続きの記事で、関連商品の紹介をしてます!
>>続きを読む・・・
18:36 ・や【山田悠介】 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |